« | »

2004.11.17

11/17(wed) NONA REEVES Presents"WAW Vol.06"

NONA REEVES/スクービードゥ/BOO
Shibuya O-WEST


NONA REEVESのイベント「We Are the World」の6回目。


私は去年からの参加です。今年はイベントないかと思ってたんだけど、突然発表されたときには「えーやるの?」って失礼な発言をしておりました(爆)しかも両日とも「トライセラと被ってるし…」先に16日のトライセラのチケットを購入してしまった私ですが、まー17日はスクービードゥが出るし、やったー!って感じだった。NONAとスクービーだったら何か絶対楽しい夜になりそう、そんな予感が。もちろんNONAだけでも楽しい夜には間違いないのだが(笑)
トップバッターはBOO。ボーカル一人にDJが一人。歌は嫌いじゃなくてもステージでのDJスタイル、しかも一人という事自体が個人的には惹かれないのです。それはきっと「バンド」というスタイルが好きな私のコダワリ。もちろんDJだって楽器の一つなのかもしれないんだけど、そういう風には見えないんだよね。1曲オリジナルラブの曲(♪いつの日よりも?今の君が?って何の曲だっけ?朝日のあたる道?あれ???)もカバーしておりました。

スクービーは仙台、スペ中と見て今月何気に3回目。ファンキーなグルーヴで私たちを楽しませてくれる、そんなバンドがスクービードゥだ。どうやらNONAにとっては早稲田の後輩にあたるらしいですね。知らなかった。
前半はスペースつかめない感じだったなー個人的に。だけど。でもコヤマくんが、O-Westの2階のお客さんもいぢり始めた時はやっぱりこうでなくっちゃ、って思いました(笑)「2階ー!アリーナ!」ってね。O-Westのフロアーがアリーナですからね。でももちろんそのアリーナで盛り上がってたのは言うまでもございませんが。最初は結構静か目なフロアーだったのですが、コヤマくんの盛り上がりでボルテージは結構あがったんじゃないかな?NONAへの盛り上がりをうまく作ってくれたように思います。

3番手はNONA REEVES。郷太さん出てきて早速スクービーのオープニングをパクって「WE ARE NONA REEVES!」と(爆)普段そんな言い方しないのに?。
オープニングは「I LOVE YOUR SOUL」から。そして2曲目。えっとシュンちゃんは「RYHTHM NIGHT」小松くんのドラムは「アルファベットボーイ」でした(爆)やっちゃったよぉ?。って感じで。郷太さんが「小松さん、それは昨日です」といって小松さんが間違えた事が判明。可愛い顔して「ごめんちゃい」と言って小松さんのカウントで「RYHTHM NIGHT」へ。いやいや、ごめんちゃい。って(爆)でも小松さんのバスの音で「今のはアルファベットボーイ」じゃないか?みたいにわかってしまうのはどうなのか?自分(笑)郷太くんが「今日は踊るぞー」と。RYHTHM NIGHTはステージ上のミラーボールもクルクル回ってます。さらにここでもスクービーをパクって締めの音をステージで「4回!」とか指図するものの、全く打ち合わせしてないもので、微妙な感じ。あんまりうまくいかなかったので今度は「5回!」というものの、小松さんからちょっと待った!「5回ってどういう5回??」と聞くと「ダン、ダン、ダン、ダダン」と口で説明。その通り締めてました。もちろんステージ各所から突っ込みされまくり。真城さんからは「影響受けすぎ」って笑いが止まらない様子だし。小松さんからは「ステージで試すのやめろよな」って言われてました。郷太さんは小さくなって「だってかっこよかったから…」って笑って言ってましたが(笑)まーそこもNONAなんだよなぁ。って

今回のWAWはアルバム「THE SPHYNX」が発売された後のライブということで、アルバムから初聞きの1曲「I WANT U BACK」最初のアレンジからしてCDと違って、一瞬?マークが浮かぶものの、でもめちゃくちゃかっこよかったよ。真城さんのコーラスがすごくよかったの。あと途中でブレイクして、曲が終わりかと思いきや、またリズムを変えてスタートするあたりは今までになかった曲だなーという印象を抱きました。NONAのライブで今後盛り上がりには欠かせない1曲になったんじゃないかな?

アルバムから1曲入ったと思ったら次は「STOP ME」だった。この選曲は正直ビックリした。♪写真に撮って?の部分でどうしても先日のWebを思い出して笑ってしまうのです(笑)←知ってる人しか知らないネタですけど…すみません。でもこの曲ライブで聴くの去年のHiPPY以来(多分)なのでちょいとうれしいです。

そのPOPな流れで「裸足の砦」こちらも初聞き。この曲大好きな1曲です。オープニングの真城さんの小松さんのトゥルルルーのコーラスが可愛かったなぁ。

ここで長めのMCでしたが、スクービーの話してたかも。MOBYは土岐さん(元シンバルズ)と一緒にバイトしてたとか、なんとか。(違うかも)

メモリーズは前回ツアーと一緒で♪nananana?Babe I Missing Your Faceのコーラスをみんなで。コーラス入る前に、郷太さんは「歌詞なんか説明するのはヤボったい、ってわかってるんだけど、メモリーズ、思い出。思い出というのは今この瞬間作るものなんだ」と静かな俊ちゃんの弾くピアノのメロディにあわせて語ってました。もちろん郷太節だったのもわかるのですが、どうもこの日は全てがスクービーの影響と見てしまい、もちろん郷太さんもいい事言ってるんだけど、笑ってしまう私がいました。ゴメンナサイ。

「DJ!DJ!」ではここでもスクービーをまねて「2階もアリーナも!」と叫ぶ郷太さん。もう笑うしかないっすね(苦笑)みんなで歌おう!と「New Soul」と続き最後は「LOVE TOGETHER」でした。

アンコールでは小松さんが前に出てきてMC「2回?とか突然やらされて面倒でした」みたいな、ちょいとブラックな笑いのある郷太さん批判を。もちろん笑い話ですけどね。そしてBOOさんを呼んでのアンコールは「重ねた唇」この曲をデュエットすると男同士で唇が重なってしまうような曲になってしまうけど、今日だけはカンベンを、ということで二人で交互に歌っておりました。キーが違うので二人で歌うのは結構難しかったのかも、って思ったのですが。でもこの曲は本当名曲「死ねば忘れてしまうだなんて言えないと思い知る 愛してる人に愛されたなら」ってこの歌詞は何度聴いても鳥肌立ちます。

最後はこちらはお約束となりつつある「HIPPOPOTAMAS」でみんなで歌って終了でした。

この日のライブ見てて改めて思ったのは「あーやっぱりNONAの音楽が好きなんだな」って事でした。もちろんスクービーも好きだけど、私はそれ以上にNONAが好きだったことに改めて気がつきました。去年、堂島くんとやったWAW。あのライブはまだNONAを見始めて4回目だった。もうあのときにはNONAのアルバム半分以上手元にあったけど、それでも堂島くんと一緒だから、といって3daysあったイベントだったけど1日しかチ
ケットとってなかったし。でも、あの堂島くんとのライブを見て、3日目に急遽一人、当日券でライブに行った衝動は明らかにもうNONA REEVESを好きになってる証拠だった。去年のWAW。そういう意味では私にとって忘れられないイベントだった。でも今年もそんな気持ちを思い出すと共に、やっぱりNONA好き!って大きい声で言える私が今いる。多分今後も続くWAWは私にとってそんなイベントになっていくと思う。そういうイベントを続けて欲しい、という期待も込めて。

<setliet>
NONA REEVES
01.I LOVE YOUR SOUL/02.RYHTHM NIGHT/03.I WANT U BACK/04.STOP ME/
05.裸足の砦/06.メモリーズ/07.DJ!DJ!/08.New Soul/09.LOVE TOGETHER
-en-
01.重ねた唇(WithBOO)/02HIPPOPOTAMUS


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment