« | »

2003.02.08

2/8(sat)奥田民生

“okuda tamio Live Ez “ 
CLUB CITTA’


民生さんのスタンディングツアー。


最初は全然行くつもりなかったんですが、2日に見た武道館があまりにもよくて急遽やっぱりライブハウスで民生さんを見たい!って思って(笑)思ったら即行動!!!チケットを幸運にも定価で譲ってくれる人も見つけ、気合を入れて(この場合の気合とは、冬なのに民生T、この日は去年のチッタオープン記念の限定Tシャツを着てリストバンド持って極力荷物は少なく;笑)川崎へ。って思いっきり地元やん!そんな地元な雰囲気も大好きな私であったりします。
まだスタンディングツアー残ってるのでセットリストとかはアップしたくないんですけど、日記には書いちゃいましたね?何曲か(笑)すみません。
スタンディングツアーなので、スーツじゃないと思ってたんですけど、スーツでした。でもそんなスーツ姿もすごくかっこよくて…よかったです。チッタでは武道館で出たゲスト、ドラムのチャーリーと、ベースの小原さんが参加。最初から普通にメンバーのようにいるし、最初から紹介もされずに、出たり、入ったりと。ヒデローさんと一緒にパーカッションやってたりするし(笑)すごくアットホームな感じがすごくよかった。リラックスしてるし。
鼻とフラワー3世も見納めか?(とこの時は思っていた;笑←そればっかやん)シータカさんのフルートはやっぱり素敵です(笑)そして武道館で彼が飛んだタイミングでチャーリーが急に前に出てきてシータカさんを持ち上げる、なんてパフォーマンスも!非常におかしかった。彼のお茶目な一面が見えたと思ったら、途中では民生さんがギターソロ決めてるところでセンターのマイクをしっかりキープ。「シータカッ!」「タミオッ!」を繰り返す。チャーリーオンステージにメンバー苦笑い。でも盛り上がる。
武道館ではSTANDERDのソロをSAXで披露してくれた民生氏ですが、この日はEツアー、終了後に流れてた「さすらい」Sax Ver.を生で披露。ファンの子はその姿を食い入るように見てた感じがかなり笑えた。自分もそんな一人なんですけど(笑)民生さんにとってSAX人生の集大成だそうで。でもSTANDERDよりさすらいよかった?。
ライブツアーの名前通りEz(イージー)な感じで特別何をやるわけでもないんですが、すごく民生さんおよびメンバーの皆様も楽しそうだし、何より本当にお客さんも楽しんでた!すごくいいライブだったように思う。後半の「御免ライダー」はお約束のミラーボールまわってました。武道館で使った10分の1の大きさでしたけどね(笑)イジューや、さすらい、といったお約束はなかったけど、それでも「ルート2」や「人の息子」といったライブハウスで盛り上がらないわけない選曲に個人的には大満足。
アンコールでは民生氏はネクタイをはずしてました。その自然体の感じがまた素晴らしいっす。
ライブから1週間経ってこの感想を書いてますが、本当に民生さんにヤラレテます(笑)ということで来週の
AXも結局行くことにしました。今度から自分でやっぱり行きたくなるだろうな、と思ったチケットは最初から取っておくことにします(笑)


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment