« | »

2005.03.18

03/18(fri) 堂島孝平

俺のすべて 2005
Shibuya AX(東京都)


・この日はひとりライブ。ひとりライブは絶対長くなるーっということで2階席取らせてもらいました。



・スタパのひとりライブとか結構つらいものあるんだもん。歳には勝てないのよ。
・この日大台乗ったしね(爆)
・それはおいておいてもギリギリについても2階席なら余裕だし。と。
・結論から言うとそれはかなり正解でした。
・しかし行ってびっくり。ステージに何もないんですよ。マイクすらないの。アンプもないの。
・AXってこんな広いんだーと。
・いくらひとりライブだからと言ってこれはシンプル過ぎないか?と。

・19時ちょいと過ぎたところで堂島くんひとりアコギ抱えて出て来ます。
・そして生歌、生ギターで「サンキューミュージック」そして「これ以上、キミはいらない」
・最初から生歌かー。でも生歌の「サンキューミュージック」は最初から何故かグッっとくるものがありました
・そしてなんとなく今日のライブはすごく楽しくなる予感が。

・歌い終わるとリズムトラックが流れてきます。俺のすべて2005ということで「渋谷はキライだー」って唐突に歌い始める。
・♪ライブがあるからやってくる。でも原宿からやってくる。渋谷を通るとからまれる!からまれる!
・そんな堂島くんがもう大好きです(笑)
・リズムボックスなってるけど、キミたちがビートだから、と「ずっと僕たちは」

・私自身このあたりの曲は実はかなり勉強不足で、ライブ前に勉強しましたよ(笑)
・とにかく歌ってる堂島くんは楽しみながらもかなりどの曲も力が入ってましたね。最初のうちはすごく声出てたし。
・「Freedom」は最近NewFreedomとしてね、やってますけど、今日は原曲Ver.で。
・今年の2月でデビュー10周年を迎えた堂島くん。
・お父様には「10年続いたら一人前や」と言われていたらしく「お父さん、僕10年やりきったぞー」そしてありがち「お母さん!僕を産んでくれてありがとー」と。
・お客さん、みんな2階見すぎだから。

・「まず最初に言っておかなくちゃいけないのは音楽というのは、聞いてもらわないと音楽として成り立たない。この10年やってこれたのは聞いてくれる人がいるから」「だから今日は皆さんありがとうー」と。
・いや、こちらこそ「ありがとう」です。
・このライブはシングル23曲を2日間かけて演奏する、って事らしくこの時点で「4曲終わりましたが」と。
・4曲のうち3曲がシングル曲だったのですが、えっとまだ4曲ですか?えっとライブ始まって30分以上経過してますし。
・30分で4曲だよ。今日何時間ライブあるんだよ、って思わず突っ込みさせていただきました。

・お客さんにも「何かあったら言って」と。ひとりライブならではのコミュニケーションを。
・お客さんから「喉かわく」って声があがると「わかった、俺あとでみんなが何か飲む時間作るから」って。
・今日の堂島くんいつも以上に面白すぎ。

・そして次の曲を紹介するのに含み笑い「世の中のダメ男から賞賛の嵐」と。おもむろに歌詞を読み出す堂島くん
・その曲は「忘れないでいるから」
・25才をひとりでアコギ抱えてギター。途中からエレキの音が聞こえてきます。うわーゲストだ。「俺の頼れる兄貴です!」とヒックスヴィルの中森さん。歩きながらギターを弾いてこられてスタッフもそれにあわせてアンプもセッティングを。
・「今日は俺のすべてという事だけど、この人がいたからこそ今の僕がいます」と中森さんを呼び込む姿は、本当にね、なんか感動的なものがありましたよ
・いやー中森さんのギターフレーズも最高です。
・メロウなギターイントロは「夜間飛行」だーとわかりましたけど。ここからもうひとりのゲストを呼び込む。
・中森さんが出てきた時点でこの人しかいないでしょ。真城めぐみさん。堂島くん曰く「みんなにとってのマリア」
・私はGGKRの日にゲストで出てくると思ってました。でもまさかひとりライブで出でくるとは。
・そもそもひとりライブで二人のゲストが出てくるなんて想像してなかったしな。
・しかし「夜間飛行」聞かせてくれましたなー。昔スタパで聞いた堂島くんが最初に作ったトラックのような原曲に近い感じでした。
・また真城さんとの夜間飛行というと文京シビック(SKYDRIVERS HIGH Vol.01)も思い出すなー。
・そう考えると堂島くんのライブを見始めて私はずいぶんと経つんだなーと改めて思う次第
・3人で「新生ヒックスヴィルです!」って。木暮さんー?
・真城さん、中森さんは堂島くんの音楽人生における転機を迎えたときに相談した人。この二人がいなかったら今の自分はいない、と。
・中森さんは赤いギブソンを購入したときに一緒に来てもらったと、これも有名な話ですよね。
・でも堂島くんだけじゃなくて、いろんな人がギターを買うときについていってるらしい。
・そして人が高額な買い物をして喜んでる人らしいです(笑)
・ピアノが出てきて「Remenber」
・改めて聞くとやっぱりいい曲だなぁ。心にしみます
・一旦中森さんと真城さんが下がります。

・そしてせっかくピアノがあるので、1曲、お題を募って即興曲を。と。
・そしてこの間にさっき言った「ドリンクタイムー」って事でいきなり♪飲んで~飲んで~飲まれて~飲んで~
・って「酒と涕と男と女」かよっ!そして「LOVE IS OVER」やチューリップの曲など。もうさーキリないから。本当に!
・お客さんからいろいろお題を募るものの結局即興は何故か大山のぶよの歌になってしまいました。♪いつも見守ってくれる大山のぶよ~って。
・みんなをこれだけ笑わせられて満足ですか?堂島くん。
・猫踏んじゃったと弾きながら。スタッフにひな壇を押してもらってステージ袖に下がる堂島くん。
・ドリフですな(笑)

・小走りで戻ってきました堂島くん。ギターを抱えてみんなで一緒に歌おうと「Still」
・やっぱりこの曲大好きです。
・でもひねくれてるので私は♪Yeah~は歌わないけどね(笑)
・この曲で右半分の人、左半分の人、と歌わせてました。
・途中は堂島くんもマイク通さず生声で。
・とにかく楽しそうな堂島くんを見ててほほえましいのですよ。

・「冬が飛び散った」で真城さん、中森さん再登場。
・この曲ひとりでやるのかーと。バンドで聞きたかった~
・というかライブ前にシングル23曲並べてみて「この曲はひとりか?」とか「この曲は絶対バンドだよねー」ってひとりでセットリスト考えてたんですよ(笑)
・なもので意外だったんですよ。
・でも真城さんのコーラスに一人やられ気味の私です。

・「俺のすべて」ということで堂島くんナレーションコーナー?
・真城さんがシエンタのナレーションが堂島くんだったことに驚いてました。
・そして次の曲へいくのに、どうも真城さんが準備してた楽器が違ったようで、堂島くんと密談。
・その姿に中森さんがさびしそうで「何?何?」と入って来た姿がすごくかわいかったです(笑)
・真城さんには「何もないくせに」って突っ込みされてましたが。
・えー私も「中森さんの芝居だな」ってわかりましたけどね。でも中森さんらしいな。と

・「センチメンタルシティ・ロマンス」この曲もねー私的なバンドなセットリストの1曲でした。
・でも真城さんと中森さんがいるのであれば納得ですね。
・これ、でもまるっきりひとりだと♪枯葉ひとつ舞い落ちる夜に~の所とか成り立たないのか?

・またもやリズムトラックが流れてきまして「45℃」
・これは斬新!いいもん聞けたなーって。まさか3人でも45℃はやるとは思ってなかった。
・このときばかりは後ろの皆さんゴメンナサイ。2階席なのに立ってしまいました。
・この曲だけは翌日GGKRの時も絶対聴けると根拠のない自信にあふれてました。
・そして何故か「セニョリータ」って。フラメンコに。みんなでハンドクラップ。
・「ジプシーキングスのように!」って。思わず同じ場所で数週間前に行われた寺田のライブを思い出す。

・CDでも中森さんと真城さんに手伝ってもらってる曲ということで「フライハイ」
・3人のアカペラから。♪my baby you can flyhigh~。シュンドウでこの曲やったときに一番グッと来た曲なのよね。フライハイって。(レポしてないけど;笑)・改めていい曲だなーと。メロと歌詞が心にしみます。

・最後は一人で「白百合」
・シングル曲じゃないけど、なんとなくこの曲はやるだろうなーって予感してました。

・白百合終わって、ふと時計を見ると21時20分過ぎてるから。2時間半ですよ。
・1階のみんな大変だろうなーと。

・アンコール。堂島くんは結構感極まってる感じでした。
・「45℃」はギターを持って歌うのはじめてで、自分自身は何も出来ない中、お客さんが手があがったのがすごくうれしかったとのこと。
・ある意味、明日のライブより今日のライブの方が「コアな堂島孝平ファン」の集いだからなー。
・「その時音楽やって本当によかった」と思えたとのことで、私たちも逆にそんなことで堂島くんが「音楽やっててよかった」って思ってくれるならうれしいよね。そういうところで感動のキャッチボールが出来るなんて。と思いましたよ。
・真城さんと中森さんで数曲。まずは「ナイトグライダー」
・この曲、最初聴いた時「え?」って思ったんだけど今はこれキミより好きかも。
・真城さんの♪ナイトグライダーのコーラスがよかった。
・途中で弦が切れて、堂島くんが「エレキでいいから持ってきてー」って言うのにスタッフの人がまったく持ってこない。
・その間♪バッシュバ・パッパッシュバでフォローする中森さんと、真城さん。このチームワークがいいよね。
・もう一度「エレキでいいから持ってきてー」って言う姿がもうおかしいの。
・しかし早くスタッフも対応してあげればいいのに。ゲルくん、歩いてギター持ってきたからね。
・厳しいようだけど、あれだけ堂島くんがあせってるんだから、少しスタッフもあせったら?って思いました。
・小走りに持ってくるとかさ。

・この日弦を切ったのは2度目でして。
・しかし堂島くんもわかってて「ギターの弦とか切るとみんなうれしそうな顔するんだもん」って。
・10周年を記念してポストカードセットを作ったので宣伝を。
・その宣伝の方法が、ポストカード1枚1枚確認しながらその曲のさわりを歌うもの。
・♪Oh~Yes、とか♪君を~とか。わからない人にはまったくわからない。
・ルーザーまで行ったところで疲れたからやめると。
・ブーイングに対して「後はGO GO KINGというわけわかんない人たちとやってる曲だから」って何故か逆ギレ。
・わけわからない人たちって…いいんかい?
・「19チャイの時に書いた曲を」とアンコール2曲目は「ペーパームーン」
・CDの頃の声と今は全然違うハズなのに♪ペーパームーンでもう一度~のところは昔のCDの声で聞こえるんだよね。不思議。

・「最後にもう1曲やりますけど、頭で何も使わないでやったので、最後も何も使わないでやりますか」と突然の提案。
・もちろん真城さんと中森さんもそれに対応して準備。心強いなぁ。
・最後にやったのは「葛飾ラプソディ」でした。
・3人で右へ行ったり、左へ行ったり。しかし生声の真城さんのコーラスも貴重だわ
・途中で歌詞が飛んで、後ろで一旦打ち合わせして、やり直す場面も。
・最後の最後に間違うかー堂島!

・終わったときには22時をまわるかまわらないか、って所でした。何が長いってしゃべりが長いのよ。
・でも実はひとりライブなものでそんな事も予想してたりしてました。

・個人的にはこの日は誕生日だったということもあって、広島のスカパラ見るか?堂島のひとりライブか?って悩んだんですけどね。でも堂島くんで正解だったと思います。
・大台に乗った誕生日。本当いい思い出になりました。
・改めてまた自分なりに堂島くんを好きになった1日だったし、やっぱり私の好きな堂島くんはココにいるな、って思い安心しました。
・本質的には何も変わらない。
・シングル23曲のうち、初めて聞いた曲ももちろんたくさんあって、ひとりライブは一人ライブなりに楽しめたし、またやってない数曲は明日また聴けるなーって思うと、やっぱり次の日のGGKRとのライブもすごく楽しみになってる自分がいました。

・誕生日に素敵なライブを見せてくれてありがとうございました。


<setlist>
サンキューミュージック/これ以上キミはいらない/ずっと僕たちは/Freedom/
忘れないでいるから/25才/夜間飛行/Remenber/即興曲/
Still/冬が飛び散った/センチメンタルシティ・ロマンス/45℃/フライハイ/白百合
-en-
ナイトグライダー/ペーパームーン/葛飾ラプソディ


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment