« | »

2004.11.03

11/03(wed) ゆず

TOUR2004 ONE
横浜アリーナ(神奈川県)


夢の地図ツアーが終わって、まだ2ヶ月。


既に新しいツアーをスタートさせているゆず。私の中では今回オリオンが参加しない、ということで行くつもりは全くなかった。ONEを聞いても、それほど自分の中で「ライブでこれ聴いてみたいなー」って曲は既に夢の地図でも聞けていたので満足ではあった。

でもONEツアーがスタートして1ヶ月。いろんな所から「今回のライブいいから」って言う声が聞こえて、気になりはじめて11月3日のチケットを探してはいたんだけど、結局自分の都合にあう席は見つからず諦めていたところに突然A?から誘われた。ということで結局横浜アリーナ4日目参加することになったのです。 座席はアリーナFのステージ追加プランによって追加された座席。本当にステージ裏から見てる感じで。さらにそこの一番後ろだったものであんまりよく見えなかった…(涙)

会場はステージがあって、両サイドから半円を描く形で花道があって、小さなセンターステージも用意してある。センターステージは完全に後ろ姿を見る形。
ただ、そのセンターステージへ行く際には私たちの目の前を通るのでそれは結構面白かったな。最初はそのセンターステージを使っての二人ライブ。1曲目は「わだち」そして2曲目に「飛べない鳥」だった。ネタバレを見ていて楽しみだった1曲がこの「飛べない鳥」だった。トビラの頃のライブを本当思い出すし、この曲聞くと冬だなーって思うんだよね。トビラライブの頃は本当に寒かったなぁ。とかDJ Freeはどこやったかな?とかいろいろ思い出しちゃうのだ。もう一つトビラを思い出したといえば「シャララン」でした。いやーこんな曲あったねぇ。この曲も冬ってイメージあるんだよね。冬至とか。外は寒いのに、心がほんわか暖かくなる曲。「からっぽ」も久々に聞くなぁ。多分東京ドームの二人ライブ以来だと思うんだけど…シングル曲の中でも「いつか」より「からっぽ」の方がすきなのです。この曲もやっぱり冬のイメージがあるんだよなぁ。そういう意味ではキチンと冬を考えてのセットリストになってるなーという感じでありました。

この日は横浜アリーナの追加公演でもあったので、追加ということで「二人で練習しました!」といつもやってない曲を。何をやるかと思ったら「恋の歌謡日」でした。いやービックリ。ちゃんとギターの「テケテケテケテケ」もあったし(笑)潤子、ムーチョ健在でした。岩沢くんが髪の毛を横わけにしてる所でみんな「キャー」って。モニターが見えなくて一度目は確認できなくて、何をどうしたの?って思ったんですが、何度かやってるときに1度確認できてうれしかったなぁ。というかすっかりそういう事忘れてるし。”♪久しぶりに会おうよ?”もそうだし”♪横浜のみんな?”とか。この曲で思い出すのはやっぱり”ユズモラス”のツアーだもんね。「心のままに」は私が始めてゆずを見た「秋(音)楽旅行」の時はまだCDで出てなくて…始めて聞いて感動したなーとか。前半の弾き語り部分はゆずに関する思い出がいろいろ蘇ってきました。私もそう考えると今となっちゃ結構昔からライブ見てることになるんだよなぁ。思ったりして。

シュビドゥバーが終わって、ゆずは一旦下がります。その間は村上さんのアニメーションを。そしてステージにメンバー全員そろってアルバムタイトル曲でもある「1」バンドの音が出たときにもう既にドラムの音が全然違うなぁ。と思いました。ギターもそうだった。「命果てるまで」がここで来て盛り上がったところで「積み木ゲーム」スタッフの人が積み木を持って登場。その積み木にはいろいろ「不安」とか文字が書いてあって(覚えてない)スタッフが積み木を重ねたところで北川くんが巨大ハンマーで壊すという演出。

一転して静か目の曲が続く。「ウソっぱち」「白鳥」「歩行者優先」そう、この流れなら「歩行者優先」も浮いてないと思うだよなぁ。夢の地図から聞いてる曲だけど始めて違和感なく聴けたかも。

外人さん風のナレーション「あなたのシュミは何ですか?」と。この流れはもちろん「シュミノハバ」。途中ではまた踊らされましたよ。今回はDJ風。メンバー全員アフロのカツラを被って、サングラスをかけて。岩沢くんのサングラス姿やばすぎ。あのサングラスを下げて目を見せてたりして…可愛いよ(爆)スタードックスのメンバーも踊らされてたなぁ。キーボードケン坊のダンスは、ありゃダンスじゃない。アイライクユーなみの壊れ方です。ケン坊見ながら大爆笑してたのは言うまでもないですね。要チェックです。

その後バンマスのキーボードソロがありまして、弾き終わった後に、自分のつけてたアフロを投げつけてて面白かった(笑)その流れで「夢の地図」北川くんも笑顔を振りまき、花道へ。ちょうど目の前で歌ってくれて「あの笑顔はヤバイよなぁ」って。常にあの笑顔を見ていたいとは思いませんが、でもライブで見るならあの笑顔は確実にみんなの心を癒してくれるものだと私も思いますよ。北川くんも楽しそうにジャンプ、ジャンプ。

このままアップテンポな感じで行くのかと思ったら「いつか」でした。途中で小さな紙が1枚だけペラペラ落ちてきまして。こりゃ後半雪の演出がある、って思ったらピンポンでした。でも銀色のスポットがあたって本当に雪のように見えて、キレイだったな。

「アゲイン2」を挟んで「少年」この曲もも久々だよね。この曲でスタードックスの紹介があったのかな?ロゴが画面に現れてスターバックスのパクリだったことが判明。なるほど(爆)そして最後の曲、何かなーと思ったら「夏色」でした。えーこの曲でちゃんと終われるのかなぁ。って思ったんだけど…結局「もう1回!」コールが3回くらい続いて、最後は♪もう1回の声に北川くんが♪殺す気か、殺す気か!って一緒に歌ってたのが笑ってしまいました。ゆずの二人は途中でセンターステージで歌ってくれて、全くバックバンドを見ずにいれたのが少々の救いでした(笑)

少年、夏色に関してはやっぱりなきゃないで寂しいんだろうけど、そろそろこの曲をやる位置みたいなのが疑問になってくる今日この頃。何も今更「夏色」で最後はないだろうー?って。でも並べて見ると確かに仕方ない位置だとは思うんだけどねぇ…難しいね。

アンコールは1曲目は二人で「夏祭り」この曲を歌い終わった時点であとは「桜木町」やって「栄光」で終わりだよね?って確認しちゃいました。アンコールはそういう意味ではちょいと物足りないような気もしちゃいましたねぇ。なんだろうな。
「桜木町」は岩沢くん、「栄光の架橋」は北川くん、それぞれの声が本当に特徴のある形で発揮して
いる曲だと思うんだけど、さすが4日目。疲れもあるんだろうな、あんまり二人の声が出ておらず残念でした。

私のライブの見方のクセは「気になる音が出た方を見る」というもの。だからゆずのライブでもバンドに注目していたのはそういうところだったと思うし…悲しい性で今回のゆずのライブでも何度もベース見ちゃったり、ドラム見たりしては(ギターの人は私の位置からはあんまり見えなかったんだけど、これは見えなくて正解だった)あー違うんだ、って…やっぱりバンドに見慣れた人がいないのはかなり寂しい気持ちでもありました。

が、ゆずのライブとしてはとても「よかった」と思うのです。MCというMCはほとんどない。だけど不思議と殺伐とした雰囲気もないし、やっぱりそこは「ゆずのライブ」であったなーと思うんですよね。今のゆずがすごく自然にライブに現れていたような気がします。「夢の地図」のようにいろんな事が出来るのもゆずのライブだし、今回の「ONE」のように聞かせて見せるライブもゆずのライブだと思う。もちろん二人だけで出きる強みもある。もうゆずも若くないんだなーって思ったし、ステージの見せ方にバリエーションが出来てきてるなーと改めて思いました。今回のライブツアーが終わったところで、きっとまた次にどんな風に見せてくるのかが結構楽しみにもなりました。

<setlist>(順不同)
わだち/飛べない鳥/からっぽ/大バカ者/恋の歌謡日/
シャララン/蛍光灯の先/心のままに/シュビドゥバー/
1/命果てるまで/積み木ゲーム/ウソっぱち/白鳥/歩行者優先/
シュミのハバ/夢の地図/いつか/アゲイン2/少年/夏色
-en-
夏祭り/桜木町/栄光の架橋/


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment





Getparty! All rights reserved.
Powered by WordPress