« | »

2008.01.15

1/13 堂島孝平@LIQUID ROOM

1/13(sun)
堂島孝平
LIQUID ROOM
2008TOUR UZUmatic JAPAN



2008年初ライブは堂島くんでした。
堂島くんは、今月末に「UNIRVANA」(ユニルヴァーナ)というアルバムを
リリースするのですが、
そのアルバム発売ツアーと言いながらも、東京はアルバム発売前でのライブ!
しかも初日。

最近ライブにも全然行ってない自分としては
本当に初聞きの曲が多くなるんだろうな・・・と楽しみ半分、
そして新しい堂島のアルバムの世界についていけるか、不安半分、
な感じでね。
リキッドルームに向かいましたさ。


以下ネタバレ。








リキッドルームは超満員。
少々入れすぎのような気がします。堂島くんのライブの場合
始まって少しずつ前に詰めてくれればいいんだけど、
そうもならんからなぁ・・・
逆にどんどん後ろの方へ人が流れていくのは気のせいだろうか。


久々の堂島ライブで1曲目がなんと「PrettyLittleDino」でして。
この曲かっこいいなぁー聴いたことあるけど新曲かな?ってずっと思ってたんだけど、後から知ってビックリ。私音源ちゃんと持ってるじゃん、のGGKRのコンピに入ってた1曲でした。
うわーーー、もう1回キチンと聞きたいぞ。


で、続いて確か「高速の男」だったような気がするんですが、隣にいた男がねぇ。大熱唱、うしろにいる女の子、見えないせいか、私の腰を何度も押す押す。はぁー堂島ライブはコレがあるからイヤだぁ(涙)

ちなみに今回のツアータイトル「UZUmatic JAPAN」は、各地で渦を巻くようなライブをしていきたい!という気持ちから付けられたそう。
各々、渦まくよう楽しんで下さい!と(笑)

そして、堂島くんは新しいアルバムについては相当自信があるようで、しゃべりだすと止まらないそうなので、あまりしゃべらないようにする!って言ってたけど気がつくと語ってました。

そしてアルバム発売前だし、ツアー初日、ということもあってか「新しいアルバムの中の曲はなるべく丁寧に演奏します」「解説も多めにね」と何曲かやった後は曲のタイトルと、そしてまた新しいアルバムのお話。

アルバムブロック前半の「UZUmatic City」「PLAY THE MUSIC」は堂島孝平の新しいポップスの形かも?と。王道じゃなくて、ちょっとひねくれてる部分が、曲にそのままあらわれていたように思いましたね。
なんだろう?「え??こういう展開?」とちょっと意外に思えた部分が何度かあったので。ただし、まだ初聞きなので第一印象ということで、全然違っていてもお許しを。

「Halo Glow」はアコースティックな感じで「旅人のうた」は今までも何回か聞いたことある曲でした。

「旅人のうた」では下がっていたメンバーがまた再登場し、セッションチックな事を始める。

が、しかしここで「個人的」トラブル発生!
もともとセッション的なものが苦手なことと、
その時出したヤツハシさんのギターの音が、ダメな音だったんですよ。
その音を聞いて「うわーイヤだなぁ」と思った途端に
それまでなんともなかった私の体から急に血の気がなくなってくる。

「ヤバイ、貧血だ!」だ、と思ったときには既にとき遅し。

自分自身、ギターの音に関しては「好き」「嫌い」がはっきりしている方で
同じ曲でも「その人」によって音の出し方って違うじゃないですか。
その中でヤツハシさんのギターは
昔から「堂島の音とはあわない」って思っているタイプでして(苦笑)

私のいた場所でしゃがむスペースもなくて、暑いし、
とにかく座りたいと後ろへ行くが、
リキッド階段も多いし、そもそも後ろは暗いし。
荷物も下においてあるし、でなかなか前に進まず。
もうダメかもーって思ったところでスタッフさんに抱えられました。
いやーライブに何本も行ってるけども初めてスタッフさんに
助けられましたよ。

ロビーに出て一呼吸置いたらだいぶ楽になりましたが。
気をつけないといかんな、と改めて思いました。


後半「ナイトグライダー」から、出口に近い場所にて拝見。
小松くんが見えなかったのが残念だったのが、
「スマイリンブギ」のドラムソロ。
「お正月なので、もちつきソロをお届け」とかで
♪ヨイッショ!の掛け声でドラム叩いてまして、大爆笑。
堂島くんも掛け声かけながら「どうしたらよいやら?」的な苦笑いしてたのが笑ってしまいましたよ。小松くんどんな顔でドラム叩いてたんだろう?気になるわー。

個人的に超久々の♪レッツダンシングタイム~の「CHOCO ME BABY」がうれしかったなぁ。あとあまりライブではやらない「WHITE AND BLUE」のアルバムの中から「レスキュー」もやってくれてうれしかったり。
堂島くんも「渦巻けよーー」とお客さんにテンションをあおり、本人もかなりキレキレ、メーターMAX振り切れてたような気がして、非常に盛り上がっておりました。
でも上からフロアー見ていて「もっとみんな暴れればいいのにー」って思ったんだけどねぇ。そりゃ無理なのかね。


アンコールはグッズ紹介を。今回のグッズ可愛かったんだけど、持ってたところで使わないしなーとパス。珍しくTシャツがない。堂島くんいわく「この寒い中着ないでしょ?」って。フロアーからは「えーー?」って言われてたけど、負けじと「だって、オレ、半袖で歩いてる人見たことないもん」って言ってたのがちょっとツボだった。堂島くんらしい(笑)
そのかわり2/22の誕生日ライブに着てきて欲しい、ということで1枚予約制でTシャツを販売開始。
誕生日ライブは自分の誕生日なのに「人を喜ばす」事に徹してしまって結局自分で喜べない、という事らしく(前にもそのMC聞いたことある、江古田だったかな?)「たまにはオレを喜ばせてくれー」ということで。このTシャツを着てくると喜ぶとのことだそうで。

アンコールは1曲、アルバムの中の新曲「君と出会えた奇跡」で終了。


今回アルバム「UNIRVANA」は堂島くん初(?)のコンセプトアルバムのようで。アルバムを通しての1つの物語を作ったような気持ち、とのことでした。アルバム聞いてみないとなんとも言えないけども、でもコンセプトが強いのであれば余計に「聞いてからライブにいきたかったなぁ」という気持ちでした。

とにもかくにも、アルバムを早く聞きたいっ、
とそんな気持ちになったライブでございました。


【Setlist】(かなり順不同・抜けてる曲あり)
PrettyLittleDino/高速の男/Freedom/銀色クリアデイズ/
UZUmatic City/PLAY THE MUSIC/Halo Glow/旅人のうた/
ナイトグライダー/レスキュー/So She,So I/スマイリンブギ/
CHOCO ME BABY/LUCKY SAD/FlowerUniverse
-en-
君と出会えた奇跡


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">