« | »

2005.02.24

02/24(thu) FLOWERS OF ERROR vol.19

FOE・堂島孝平・都市レコード・春風堂
下北沢シェルター

去年FOEのワンマンでFLOWERS OF ERRORは参加しましたが、イベントとしては初。春のGGKRのライブにアイゴンは参加しないので、どうしてもここで堂島くんとアイゴンのセッションを見たいと思い、参加を決めてました。


下北に到着したのが19時過ぎてたのですが、なんとかオープンには間に合い、ちょっと後ろにいた友達Mちゃんと語る。昨日のカーネーションとのライブの件とか。フムフム、なるほどーって感じで。というか昨日のライブは全く頭になかったもので・・・テヘヘ

番号は40番近くだったのですが、もう会場の中に入るとギッシリ。どこで見ようか考えたのですが、センターPA前に陣取る。身動きできなくなりました(笑)

トップバッター「春風堂」久々にキチンと見てたので感想をば。女の子ボーカル&ギター時々ピアノ(基本)女の子ドラム。ギターにベース編成。ギターの人がかなり天然入ってて面白すぎ。「先日春一番が吹きましたけど、どうでしたか?」ってオイオイ、どうでしたか?って聞かれてもね?。戸惑うお客さん。ギターの人1曲歌ってたけど、歌っちゃいかんだろ?って久々にカラオケ並のボーカル聞きました。曲もいいと思うんだけど、途中凝ったアレンジ入れてたりしたり、静か目の曲でドラムのハイファットオープンで叩いてたり(この音嫌いなのよね、だったら普通にシンバル弱めにたたいててもいいんじゃない?って思うのである)「えーここでこういう展開持ってくるんだ?」意外性を狙ってるのかなぁ。何をしたいのかなぁ?なんてちょっと思いました。

1バンド目はちょいとスローな感じだったので「都市レコード」は男所帯のもうちょっとガンガン行くタイプなのかなぁ。と思ったらこちらも「聞かせる」系でした。ツインギターのツインボーカルなのかなぁ。メインボーカルとコーラス担当、って感じだったのですが、コーラス担当の方が歌が上手だったような気がします。見に来てる人がほとんど自分たち目当てではなく、次の堂島くんやFOE目当てという事がわかっていたのか「とっととやって、終わりにします」って言葉を発しててどうかと思った

両方のバンドがどれだけ有名かどうかは知らないけど、こういう大勢の前で演奏する、って言うチャンスを逃がして欲しくないんだよね。もちろん「こいつらには俺らの音楽はわからないだろう?」って思って演奏するのも自由かもしれないけど、でもアイダさんのイベントに出てるんだよ。もっと堂々と、そして自分たちの魅力を伝えようとするのがライブなんじゃないの?って私は思う。そういう意味では2バンドとも魅力が、そして勢いが感じられなかったな。

さて次は堂島くん。堂島くん始まる前にFOEのセッティングもされてます。うわーセッション、セッション。楽しみー。そうこうするうちに堂島くん登場。例の茶色のキャスケット帽子かぶってます。可愛い。服装はジャケットの下に「これ以上キミはいらない」仕様のTシャツの紺色(先日ツアーで発売されてたやつ)
1曲目はオケを流してエレキギター抱えて「NewFreedom」こう来たか、という正直なところ。もう1曲アコギで新曲の「レオ」この曲バンドの方がいいかも。頭の入りのメロディが好きです。
「改めて堂島です」と紹介しつつ、次の曲は「冬なので、冬の曲をアコギで・・・」と紹介しつつイントロ「冬が飛び散った」歌う前に弦が切れて「弦切れたー」と。その様子を袖で見てたアイダさんを発見。堂島くんも笑いが止まらない様子。アイダさん今にも飛び出してきそうな勢いでした。しかも堂島くんに「繋ごうか?」って聞いちゃうあたり、もう大好きです(笑)本当アイダさん、堂島くん大好きなんだよね?。堂島くんには「アイダさんの出番はまだですから」って突っ込みされておりました。弦をなおす時間もなさそうで、結局エレキで「冬が飛び散った」この曲は何故か今日は絶対やると思ってた。でも聞けてうれしかったな

この曲終わって堂島くんがアイダさんを呼び込む。アイダさんも「ボクも冬が飛び散ったやろうかな?」と。そうだよ、二人でセッションでもよいのにーなんて思った私でございます。そしてアイダさんの新ネタが続々飛び出し、またレコーディング中に沖さんが、30分くらい笑いが止まらなかった話もとか。とにかくアイダさんと堂島くんのお話しは内容何一つとして覚えてないくせに(笑)最後には、何故「面白かった」という印象しか残らないのだろうか?ってくらい面白い。
そして忘れた頃に、本業の話「1曲セッションしようと思いまして、ボクからメンバー紹介していいですか?」とFOEのメンバーを呼び込む。「堂島くんのバンドにも小松っているんだよね?僕のバンドにもいるんです」とニコラスケイジにそっくりなドラム小松さん。そしてベース佐藤さんを呼び込む。佐藤さんはチェロ抱えてます。うー素敵。何やるの?そして「もう一人今日はゲストがいるんです。超???ス」とマイナス仕様になったところで、マイナスブロスの相方スカパラの大森さんですよ。もうごめんなさい、かなりうれしくて涙出るかと思いました。シェルターで大森さんですよ。まいった、まいった。やっぱりかっこいいけど、デカメロンを最近見てるので「やっぱり歳とったなぁ。」と何故か少しだけ冷静になる自分もいたりして。でもやっぱり基本は好きです。大森さん登場でかなりハイテンションになるのはお客さんだけでなく何故かステージのアイダさんもね。
ステージ下手後方でジャンベセッティング。ジャンベ見ると某曲が思い出されますが(笑)違うんだよ。違うの。

あと大森さん出ると、なんでお客さんツッコミが多くなるんだろう?って。この日も大森さんに数々の突っ込みしてたなー。白い髪の毛見て「白いよ、白い」ってお客さんが驚いてる姿が新鮮でしたね。堂島くん曰く「日本でこの髪の毛の色が似合うのはね、もうさすがだなーっておもいましたよ」って素直な感想。ごもっとも。でも白いライト当たると本当真っ白なんだよね。顔も白いから。この日シェルターは照明が近くて大森さんに直に当たってたので、やっぱり白かったです(笑)「眉は黒いの?」って突っ込みには「お前ら、眉まで白くしたら真っ白になるだろ?少し考えろ!」ってお叱りされてました。大森さん出てくると本当さらに話し長いんだよね。しかもさらに「ジャンベ背負ってハンドマイクって、似合うの大森さんだけだと思う」と言われてましたのもおかしすぎでした。

堂島くんの誕生日の話題になり、どうも誕生日の日はFOEとのリハをやったらしくてでも誰からも堂島くんの誕生日の件は触れられず「自分から言うのもどうかな?」って思って黙って去ったとか何とか。そして堂島くん、大森さんに「よーく聞いてください。スカパラは欣ちゃんからは”おめでとうメール”北原さんとNARGOさんからは”おめでとう電話”がかかってきたんですよ。あ、大森さんが
、ボクの誕生日をメンバーに知らせてくれたんですよね?」って堂島くんも思いっきり嫌味を。もちろん、大森さんも「そうそう」って。いやないな(笑)
ということでアイゴンはちょいと遅くなったけど、堂島くんへの誕生日プレゼントをちゃんと用意してきました。その姿を見て堂島くんは2年前のエッグサイトでアイダさんから「火吹き竹」をもらった事を思い出したようで、それまた大爆笑。でも今回はアイゴンも「絶対使える!」とお墨付きのものは白のTシャツに「DJKH×FOE Since2005 FLOERS OF ERROR」と書かれたものでした。裏にはアイゴンの似顔絵に「誕生日おめでFOE」って。全部手書きです。アイゴン曰く「別注」らしいです。いやー「DJKH×FOE」のロゴはすごいよかったと思う。堂島くんは「せっかくだから着替えてくる」って着替える間に大森さんが前に出てきてマイナスブロス2ショットでお話しタイム。実はマイナスブロス用にもTシャツを作ってきたアイゴン。そのTシャツには縦書きで「一人」読み方は「まいなすんちゅ」らしいです。「海人」とのコラボらしいです。微妙な笑いが起こるシェルター。大森さんもどう答えていいかわかりません。大森さんが「ボクも着替えてきましょうか?」って言ってたんですが、アイダさん自ら「いいです、いいです」と止めてたのに大爆笑。しかも大森さん鋭い所を突っ込みしてて「マイナスブロス二人なのに、1枚しかTシャツないんですか?」って。本当その通りだよ、アイダさん。その間に着替えてきた堂島くん。センターで左から大森さん、堂島くん、そしてアイダさん。近い3ショットは、私が一番好きな3ショットかもしれません。

とりあえず覚えてるところでそのくらいだったのですが、多分話ししてた時間としては20分?30分はあったんじゃないでしょうか?これでいいのか?って私的にはありなんですけど。FOEのメンバーも演奏を待ってますよ
ということでこのDJKH×FOE×大森はじめで演奏された曲は「セピア」でした。FOEのイメージ一新。佐藤さんがチェロ弾けるってのもビックリしたけど、本当素敵なアレンジで演奏されて、堂島くんの音楽は愛されてるんだなーって思ったのと、アイゴンのギターの音色がやっぱりいいなぁ。って思った私でありました。
1曲で大森さんは退散。堂島くんが残ってFOEの曲を1曲「若葉」を。この曲は堂島君が好きな曲で、この曲のアンサーソングが「七月」なんだそうです。なんとなくわかったー繋がったーって事で。また自分にぴったりの1曲をうまく選ぶよなぁ。堂島くんは。って思いました。セッションすごくよかったです。
そしてそのままFOEのステージへ。堂島くんも言ってたけどFOEの音は爆音の中でもロマンがある、わかるような気がする。それはアイダさんの歌がそういうところを感じさせるのかもしれないけど。過去、アイダさんの歌聞きながら眠いーって言ってた私は不届きものですよ。えースミマセン。最初FOEのライブ見た時はかなり自分的にやられてた部分があったのですが、最近は逆にそのやられ具合が心地いいというか。FOEはいいよ。こういう爆音の中でちゃんとメロがある音楽大好き。爆音過ぎてメロないのはダメなの。だんだん自分の好みがわかってきたなぁ。という感じでしょうか?先日ワンマン見たときに新曲として披露されてた1曲とやっぱり「FOE GET ALL,NOW」が好きです。最後の3人のセッションも健在。あのセッションやってるときのメンバーの生き生きした顔が好きな私であります。FOEはまた機会があったらゆっくり見たいなーと思えるバンドです

ということで、終わったのが22時30分過ぎ。アイダさん「寒いので気をつけて帰ってください」の一言でイベント終了。外出たら大雨、雪に変わりそうな冷たい雨でした。雨男、雪男健在です。でも楽しかったし、久々に「行ってよかったー」と思えるイベントだったので、心はポカポカしながら帰宅しました。

まーでも冷静にですね「今の堂島くんファンは今回のライブみたいなの嫌いだろうなー」って思いましたよ。だって全てが大森はじめとアイダさんに持ってかれますからね。でもそれは堂島くんとしてはちゃんとしてる所で、決して自分主導にならないんだよね。ちゃんとイベントの主催者を立ててるんですよ。GGKRの時と明らかに違うし。それは前にGGKRでイベントやったときにゲストで出た堂島くんを見てた時にも思ったのですが、ちゃんとゲストの立場として、ちゃんと振舞ってるんですよ。そこがすごいなーって改めて思ったのです。

でも今回みたいなライブは「堂島くんだけがいればいいー」とか、そう思ってるファンの方にはつらいんだろうな?って。でもだったらワンマンだけ行っておけよ、って。今回のイベントはアイダさんのイベントなんだから。
私は最近「あーもうハイプリはだめだ」ってやっぱり前以上に強く思うようになりまして、「だったら行くの辞めよう」って思って、ハイプリで出るイベントにはほとんど行かなくなりましたしし、自分の興味を持ったものしか行かないようにしております。その興味の一つが今回のイベントであったわけで、その結果「正解」だったとも思うんです。今回のライブはもちろん一人ライブでもっと沢山の曲聴ければなぁーとは思いましたけど、でもこのような結果になることはわかっていた事であって。久々に堂島くんを見たものとして、曲数が少なくても楽しめたし、1石2鳥でお得なライブだったと私は思っております。

どんな堂島くんでも「堂島くんが好き」って言う愛情とは私の愛情はほど遠いけど、みんなが同じ愛情を持つ必要も正直ないと思う。人それぞれ思う形で堂島くんを応援していければいいんじゃないのかな?と今回のライブを見て思ったのでありました。私は素直に書くとやっぱりGGKRのメンバーと一緒にいる堂島くんが好きなのです。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Getparty! All rights reserved.
Powered by WordPress