« | »

2004.05.23

5/23(sun) 堂島孝平

SHORT CUTTER!-音の遊撃手-
CLUB CITTA’(神奈川県)


トミナガさん曰くの非常にアホだわステージプランニングの初日クラブチッタ。


荷物をロッカーに入れてフロアー入ってビックリ。PA前にステージ組まれてる!さらに左側にも、右側にも。マイクスタンドは一つずつ。さらにセンターに小さく飛び出た花道ステージ。しかもステージには緞帳?って言う言い方でいいのかな?あって見えないようになってる。アホだわステージってこれか!さてどういう風に使うのが私としては楽しみな部分であったりもするわけで、いろんな想像を膨らませて開演を待つ。

またありえないのが、最前列とステージの間に柵がないところ。えー。いいの?いいの?といいつつ左側の一番前があいてたので迷わずいきました。緞帳のせいで、ステージング見えなくて位置決めできなかったのが残念。実際は木村さんの前だったのですが、小松くんはシンバルに隠れて見えませんでした。ちなみになおみちも全然見えなかった。これは狙い?(笑)

照明が暗くなり、普通にセンターの幕の後ろから堂島くん赤のギブソンを抱えて登場。堂島くんの衣装、スカパラ並の白のジャケットに中はグリーンのシャツ。しかも花柄っぽいやつでしたよ。若いチンピラ風?(笑)小豆色のズボンでした。そしてポロン、と演奏し始めて歌う曲は、新曲!そして幕の後ろからヤバイくらいかっこいいコーラス。えーこんなコーラスうまいの?豊田と全然違うじゃん!!新曲の名前はこのツアーのタイトルでもある「SHORT CUTTER!」前奏終わると緞帳があがる。。その姿にまた爆笑。ちなみにこの曲ノリ的にはルーザーの兄弟曲みたいな感じの印象あり。最後にコーラス系の部分があって、その部分が第一印象ヨカッタデス。

ギターのカッティングからお約束の(笑)「涙をとめろ」そして小松くんのカウントから「ルーザー」へ。ってかもう終わりそうなくらいの勢いで飛ばす、飛ばす。だってルーザーでギター持ってない堂島始めてみたよ。堂島も最初のMCで「初日でも最終日のつもりで」「最初だから逆に何が起こるかわからない!」といいつつ自分はこのMCでアコギ持ってなくちゃいけないのに「アコギもってない!!」って言って笑いを誘う。またかっ!(金色クリアデイズレポ参照)

聞いたことのないイントロから「さよなら街の灯-シティライツ」アレンジかえてきましたね。なるほどこう来たか、って思った。さらにJAZZっぽいイントロでメンバー紹介ありつつ「なんて悲しい歌きいてるんだろう」「夢のスキマに」とアルバムの曲が続く。このあたりはですねぇ。まー腕の見せ所なんだろうけど、ちょっと厳しいかったなぁ。アレンジ聞きなれてないのもあるだろうけど、なんて?はすごい難しい曲だと思うよ。本当に。シンプルな分演奏が重要と言うか、ちょい弱いです。本当に。音何か足りないって思っちゃうし(これは明らかに足りないのはパーカッションなんだけど;爆)「25才」は堂島のアコギの弦が切れる。これまた弦が切れた途端どこかで動揺走って演奏最後ボロボロだったような。うーん、DVDの25才が一番好きな私としては…(以下略)

またアルバムの曲から「メロディアス」そして「冒険者たち」流れがなんとなくエンディングっぽい。って思ったらこの2曲終わって全員ステージ袖へ。そしてまた緞帳が下りる。

そして堂島くんが、3つのステージを使う番です。まずはステージ向かって右側の小ステージへ。堂島くん曰くはこの日はメインステージが「ホーム」ステージとすると。ステージから見て右側が1stステージ、PA前のステージが2ndステージ、そして左側が3rdステージと、野球のベースをイメージしていたらしい。なので、最初に登場したのは3rdステージです。「何やるか決めてないんだよねぇ?」っていいながら弾いてるメロディはなんとなく「黄昏エスプレッソ」だったので、この曲だろうなぁ。って思ったらまさしくそうだった。そしてこの日は何故か「ノックやる」との事でバット持ってきてボールを打ってました。でも1球目はとんだんだけど、2球目空振り、そして3球目は普通に投げてました。
今度は「そっちへ行く」と1stステージへ。どうやっていくのかと思ったら普通に客席を横断(爆)またフロアーも卒業式みたいに、人間アーチを作ってました。本当堂島ファンは(自分も含めて)どこかオカシイ。1stステージでも特にやる曲決めてなかったみたいでお客さんからいろんな声が飛ぶ。その中で「白百合?白の世界」をメドレーで聞かせてくれました。

またまたフロアーを通って今度はステージとホームステージの正面になる2ndステージへ。こちらでは「銀色クリアデイズ」弾き語りでした。この曲をこの季節に聞くのもなかなかオツなものかも?このステージは一番後ろから見てたことになるのですが、フロアー全体で「Yeah?」のところで手をあげてて、あーなんか盛り上がってるなぁ。って改めて思いました。そして私はここで絶対向き合ってバンドと演奏がアルハズ!って思ってたんですよ。そしたら「スリムな月」。緞帳の向こうからなんとパーカッションの音がするではないですか。もうビックリでしたよ。緞帳あがったら小松さんが電子パット叩いてました。おーよかった(笑)そしてクリンゴン小林君のスライドギターと、そして2ndステージの堂島くんのアコギと3つの音が交じり合う。いやー元々かっこいい曲だけど、さらにかっこよくなってる。いやーいいよ、いい。この3人素晴らしいじゃないですかぁ??。一番後ろなので堂島くん見てません。コバッチと小松くんの音に釘付けです。
ちなみに小松くん、Tシャツかえてました。ウフフ

堂島くんが戻ってくる間に、メンバーステージ全員集合して、取るリズムはSKAのリズム。このリズムは?どうしちゃったの?と思いつつ、堂島くん戻ってきてハンドマイクを木村さんの横にあったとても「不自然な」マイクスタンドにスタンバイ。えー堂島くん、ここで何を歌うの?って思ったらこのツアーでは「僕の好きなクリンゴンとNONAの曲をメドレーであなたにお届け!」との事でまずはクリンゴンの「君はどうせ雨」を木村さん&堂島くんで歌う。そして堂島くんは木村さんのキーボードを隣で弾いてました。この姿はQueを思い出す?。木村さんの声はいいなぁ。やっぱり好きかも。
それより気になるNONAの曲って何よ。え?小松くん歌ってしまうの?何歌うわけ?ってもう頭の中グルグル(笑)気になってしょうがなかったのですが、聞こえてきたのはNONA REEVESの「HISTORY」そう来たか!!しかも「堂島くんがHISTORY歌ってるよぉーーーー」ってとりあえず大声で誰かにいいたい気分でした。また郷太さんとは全然違う感じだったけど、これまたボーカリストな堂島を改めて再認識しました。小松くんも、木


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment





Getparty! All rights reserved.
Powered by WordPress