2020.02.25

2/23 堂島孝平 @ 恵比寿リキッドルーム



2/23(sun)
堂島孝平
堂島孝平生誕祭 -2020-
恵比寿 LIQUIDROOM 

2月は地下活動するぞーと決めて買ったチケット、最後は堂島くんでした。
2/22が誕生日で2/21がデビュー日である彼は
この時期に必ずライブやってて。
平日とか土曜とかだとなかなかライブ行けないけど、
やっと久々に行けるなーと。
2年ぶりぐらいだと思ったら2016年以来だった(笑)

いざフロアー降りて花道ある!
センターステージある!
ここ数年の生誕祭には行ってなかったので、お約束の事だったのかもしれないけど
いやーびっくりしたーw

そして登場にもびっくり。
まさかの降臨(笑)
誕生日に神になる。

みんなに拝まれる堂島孝平。

リキッドで降臨で、センターステージに。そして背面にLED背負ってのライブ!
いやー生誕祭見てないうちにパワーアップしてるな。

久々に聞いた堂島くんの歌、音に
ものすごく懐かしい感じで。
堂島くんが好きだった理由というのを忘れかけてたんだけど
ライブ見ながらいろいろ思い出してきた。

お客さんを楽しませる

多分この力については
ほんと誰にも負けてない。
どうしたらお客さんが喜ぶか。バンドが喜ぶか。そして自分が楽しめるのか。

本人が楽しむこと。みんなが喜ぶこと。
それをするためには努力を惜しまない、その姿勢。

最近はレキシにずっとそれを感じていたんだけど
そうだ、私根本的に堂島くんにそれを感じていたから好きだったんだ!って
ことを改めて思い出してくれた2時間だった。

全てにおいてどの曲においても聞くのが久々だったんで。
あれだけど
「白百合」は懐かしかったな。

あと昔あれだけ聞いた「涙をとめろ」
もうほんとしばらく聞き飽きたー!だったし
演奏もうーん、だった時期もあったりしたけど
なんだよ、最強じゃんかよ!って思ったり←自分勝手w

45℃からはメドレーな感じで。
最後はスプリングスプリンガー。
私が行ってた頃はあまりライブでやってるイメージなかったんで
すごく新鮮で、そしてやはりこの曲聞くと骨折と人文字思い出す。

S・P・R・I・N・G UP!ってね。

本編最後は名曲な「Still」
ほんと大好き。発売されたのもう10年以上前だけどほんと色褪せない音楽。

ほんとこの人好きで沢山ライブに行ってたことも、
そして今でも大好きなこと誇りに思うよ。

アンコールの登場は
去年の生誕祭で披露されてたという
堂島孝平ラップ、バンドのメンバーもあわせてのダンス付きで登場。
堂島くんはローラースケートw

本編で披露されてた「TimelessTime」(某アイドルに提供したはずなのに
いろんな大人の事情で戻ってきちゃったやつw)もそうだけど
ほんと某二人組の共同プロデューサーとしては
やはりアイドルは意識しないといけないわけで(笑)
このあたりはほんと天才だわ。

アンコールは
「きみのため」1曲の予定だったみたいだけど、Wアンコールありで。

本編で歌詞を間違えまくったという
「ハヤテ」を演奏してこの日の生誕祭終了でした。

帰りに配られたこれ


堂島くんの次のライブの予定がかかれたフライヤー(笑)

カバン小さかったのでこれを電車の中で持って帰るには・・・
やはり他のフライヤーに隠して帰るしかなかったのでした(笑)

<setlist>
6PM/H.A.P.P.Y/ハヤテ/高速の男/PARFECT LOVE/
ゾンビのカーニバル/白百合/NO GOODBYE/
君の髪がなびくのを見ている/さよならレオ/TimelessTime/
涙をとめろ/亡霊/45℃/CLAP AND SHOUT/CHOCO ME BABY/
き、ぜ、つ、し、ちゃ、う/銀色クリアデイズ/
スプリング・スプリンガー/Still
-en1-
きみのため
-en02-
ハヤテ

追伸:しかしリキッドのロッカー400円。ドリンク600円・・・
いやいや600円の水って高いなぁ。アルコールと同等値段どうにかして欲しいな。

2020.02.22

チケット代貧乏への道

2020野球観戦予定を更新しはじめました。

Baseball_2020

今年はオリンピックもあってスケジュール的にむむぅぅーーという感じでもあり
なかなかテンションもあがらず
スケジュールも決めかねておりますが
まぁそんな中でもやはり
推しの活躍

↑推し


ポリーさんの予定次第かなぁ


ポリーさん♡

そんな事を言いつつも
結局チケット発売がボチボチはじまって
結局取ってるんですけどね。
とりあえず無事に開幕の西武戦が取れたのでよかった。

2020.02.21

まつだ桜まつり @ 西平畑公園


野球がないので休みといえば家でゴロゴロ…
さすがにまずいと思って母を連れて松田の西平畑公園の河津桜を見に行ってきました。

東名高速脇にあり、父が生きていたころはよく母と行っていた場所らしいです。

そんな私は話にはよく聞いてたけど一度も行ったことなかったんですけどね。

富士山と河津桜!という絵を期待して車を走らせる事1時間ちょっと。

臨時駐車場についたときには
うーん、ヤバいかも…と思いましたが。


バスで公園についた時には富士山見えなくなってました…(涙)




富士山は見えなかったけど、桜は満開だったし
菜の花と河津桜とのコラボレーションは綺麗でした。

ほんとは小田原行って梅も見に行こうかと思ったんだけど
母も私もお昼食べたら疲れちゃったので、帰宅(笑)

梅は次の機会に。

2020.02.16

2019-2020ジュエルミネーション@よみうりランド


今年はイルミネーションを見に行きたいという母親をどこか連れて行かなくてはいかない、と。
しかしながら私一人で母を連れていくほど私はイルミネーションあまり好きでないのでw
妹夫婦にも付き合ってもらいました。

妹が行ってみたいということでよみうりらんどへ。
近くまではよく行くのでw よく知ってる場所ではあるけど、
実際によみうりランドに行くのは何年ぶり?子供のころに
世田谷のおばに連れてってもらったのを覚えてます。

世田谷の叔母が必ず私に見せたのは
「近藤玲子水中バレエ団」
子供の頃の思い出ながらすごいものを見せてもらってるなぁ、と。
私の中でよみうりランドとのイコールな思い出なのですけどね。
なかなか話通じる人がいません。
でも妹も覚えてたなぁ。


  


遊園地も生き残りが大変なんだと思うし
さいきんはとしまえんが閉園だなんてニュースもあるし。
昔に比べたらザ・遊園地という遊園地はほんと少なくなったなぁーという感じもするけど
いろんな変革を乗り越えてやってるよみうりランドは
子供の頃の思い出もそして本日の思い出も含めて
頑張ってほしいものです。

2020.02.11

2/9 フジファブリック @ EX THEATER ROPPONGI

 
2/9(sun)
フジファブリック
フジファブリック金澤ダイスケ生誕祭 -Flyaway-
EX THEATER ROPPONGI

先日大阪で発表されたときに
日曜だし、行けるかなぁー程度で申し込みしてたんですが
FabChではチケット用意されず(涙)

MusicPartyでたまたまメール見たら先行あったので
ポチっと。最近MPさんいい仕事するので
来たチケットは指定席の2階の1列目。

結果、座って見れるライブでよかった!(笑)

私も大好きな彼らの大先輩、彼らのバンドはそのバンドがなければ
結成されてなかったといわれる某バンドは「生誕祭」が大好きなのでw
生誕祭が開催される事には全く疑問はなかったのですが
はてフジファブリックがどんな生誕祭を繰り広げるのか。
興味津々。

予告映像がご本人のスカイダイビングですからね。
楽しみでもあったけど、そこまでではないだろ?って思って
気楽な気持ちで行ったんですよね。

ステージはセンターにキーボードが置かれる。
金澤くん以外のメンバーステージに出てくる。
まさかのツナギ!
えーーー??(笑)

そして金澤くん、スカイダイビングした機長な格好で登場。
そしてハンドボーカルで
「恋するパスタ」
右へ左へ「六本木ーー」の雄叫び。

ちなみに金澤くんが機長なら、他のメンバーは整備士だったようです(笑)

最近CDを全く買わないので
「誰が曲作ったのか」とか気にしてないのですが
ほぼほぼ「金澤くんが作った曲」なセットリスト!
結構ツボな選曲だーーって思ってたんだけど
私、結構金澤曲好きだったんだ、って今知った(笑)

メンバーにも見せないで作った金澤ヒストリーな映像を流す
(なぜかBGMは平井堅。平井堅がすごい、という謎な結論)
あたりは想像の範囲内だったんだけど。

まさかのステージでのフライング。
しかも米良美ーの仮装で、もののけ姫のモノマネ付。
芸達者だなぁー(笑)

驚いたけどフライングはまぁ、あのバンドも一時期お家芸だったしw

途中ケーキ持って出てきたのは、ゲスト
ASIAN KUNG-FU GENERATIONのドラマー伊地知潔くん。

そして潔くん繋がりといえば料理らしくて
ステージ上で
「SESSION IN THE KITCHEN」

料理かよ!

改めて座り席でよかったと思ったわけですが
こういうコーナーってダレるじゃないですか。
しかし、ほんと10分ぐらいで
食べられるバターチキンカレーを作って、
メンバーに振る舞うという。

潔くん
「ライブで料理するってメンバー何て言ったの?」
金澤くん
「うん、いいよ、って」

うん、多分反対するメンバーいない。
フジファブリック、そんなバンド。

金澤さんが作った
バターチキンカレーを食べた総くん。

これ美味しいね!入ってるの、タケノコ??

えっとお客さんもステージもまじで
「え??この人何言ってるの??」
状態です。

ほんと10秒ぐらい誰も何もその返事に困ったよね。
金澤くんが
「鶏肉です」
と言うと察したように
「鶏肉でした」
と総くん。

大爆笑です。

さすが山内総一郎だよ

「Magic」では曲中に
金澤くんの帽子から最初から仕込んでおいたであろう鳩を出すマジック、は
まぁネタとして、なんだけど
まさかの本格的に
マジシャンの方を呼んでの
人体切断のマジックを見せられるとは!!

どんだけ金澤くんやりたい放題なんだよ!って
ここでやっと思いました(笑)

生誕祭、とことん楽しんでる金澤くんとメンバー(笑)
最強だよな、フジファブリック。

志村がいた時の唯一の曲だったのが
「星降る夜になったら」
この曲は金澤くんの曲だと知ってたし、
TEENAGERのアルバムではじめて聞いた時から大好きな1曲。

フジファブリックの代表曲の1曲だよね。

最後はSUPER!で、本編締め。

アンコールではまさかの
加藤生誕祭まで発表され、
うーん、このバンドも生誕祭続くのか!(笑)
8月に金沢には行けそうにないけど・・・。

そしてライブ終了後
帰りに金澤くんが好きが繋がったドラゴンポテトがお客さんに配布されるという。

ほんと最後の最後まで
金澤くんの多趣味と人徳と、愛されキャラであることを認識できたライブでした。

金沢くん楽しい時間ありがとうー!
そして誕生日おめでとう。

フジファブリックもだんだん年齢を重ねていって
きっと素敵な40代になる、そう確信出来たライブでした。



<setlist>
恋するパスタ/スワン/ポラリス/
かくれんぼ/プレリュード/robologue/
フラッシュダンス/バタアシPartyNight/
Magic/星降る夜になったら/SUPER!!
-en-
ゴールデンタイム

2020.02.08

2/7 NONA REEVES @ Billboard Live TOKYO 


2/7(fri)
NONA REEVES
Billboard Live “President Tonight 2020”
Billboard Live TOKYO 

数週間前にこのライブの存在を知り
さらに今回のサポートベースがTRICERATOPSの林くんだと??

普段なら一人で行くライブとしては絶対敬遠するビルボードでのライブだけど
NONA×林を見れるチャンスなんて絶対ない!って思いまして。
2ndのカジュアル、1列目が空いてたので
即予約しちゃいました。

NONAのライブ自体は2017年のHiPPY以来だったみたいで。
健介さんは違うライブで沢山見てるせいなのか?
やはりSNSというものの影響なのか
しばらくぶり、というのはあまり感じなかったんだけど。
でもやっぱり多分アルバム3枚分ぐらいライブ見てないような気がする。

せっかく行くのだからと、
その間購入しておきながらキチンと聞いてなかった
去年発売された「未来」を聞いてたらヘビロテになりました。
名盤じゃん!←遅っ。

普段のNONAのライブは奥田さんの音かドラムの小松さんの音に集中してるせいか
今回改めて林のベースの音を聞いてると
普段どんだけベースの音聞いてないんだ!って思い知らされる(笑)

林のグルーブやっぱり好きだなぁ。
トライセラが気が付いたら休止しているのでなかなか見る機会がないのでほんと
私にとっては貴重な時間でした。

重ねた唇のイントロ流れてきた途端「あーーもう今日これで満足!」って思えるほど
個人的にツボな選曲!
そしてこの曲を初めて聞いたときの事を急に思い出したり。

あの頃毎月のようにWebに行って
沢山の音楽を聴いて、話して。ほんと今じゃ考えられないけど
ほんと貴重な時間だったな、と。

重ねた唇もNewSoulも。Webでマスタリングホヤホヤ状態で
聞かせてもらったなぁ。
感想もその場で本人にいえちゃうなんてほんと贅沢な時間だったんだな、って
今になって思う。そんな貴重な時間を過ごせた事にほんとに感謝。

DESTINYから20年と聞いてうわーーと。
まぁ私がNONA知ってからとっくに10年以上経ってるから
時間ってほんと恐ろしいなーということも痛感させられる。
DESTINYといえば、
二十歳の夏、LOVE TOGETHER、バー何処?DJ!DJ!もそうか。ほんと名曲ぞろいのアルバム!
かっこいい音楽ってほんとずっとかっこいいままなんだよね。
今年はDISTINY推していくって郷太さん言ってたな。

名曲、再認識私もしてみよう。

未来のアルバムの中で聞いてみたかった曲が
「プレジデント・トゥナイト」
考えたらライブのタイトル!
アルバムでも林のベースらしくて、これまたなるほど!と
(最近アルバムはCDで買わないからジャケット見ないのよね)
CD以上にかっこよくて大満足でした。

1時間ちょっとのライブではありましたが
とても濃密な時間なライブで、行けてよかった。

ただ今回林がベースじゃなければ行ってなかったと思うので
ほんとサポートしてくれてありがとう!!(笑)

ノーナ最高!!な夜でした。

<Setlist>
Friday Night/JIVE TALKIN’/ガリレオガール/重ねた唇/
DESTINY/NOVEMBER/ガガーリン/プレジデント・トゥナイト/
WHAT HAVE I DONE TO DESERVE TOGETER/LOVE TOGETHER/
LOVE ALIVE/遠い昔のラヴ・アフェア
-en-
未来/パーティは何処に?

2020.02.02

マスコットの活動について思うこと

久々にちょっと思った事を。

熊さんが最近また積極的にBlogを書いてます。

The HOME~B☆Bみらい大志Diary
https://www.bbthehome.com/

コラムのころから
彼の文章というのはとても適切で
時には厳しくて、マスコット初心者にとってはいろいろファンとして参考にさせてもらっている部分があり
時代が変わって「そうじゃないだろうな」って思う部分はあるものの
今読み返してもきっと熊さんの「基本理念」は変わってないんだろうな、って。
ファイターズのマスコットスピリットの基礎はここなんだろうな、って
思ってるし、そう思いながらフレップ、ポリーとも触れ合っている「つもり」です。

メインマスコットがBさんからフレップさんにかわっても
やはり今でも

彼が発信する事=ファイターズのマスコットの基本理念

というのは変わらない事なのかな、と。
自分の受け止め方も自然とそうなってしまいます。

だからこそ、
北海道に住んでないし、北海道外から応援してる身として
たまーに思うのが

道外のファンへの疎外感

当時はね、熊さんしかいなかったし、
北海道優先」というのは
仕方ないなぁーって思っていたのですが。
今はまたそこから時代も変わってきていると思うのです。

もちろん北海道は広いですし、北海道への地域貢献もものすごく大事だと思うのですが。
今は熊さん一人じゃないからこそ。
もっと違う地域貢献、北海道経済への貢献を考えてもいいのではないか??って
今日Blogを読んできっと彼の思いも理解しつつも
思ったりしたのです。

キャンプにマスコットが行く意味

キャンプにマスコットが行く事って
数年前に比べると当然な事になってきたような気がします。

私が「沖縄」キャンプに行ってた頃は
あえてマスコットが行く日を想像しながら
スケジュールを組んでたものです。
(特に先生だけど)


*この頃ほんと先生おっかけてたなぁ、な2013年。

私が行きはじめた数年前からドアラさんは沖縄常駐だったし、
タイガースのキー太さんも常駐しはじめました。
つば九郎さんも行く回数増えてましたね。


*キー太さん会うだけために言った宜野座。おまけに能見さんのサインもらって帰りました(笑)2014年。

中日のドアラさんは、せっかくの滞在期間中、1か月お世話になる北谷への地域貢献を
当時から積極的に行ってたイメージがあります。


*当時から人気者のドアラさんとゆっくり触れ合えるチャンスは沖縄ぐらいしかない!と当時から思ってましたが今でもそうなのかな?
カレンダーの押し売りは今やキャンプの風物詩w

地域貢献はまぁやるかやらないかはおいておいても
最近はキャンプを見に来るお客さんも増えて
そんなファンの方へのファンサービスという意味では
マスコットを週末だけでも遠征させることはとてもよい傾向なのかな、って思っています。

その時にしか会えない人たちも沢山います。
そこで一人でもファンが増えれば
「シーズン中も球場に行きたい、あのマスコットたちに会いたい」
そう一人でも思ってお客さんが増えれば
それも一つの地域への貢献なのかなぁーって思うのですが。

とどまることも大事だけど、せっかく3人いる事をもっともっと生かす活動を
してみれもいいんじゃないのかな、ってファイターズには思うのです。

本体がしないなら鎌ケ谷のカビーさんが国頭常駐も面白いと思うけどな。

もちろん私たちには見えないところで沢山の活動をしているのは知っていますが。
見えてこないからこそ。
ちょっと思う事。

フレップに旅をさせろ

まぁ最終的に
1か月ぐらい毎日マスコット活動して
少し勉強するのもありなんじゃないか、というのは
地域貢献とはちょっと違った余談でしたw

2/1 怒髪天 @ 新木場 STUDIO COAST



2/1(SAT)
怒髪天
怒髪天、もっと!もっと!愛されたくて35年。
2019~2020年日本の旅 “モノリス=ヅメリス?”
新木場 STUDIO COAST

2月は地下活動するって決めたので
(といっても今のところたった4本ですが)
行くと決めたのは1週間前(笑)

18時スタートなので最初からはいけないのは覚悟でしたが
途中からでも十分楽しかった!

新木場という場所だからなのか、今日は坂さんのドラムがすごくよく聞こえて。
リズム隊がやばい!って思った曲あたりから
増子さんの歌もヒートアップしてきて、いつも以上に
「歌いながら血管きれないか?」って心配になるほど。
みんなに伝えたいんだ!という気持ちがすごかった。

そしていつも通りの
シミさんの笑顔と友康さんの笑顔に元気もらって帰ってきました。

気が付けば2020年、初ライブでした。
今年もおっさんバンドLoveな1年でいければいいなー。

昔ほどライブいかなくなったけどやはり今年も自分が行きたいと思ったライブには
頑張っていくようにしよう、と。

増子さんが言ってたけど
「仕事するために生きるんじゃない、生きるために仕事するんだ」と。

まぁそこそこ好きなこと、やはり突き進めて生きていきたいと。
そんな風に思わせてくれる兄ィには感謝です。


« Previous | Next »