| »

2003.01.12

1/12(sun)堂島孝平×大森はじめ”

クイーンズスクエア横浜[アット!]マンスリーライブ”
クイーンズスクエア横浜 クイーンズサークル1Fオープンスペース


2003年初堂島!この日は14時30分?と17時30分?と2ステージあったのですが、もちろん両方とも参戦してきました。



会場は横浜クイーンズスクエアの吹き抜けになってるイベントスペース。パイプイスはざっと120席くらいかな?2階の位置からも見やすい。1回目は私は友達がいす席の後ろの立ち見最前をキープしていてくれたので、そこに合流させてもらう。椅子席の人たちは立たなかったので、かなり見やすかった。2回目は椅子席の最後の列のところがあいたので、そこをキープさせてもらった。30分クイーンズスクエアのインフォメーションラジオみたいなのがあったあと、堂島くんと、大森さん登場。当初ライブは30分の予定だったのですが、もちろんトークで(笑)予定時間をオーバーしておりました。
<14:30?Setlist>
01.黄昏エスプレッソ 02.マイライフ 03.それは一瞬の出来事だった(オケあり)
04.どぶそうじのうた(ピアノ)05.マーブルサンデー(ピアノ)06.カナシミブルー 
07.冬が飛び散った(オケあり)08.ピュア
もうまず1曲目?2曲目にかけて、個人的に”いいの?”って思ったセットリストだったもので、それだけで感動してしまいました。この日はGGKRから大森さんが一緒ということで、自分ではGGKRの「優秀な人」と言ってたのが笑ってしまいました。
マーブルサンデー前に、ピアノ前に座った堂島くんは「大森さんに聞いて欲しいうたがあるんです!」といってうたったのが「どぶそうじのうた」。GO WEST TOURでうたってたらしくていろんな人から”ずったかたったーずったかたった?どぶそうじ♪”と聞かされ、それは「どんな歌なんじゃ?」という半ばストレスになっていた自分だったので(笑)、聞けてうれしかったな。ちなみにこの曲を作った頃は堂島くんは横浜の公団住宅に住んでいたらしく、子供が多い公団だったそうで「自分が”みんなのうた”に曲を提供するならどんな曲だろうか?」ということから作った曲なんだそうです。でも大森さんには「その曲は絶対NHKに採用されないよ。だって後ろ向きな曲だもん!」とのこと。確かに歌詞には「いやーになっちゃうな」とか「やりたくないな」とかあるので。「お礼を込めて?」といって始まったのが”カナシミブルー”間奏のギターソロを「タラララリラ??」とうたってたんですけど、大森さんも一緒になってコーラスしてた姿に笑ってしまいました。本当にいいコンビです。(笑)そして最後の曲の時にはもう予定時刻の30分はとっくにすぎていて、館内放送が流れてしまっていて、その間に曲は出来ないから館内放送が終わるまでしゃべる、しゃべる(笑)そして館内放送終わってはじまったうたが”ピュア”だったものだからかなりうれしかったですな。でも結局途中で館内放送流れてたけど(笑)でもそんなこと気にならないくらい素晴らしいピュアでした。
<17:30?Setlist>
01.夜間飛行 02.マイライフ 03.それは一瞬の出来事だった(オケあり)04.マーブルサンデー 
05.カナシミブルー 06.冬が飛び散った(オケあり)07.セピア
1回目よりもお客さんが多いようで、そしてその場の雰囲気にもなれたのか?盛り上がりが2回目の方がよく、二人とも終始ご機嫌でした。
1曲目の夜間飛行は、途中の大森さんのコンガがかっこよいのです。そして本当によくしゃべるものだから1回目よりも長くやってたような気がします。
途中、「大森さんも歌ってよ」って言い出す堂島くん。ピアノで伴奏するものの、適当にかわす大森さん。というか歌詞が覚えられないらしく「堂島くんはえらいよなぁ。覚えてるもん。俺はいつも見てるから」といって、楽譜を指す大森さんに爆笑。バラシてどうする!と堂島くんにも突っ込まれておりました。
2回目の”カナシミブルー”は最初の♪カナシミに唇寄せて?と♪唇に手をかざして?の間にマがあって、その時お客さんがみんな手拍子するんですが、大森さんも、堂島くんに向かって手を叩いてまして。その姿が。なんだかアザラシが手を叩く仕草ってあるじゃないですか?あんな感じだったもので、やっぱり爆笑してしまった私なのでした。そんな大森さんはこの曲はカフォーンで参加。そしてコーラスが素敵です。
そして最後は「セピア」もうこのときにはやはり30分以上経過してたんですけどね。今回は館内放送も止めてくれてたみたいです。大森さんの素敵な楽器と、堂島くんの声に私はすっかり入り込んでしまったのでした。かなり涙腺ヤバかったです…
とにかく2回ステージを見て「堂島はいい!」と再確認してしまいました。ヤバイくらい堂島にハマってます。誰か私の堂島熱を冷ましてください。


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment