« | »

2004.06.13

6/13(sun) Mr.CHILDREN

TOUR2004 シフクノオト
横浜アリーナ(神奈川県)


シフクの2時間30分


チケットが取れた時点で奇跡に近い運を使い果たしてしまったのにも関わらず、横浜アリーナ入ってビックリ。まずバックスタンドを全て開放するステージング。いつも入る入り口のところに10列目が最前列と書いてある…私の持ってるチケット30列目。オイオイ、実質20列目じゃん。これビックリ?。実際席についてみるとセンターやや左よりの2連番。うわーステージちかっ!!既に興奮気味の私たち。

ステージには4枚のスクリーンがぶら下げられている。10分を過ぎたところで、場内が暗くなり、その4枚のスクリーンに1台のバスが「シフクノ」駅までの切符を持ってバスに乗り込む。(ような内容だったように思うんだけど…)メンバー登場。桜井さん、SUNNYさん髪の毛切ってくれててよかったです(爆)桜井さんの前髪にキュンキュン状態です。そして1曲目から「終わりなき旅」いやー意外、意外過ぎる。そして「光の刺す方へ」「PADDLE」「イノセントワールド」と本当本人曰くのヒットメドレー怒涛の4曲!めちゃくちゃ良すぎです。イノセントワールドはやっぱり涙が溢れて止まらなかった。この曲にはミスチルの思い出も個人的な思いでも強すぎる。
そして全力疾走で、右へ左へ、さらにうは後ろへ、笑顔で走る桜井さんを見れて本当幸せな気持ちだ。もうこの4曲の時点で既に私の上半期ベスト1ライブだ。ヤバスギです。

4曲を終えたところで次のラブソングを歌うために初恋の話など。ということで高校時代の恋の話へ。まーきわどい話もあったりして…お客さんが引いてるのがよくわかった。私は桜井さんらしーな、って話で大爆笑だったのですけど。去年11月のGCでMCへの可能性が広がったと公言してた桜井さん。その期待を裏切らず、面白く、かつ感動的なお話でした。本当ここまで長いMCするの久々でうれしかったな。そんな初恋の話から「花言葉」結婚式でも歌ったことがある、恋愛をするなら誰もが思いかべる情景「口笛」そして「抱きしめたい」へ。甘すぎです。口笛はアレンジが随分変わってて、さらに暖かい感じになってました。モニターに映ったSUNNYさんを見て可愛すぎ、と言ってるのは私です。

新しいアルバムより、「血の管」「Pink?奇妙な夢」血の管はサポート陣+桜井さん、って感じです。こんな姿はQツアーの時にもありましたな。「Pink?」の方はリズム隊にやられ気味です。「掌」もかなりアレンジ変えてきていてびっくりしました。エンディングの方でSUNNYさんメインボーカルあり!リレーっぽい感じでSUNNY×桜井で歌ってたのですが、最初スクリーンにずっとSUNNYさん映ってて「え?何で?」って思ってたらSUNNYさんが歌っていて、状況を把握するのにしばらく時間がかかりました(笑)そのバックでコーラスするミスチル3人+修ちゃん。かっこいい瞬間でした。
暗転して、スクリーンには各地、各国のニュース映像が流れ暗転。ソファーに座りながらテレビを見ながら歌う「ニシヘヒガシへ」よりミスチルのメッセージ性の強い曲になってました。中川くんのベースソロがかっこよかったのはこの曲だったかナ。リズム隊めちゃくちゃかっこよすぎ。気がついたらJenは上着を脱いでまして、すごい勢いでドラムたたく姿に改めて惚れましたね。
ニシヘ?が終わりスクリーンに「Close your eyes」のメッセージ。歌は「Image」久々にこの曲聴きます。桜井さんのとろけるような歌はやっぱりいいな、って改めて思うのです。
「overture」のBGMの後ろには日食の映像。そしてこの流れと言えば「蘇生」ですね。あーやっぱりこの曲大好きだな。「何度でも?何度でも?」のところはみんなで歌う。そして「Youthful Days」と続き盛り上がりは最高潮。桜井さんも右へ左へ笑顔を振り撒き、さらには熱唱。
アコギを持って「くるみ」名曲ですね。「天頂バス」はこの曲の存在をすっかり忘れていた私です。この曲を聞きながら最後かなーくらいに思っていたのですが、最後は「HERO」でした。バラードで終わるミスチルのライブってここのところ定着気味です。でもしっかりライブとして〆られる力があるので違和感はまったくありません。

本編だけで大満足な私でございましたが、アンコールはステージでいろいろセッティングしていたので何をしてるのだろうか?と思いましたら、出てきてこちらも”森の音楽隊”状態でステージにサポートメンバーも含めて全員がステージ中央に集まり、1曲。桜井さんいわく「Jenをもっと近くで見たい人のために…」とか言ってたかな?(笑)でも「今回後ろにもお客さんを入れる形でやって、いつも以上にお客さんと近い距離でライブやってる感じで、さらにお客さんと近くなりたくて、こういう形を取った」みたいなことも言っていたような気がします。(覚えてなくてすみません)
「知ってる人は一緒に歌ってください」といってやった曲は「Mirror」でした。深海の中でも好きな曲だよ。ってか初めて聞いたよ。うれしいじゃん。しかもコーラスは修ちゃんがメイン、さらにハープも!!!隣の人大騒ぎです。田原くんが鉄琴をやっていてかわいかったです。またメンバー紹介で、桜井さんは鉄琴を「鉄の棒をチュッパチャップスみたいなので叩いて…」って言う表現をしてたのがすごく可愛かったのです。暖かさを感じた1曲です。メンバーも本当楽しそう。

残りのアンコールは1曲は「タガタメ」歌いだしたとたん拍手喝采でした。そして最後は最新シングルでもある「Sing」でした。
最後はメンバーが全員前に出てきてサポートメンバーをまず一人一人紹介。3人が去った後にまた4人でステージに残り最後に一言桜井さんが「ミスターチルドレンでした」って言うとお客さんからちょっとブーイング(笑)その一言でSE「言わせてみてぇもんだ」が流れてしまったのですが、そんなお客さんを見て、一人一人ミスチルのメンバーを紹介する桜井さん。そして最後はJenが桜井さんを紹介。今のミスチルを象徴できるような場面だと思った。

ということで2時間30分。本当に感動しっぱなしでした。日記にも書いたけど、全然期待してなかったんですよ。しかし横浜アリーナに入った瞬間に既に期待裏切られまくりで、ステージの形から、さらには構成も内容も。シンプルかつ大胆に、「ミスチルの今」を本当見せ付けられたような。そんな姿に私は完全にノックアウト!されました。本当参りました。

ミスチルってやっぱり桜井さんが広告塔なところがあって、注目されがちだし、実際ライブとかでも桜井さんが右へいけばほとんどの人が右を向いてるわけで(笑)もちろん私もそうなんだけど、でも今回のライブは席がよかったのもあるのかな?本当全員の音が


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">