« | »

2004.06.06

6/05(sun) ゆず

TOUR 夢の地図
横浜アリーナ(神奈川県)


全体的な印象としてまとまりないなーってのと流れが悪いなーって言う印象です。



アルバムを出さないでツアーをやって欲しいなぁ。というのは私の一つの希望でもありました。というのもここ何年かは「アルバム出してアリーナツアー」っていうのがお約束でもあったからです。が、実際そういうライブになってみて、私が望んでた形とは全く持って違うものになってしまったなーという残念な気持ち、というのはZEPPのライブを見た時点で感じていた事でもあったけど、実際ライブを見てみて結局この流れでツアーやるのね、って感じでもありつつ。覚悟していたのか、そして初日が終わって我が家に来た二人の友達の落胆ぶりから本当に期待していなかったのか、終わった後は「楽しめる分には楽しめるんじゃなかろーか」とある意味開き直りな感想を述べておりました。

あえて二人はライブを見てない私に前日我が家では毒舌してなかったのですが、終わったあとに聞いてみると「ゆずが何をしたいのかわからない」「こんなシングルばっかり並べられても…」って…それは私がZepp終わった時に言ってたセリフじゃん!!(笑)二人の言うことはとてもわかるし、私ももちろんそう思うし。だから他の人がどういう風な意見を持っているのか、終わった後にちょこちょこファンサイトをのぞいて見たけど、まーそうか。って感じ。ただ私たちと同じ意見を持ってる人は巨大掲示板サイトには沢山いるんだなーとは思いましたよ(笑)

まずは前半のシングルオンパレードな選曲。正直「3カウント」はもう聞き飽きたし、前半に「スミレ」を持ってこられても…なんかなぁーって感じで盛り上がらない。「心の音」もすごくいいんだけど、位置が違うような気がする。

一つ核になるのが「PEACH BOYS」の存在。ゆずの曲をメドレーでやるんだけど、というかこれらの曲をメドレーでやるのはちょっと違うような気がするんですよ。企画としては楽しいものだと思うし、オリオン見所満載だし。ジャケット最高だし!I Like Youのおいしい所だけやってくれたり(笑)しかしだね。「風とともに」や「向日葵ガ咲ク時」「踏切」とか「葉月の雨」とか、これらの曲をやるのであればメドレーではなくちゃんと聞きたかった曲でもある。だって久々に聞く曲じゃないですか。これらの曲をやるためにシングルしか出さないでツアーに出たと考えれば本当に考え方が逆でシングルをこのような形でやって欲しかったな。特に向日葵?とかはこのツアーの季節にはピッタリだし、やって欲しいなーって思ってたから、うれしかったけど。やるのであれば1曲としてちゃんと聞きたかったよ。本当に。しかしよっちゃん、がんばるね(笑)ナレーションの声がディズニーランドみたいだったよ←意味不明ですみません

「シュミノハバ」はここでダンスですか?まーいいか。よーわからないけど。しかしサウナ以降なんでこうダンスが定着してるんだ?ゆずのライブ…おかしいだろ?

「始まりの場所」はZeppでも聞いたけどやっぱり好きな曲だなぁ、隠れてはないとは思うんだけど名曲だと私は思う。そしてシングルではない曲でやっぱり盛り上がる曲をもっと入れるべきだと私は思うんだよね。こういう曲もっとあるじゃん。

「桜木町」は観覧車の照明がとてもキレイでした。桜木町は私にとっても思い出の深い町。本当にいろんな思い出があるから聞いてると本当に自分なりの桜木町の景色ってのが出てきて不思議な感じ。唯一楽しみな1曲だな(笑)

アンコールの「濃」の時のオリオン何もしないんですが、手拍子をお客さんと一緒にしていて…しかも我らがゆりまん、大熱唱!!もうおかしすぎです。コジさんのささげ系、辞めてください(爆)ケン坊かわいすぎです。ケン坊が可愛かったといえば「ぼんやり光の城」でも手拍子してるのがすごく可愛かったし(笑)ゆりまんと言えば前半の衣装はあれは何?まーあれゆりさんにしか似合わないんだけど…あと「青」の時の百合さんもかっこよかったなぁ??。と突っ込みどころ満載なんですよ。本当に。とあるごとにオリオンでキャーキャー言ってる私たち。本当ここまでゆず見ないライブもありなんですかね?それにしては6300円高すぎじゃありませんか?

最後は新曲かー。結局新曲終わりだったんだね。嫌いな曲ではないけどこれまた別に最後が新曲じゃなくてもなーという感じは否めません。

シングル満載のセットリストな感じとアルバムという1本の線がない分つかみ所のないライブになってしまったのがすごく残念でもありますが、1曲、1曲の単体で見たらまー見所がないわけではないんで楽しめるのかなーとは思う私でもあったりします。自分も含めて私のまわりがかなりのゆず離れをしているので、全員が全員私たちみたいに思うかどうかはわかりません。私たちが異端児なのかもしれないし。ただ、ゆずの曲ってシングル以外にも沢山いい曲あるんじゃないの?っっていうのは声を大にしていいたいです。ゆずのライブは体育館ツアーだから、ってのもあるだろうけど本当追加などで1曲や2曲変わったとしてもほとんどメニューが変わる事がありません。だから余計にこのセットになってしまったのが悲しいな、と思った横浜2日目の感想でした。

追伸
オマケはいりません(怒)ライブが6300円に値がありしてしまった事は仕方ないと思うんですよ。きっとその6300円の中にオマケ代は含まれてないと思うし、それでも赤字だと私は思っております。(ライブなんて大きい会場でやればやるほど儲からないものなのです。だから物販というものが存在するわけで。そこで儲けなければいけないわけです。ちなみにライブをやってCDさえ売れればアーティストたちにとってライブが赤字でも採算はとれるとの事です)多分ゆず対象の年齢層を考えると6300円を「しゃーないな」って払える年代と「高すぎ」って言う年代と大きく二つに別れる事を考えてのゆずスタッフ側からの心遣いのつもりの「オマケ」発想なんでしょうけど…こんな中途半端なものだったらいらない…オマケいらないから安くしろ、とは言わないから、中途半端なもん、作るな。だったらもっといいライブを全力投球で見せてくれ!って感じです。


<setlist>(順不同)
アゲイン2/3カウント/3カウント/スミレ/心の音/歩行者優先
ぼくの漫画の主人公/ぼんやり光の城/スマイル/
PEACH BOYS(夏色・風とともに・ゆずマンの夏のテーマ・向日葵ガ咲ク時
葉月の雨・踏切・真夏の太陽・他?)
シュミノハバ/夏色/始まりの場所/命果てるまで/
友達の唄/青/桜木町/夢の地図/
-en-
濃/サヨナラバス/栄光掛橋(新曲)


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment