« | »

2004.02.11

東京スカパラダイスオーケストラ 2004SPRING LIVE


02/11(wed)
東京スカパラダイスオーケストラ
2004SPRING LIVE
東京・文京シビックホール


気がつけばスカパラのワンマンは8月のブリッツ以来。Catch The Rainbowの映画を見て、さらにON TOURを聞いて完全にスカパラモードの私は、この日は本当に楽しみにしておりました。


私の席は2階の3列目。しかし元々クラシックホールだけあって、2階はとても見やすい。全体も見えるしなかなかご満悦。でも何気にちゃんとしたホールでスカパラを見るのは始めて。なんせ何本もライブ行ってるけど指定席でライブ見たのはかれこれまだ3回目くらいじゃなかろーかと(笑)ライブハウスの方が好きな私としてはどんな風に見れるんだろうな?ってやや不安を感じながらも18時30分を過ぎたところで「スエーデンの城」のSEが流れる。幕張でも聞いてるくせにみょうに久々な感じがして「あー本当に始まるんだ!」なんて実感したりして。

1曲目は3月に出るDVDのタイトルにも使われている「CATCH THE RAINBOW」なるほどこう来たか!ちょっとうれしい。「5days of TEQUILA」「SKA ME CRAZY」と立て続けに3曲。すでに息切れ気味(笑)久々なもんでね…イベントと違ってペース配分がちょっと難しい(爆)そしてホールという自分の中の不安もぶっ飛んだ。二つしかない席だったもので、友達と気兼ねなく踊りまくりです。後ろから見たら変な人かも?スミマセン…
お約束谷中MCもほとんど谷中さん見ておらず、他の人ばっかり見てました(爆)谷中さんが「今日は新曲もやるぞ」と言ったあとに「3曲くらい」って聞こえて。えーたった3曲?って思ったらどうやらそれは私の聞き間違いで「3分の1くらい」って言ったらしい。そりゃそうだ。知らない曲沢山あったもんなぁ。もちろん知らない曲でもスカパラの場合は全然問題なく踊れるんだけどさ。「さらに開き直って、踊ってくれよ!声出してくれよ!」とお約束のMCも。「開き直り」最近のキーワードですな。でも開き直りすぎて、朝まで飲んでしまうのは違うと思うけどね?しかもアレだけ飲んでも毎年身体検査に異常なしの谷中敦、恐るべし。

「CALL FROM RIO」はすっかり真冬な東京ですけど、聞いてると心温かくなりますな?思わずジャンプしちゃう大好きな曲。
「SOUL GROWL」は相変わらずGAMO祭り!イエーイ!って感じです。最後の締めの部分でGAMOさんが「ソーーーーーーッル」って伸ばしてる部分で、片足挙げてポーズ決めてるんですが伸ばし部分が長かったのか、ちょっとよろけてて笑ってしまいました。2004年もGAMO祭りで決定デス。

途中の新曲で沖さんのソロがあったのですが、ソロをひいてると思ったら途中でやめて前に出てきてダンス!ダンス!ダンス!踊りまくりです、沖さん。最高!!ヒャヒャヒャ。別の新曲では大森さんにピンスポがあたってる曲があったんだけど、無意識のうちに大森さんを真剣に見ていたようで、友達にその姿を盗み見されて、終わったあと「まさみん、目が飛び出るくらい大森さん真剣に見てたね」って言われちゃいました。そりゃそうだ!普段あんなカッコイイ人いないんだもの。ここぞとばかりに見ないでいつ見るよ。(完全に開き直り)トライアングル叩く一つの姿でもあの人は絶対鏡を見て研究してるハズ。本当に見とれてしまうっす…でも大森さんばっかり見てると他の人見えないのでね。ホドホドに…
もう1曲新曲でちょっとPE’Zっぽいのがあったなぁ?和風な感じ。でも好きだな。とりあえず新曲の中で曲調として残ってるのはこのPE’Zっぽい、ってのしか印象にないんだけど。これからツアーでまわってどんどん形になっていくと思いますので、さらにどこかで聞ける時が来たらうれしいな、って思います。

途中で欣ちゃんが歌う「銀河と迷路」歌い出しのコメントにいろんな説あり。最初のころはちゃんと「GetParty?」って聞こえたのですが最近は「ゲッパレー」って聞こえます。でも「やっちまえー」はないと思います(爆)まーしばらくこのネタで笑えるのですが。私の席からは欣ちゃんが歌ってる間はマイクスタンドで欣ちゃんが見えなかったので、歌ってる間に見てたのは何故かNARGOさん。小さくリズム取ってる姿がまた何とも言えず(笑)しかし本当にこの曲歌ってる時の欣ちゃんは気持ちよさそうだよなぁ。なんか楽しい!!って事をすごくアピールしてて見てるこっちもそういうのってすごく気持ちいよね。

「Ocean To Ocean」は出だしがボロボロでした。谷中さんフルート持ってるしそうだよなぁ。って思いながらも何か違う曲が始まるのかと思いました。NARGOさん、北原さんの金管楽器組はいつもと違う楽器(ちょっと見た事なさそうな楽器、ホルンとかの仲間?)を持っておりました。

久々に聞く「Natty Parade」はやっぱり楽しいなぁ。北原さんの音出しの部分の姿がとてもかっこよいのです。あんだけ動き回って頭振って…本当にいろいろ練習されてる方なんだなーと改めて思ってみたり。いや、Natty聞きながらこんなに冷静になってないけどね<自分。

一旦主要メンバー下がり、え?ここで終わり?っておもったら残ったのは加藤くんと、谷中さんと沖さん。谷中さんは冷牟田さんの椅子に座ってバリサクもって決まってます。そして始まったのは「スタアスタアスタア」沖さんの口笛と、加藤くんのギター、そして谷中さんのバリサク。座っても全然見える位置だったので、座って聞かせてもらいました。そして何故かこの曲を聞いて、谷中さんを見ながらある事とある人を思いだしてしまって涙が自然とあふれ出た私です。やさしいんだけど悲しい、そんな曲。大切な人や、大切な事、そんな事が自然と思いだされるような瞬間でした。素晴らしい。(ちなみに谷中さんを改めてミュージシャンであることを思った私です。いや?改めて思う事なのか?よくわからんのだけど、ちょっと素敵でした…<私が谷中さんを褒める事は滅多にないよ)
そして沖さんのMC。「今度3月3日に出るDVDのテーマソングでもある雨の軌跡をこれからやります」というような事を言って始まったのはNARGOボーカルの新曲です。あー生歌い。カナリアの時はそんなに思わなかったのですが、この日は聞いてるこっちまで皆さま(特にNARGOさん)の緊張が伝わってくる感じでした。もう発表会を待つ母の気持ち(爆)ホーンズの位置取りは左一人にNARGOさん、センターから右側にその他の皆様がNARGOを見守りながら演奏してる、って感じでした。コーラスはもちろん大森さん&欣ちゃんでした。

このあたりでやったのかな?「ペドラーズ」えーペドラーズですか?久々過ぎじゃないですか?そういえばこんな曲やってたねぇ。って感じで。もちろんこの曲でも赤いマラカスを勢いよくふってますよ>大森さん。加藤くんが前に出てきてお客さんを煽りながら「ONE EYED COBRA」沖さんのピアノが最初に響く「SKULL COLLECTOR」もこのへんだったかな?大盛りあがりだった「(WE KNOW IT’S)ALL OR NOTHING」も後半だったような気がします…新


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment