« | »

2008.05.26

5/21 JUN SKY WALKER(S) 渋谷公会堂

img529_052115/21(wed)
JUN SKY WALKER(S)
J(S)W 20th ANNIVERSARY TOUR MY GENERATION
渋谷C.C.Lemonホール




JUN SKY WALKER(S)をまた渋谷公会堂で見れるなんて思ってもみなかった。
でも考えれば現役時代、寺岡さんがいた時代を考えると
多分この会場では1回しかジュンスカを見たことないかもしれない。
(多分STAR BLUE)

寺岡さんがいた時代はまだ学生だったし、渋谷公会堂で見るのであれば日比谷野外音楽堂で見たい!とか、もちろん当時はチケットも取りにくかったし、一つ選ぶならコッチ!みたいな究極の選択でがたくさんあって、あえて渋谷公会堂はあえてはずしてたんだと思う。
だからなのか20周年?渋谷公会堂?どうして?みたいな感覚は発表された直後はもちろん、ライブ見ながらでもずっとそんな気持ちで、あまり感激はなかったんだな。

このツアーが始まり、ライブハウスで4本、そしてARABAKIと計5本も見ているという贅沢な環境の中での自分の気持ち。そして2008年はジュンスカとして続く事はライジングの発表を受けてわかっていた部分でもあるし、渋谷公会堂は、終了へのカウントダウンは近づいているけども、最後ではない。
私自身は3月から続いていたMY GENERATIONのツアーの最終日なだけ、という感覚が終始そこにはあって、あまり20周年、デビュー記念日という特別感は沸かなかった。


私は人よりも感激は薄いのかなぁ~ウーン。

ということで以下レポ?感想文。


さて、そんな渋谷公会堂改めc.c.lemonホール。
会社を出たのがギリギリになってしまったため、19時入場。



19時10分スタート。
白い幕がステージにかかっていて、頭は過去ジュンスカのいろんな写真がスライド。そりゃもういろんな写真があって、そのたびにいろんな歓声が飛び交っていた。
あえて、みんなが知っているものではなく
個人が持ってきたものを選んだらしい。

というか、ハート形のJ(S)Wって書かれたうちわを持った方が沢山いましてこれにはちょっとひいたわ。
うーん、やっぱり私たちよりも上の世代のジュンスカファンにとって、彼らは「アイドル」なんだなーという事も思いっきり実感・・・・その自分の気持ちとのギャップがちょっと悲しい。

ツアーの流れは、基本的にMY GENERATIONツアーと一緒。
歩いていこうから始まり、今回はほとんどMCをはさまずに飛ばしていく。

和弥さんがギターを抱えて、始まるぞ、と思ったところでの
ギタートラブル。
チューニングの問題だったらしいのですが、
その間があいちゃって。和弥さんはステージで寝転がったりしてたんだけども。
「やっぱりしゃべろうか」と。

旧渋谷公会堂と、c.cLemonホールとの違いの話。
消防法とかね、とか言っている時点で後半に特効があることがわかるわけで。
ネタバレやん(爆)

その後、和弥さんは「このMC増えたことでプラス1000円」とか
言っていましたけども。これ以上取るのかよ(爆)

そして始まったのは、ジャンーとギターが鳴って
「どうかな?」

うわー、結局最後の♪どうかな~。と歌うまで全くタイトルが出てきませんでした(爆)
何度も聞いた曲だけども、やはり懐かしいね。
そして寺岡さんも歌うと。
イントロ流れてきたのは「ハローレッテル」うわーー、この曲なんだ。
まー「I WANT YOU」だったらどうしましょ?と思いましたけども。(←何をだ?)

寺岡さんが歌う前に「まさか20周年、こうやって4人で(ジュンスカ)ステージ立っている事なんて想像していなかったけど、うれしい」というような事を言っていて、その言葉に重みを感じました。そして改めて私自身もここで彼らのライブを見ているなんて全く想像してなかったことだし「人生って何があるかわからないな」って私も思いました。

そして純太さんは「あきらめたくない」~「ゴミ箱」

ピアノがセッティングされてイントロで下がっていた和弥さんが出てきて「休みの日」
改めていい曲だな~と。和弥さんの伸びる声がホールに響き渡ります。


そして「明日が来なくても」でまたヒートアップしたところで
このイントロは?と「カステラ」だー。思わず隣の友達と顔を見合わせてしまいました。
私現役時代もこの曲をライブでやっているのを聞いたことないかも。
いや、この曲もタイトル忘れていて友達に「ケーキだっけ?」とかアホな事を
聞いてしまいました。

ここまで来ると後半。
ヒバリヒルズでタオルを回して(私はしてない)「渋谷の夜空に~」と「すてきな夜空」
そして最後はMY GENERATION。演奏中にあがる現役時代の花火も今回は特別にドドーン!と。(これがチケット代高かった理由だったりして??)

あれ?そういえばツアー中に演奏していたという新曲なかったのは残念だったな。

アンコールでのMCでメンバー紹介。一言あり。
ライブハウスツアーでも半分お約束になりつつあった各メンバーへの
お客さんからのコール。

小林くんも、そして寺岡さんも、純太さんも
本当にうれしそうだった。
和弥さんは、それぞれメンバーに感謝するように紹介する。

純太さんを紹介するときに「本当、当時はあまり仲良くなかったよ」って
嘘か本当か。
でも和弥さんが「オレというボーカルスタイルを作ってくれたのは間違いなく森くん」と言った時に純太さんはとてもうれしそうでもあり照れたような感じになっていて。
私自身もその和弥さんの言葉がとてもうれしかったから。
きっと純太さんはもっとうれしかったと思うな。


アンコールは「PARADE」そして「START」
STARTの時にステージ後ろにあったスクリーンが、STARTのジャケットが
映って、それにはちょっと苦笑い。何故この曲だけ?ちょっとセンスを・・・(以下略)

それに気がついた寺岡さんがちょっと照れたのか。その姿を見ていた小林くんも後ろが
気になっていたよう。

ZEEPツアーの発表もあり、ライジングも他にもまだ夏はフェスやイベント出るから、と言っていた和弥さん。

アンコール2回目の「全部このままで」
ツアーでやっていたみんなで大合唱。渋谷公会堂で


入り口入ると手渡されるポストカード。キチンと見てなかったんだけど、人が持っているのを見て「手書きだー」とあわてて自分の持ったものを見る。

えー手書きのサイン入りのポストカードでした。
1枚1枚書いたらしい。うわーー、何だろね。このくすぐったい感じ。
でもやっぱりうれしいよね・・・。


この日のライブで1年続いていく覚悟は見えたし、
夏のイベントもまだ発表になってないのもいくつかあるような事を
言ってたのも楽しみだし、個人的には自分も参加する
ライジングが今からほんとに楽しみです。

懐かしい再結成じゃなくて、2008年という続いていく
JUN SKY WALKER(S)をしかと目に焼き付けておきたい。

この時代は確かにあったんだ、と。

【Setlist】
歩いていこう/いつもここにいるよ/JACK&BETTY/
BAD MORNING/だけどひとりじゃいられない/メロディ/
声がなくなるまで/風見鶏/どうかな/ハローレッテル/
あきらめたくない~ゴミ箱/休みの日/明日が来なくても/
カステラ/Let’ Go ビバリヒルズ/ななしの詩/
すてきな夜空/MY GENERATION
-en1-
PARADE/START
-en2-
全部このままで


Trackback URL

Comment & Trackback

そんな、うちわ持ってる人いてたん??
ジャニーズかよって突っ込みたくなる(笑)

>>あや
いたよー、うちわ。
見てて悲しくなっちゃった・・・。
やっぱりライブハウスがいいなぁ~って思ったよ。

Comment