« | »

2012.01.16

1/15 怒髪天@中野サンプラザ



1/15(sun)
怒髪天
謹賀新年 新春ドラゴン・ツイスト”俺たちの琵琶ビリーナイト”
中野サンプラザ


怒髪天の新春公演も恒例化してきてるかな?
2年前は渋谷公会堂。
去年はツアースタートと言う事でZeppTokyo。
そして今年は中野サンプラザ。



渋谷公会堂の時にドリフでメンバーが客席から出てくるパフォーマンスが
あったので、今年も何かあるだろうと思ったら
なんとメンバーが獅子舞!

私の席はちょうど真ん中の通路の前だったので
獅子舞の通り道!見事。
手を出したら増子さんとシミさんに手をガブッってやられました。
本当は頭出したかったんだけど(笑)

しかしメンバー獅子舞で出てくるか?
やはり40オーバーバンド。
怖いものない(笑)

頭から大笑いさせてもらったので、もう半分満足(笑)

セットリストは久々に聞いたなぁ~と宿六小唄やN・C・Tなどもあったり。
まだまだ初めて聞く曲も沢山あり。

ライブ行くたびに増子さんのMCが面白かったり泣けたりするのが
怒髪天のライブのいい所。

坂さんの鏡餅を買い忘れて、さとうの切りもちを2つドンと並べて満足した話とか。
神様も逃げていくわ!という突っ込みが増子さんらしい。

アンコールでは新曲2曲。
1回目のアンコールでは琵琶奏者がステージ後方に出てきて
祇園精舎の鐘の声~と始まって
一体なにが始まるのかと思ったよ。

怒髪天のメンバーも出てきて、これまた渋くしびれる新曲を演奏。
これでこの日のタイトルの謎も解けたけど。
でも琵琶奏者は誰?
どうしてこんな曲なの?という疑問が残ったまま。

後日増子さんのBlogで

「日本屈指の琵琶奏者である田原順子先生を迎えての新曲「DORORO DERODERO ON DORORO」は、今春、SEGAより発売予定のゲームアプリ「百鬼大戦絵巻」とのコラボ曲です」

とのことでした。


この日2回目のアンコールも新曲で。
「この曲は詞を書いてて泣けてきた。
これから俺たちと俺たち界隈の指針になる曲だ」と自身を持って送りだす
「歩きつづけるかぎり」

他の人が手を放そうとも、
お前たちが手を離さない限りは、俺たちからは絶対手を離さない。
だからついてこいよ。
という増子さんの言葉がいつも以上に胸に締め付けられるライブだったのでした。

最後は寅さんの曲がかかりながら
「今日ここにいるみんなと、みんなが大切に思う人達”だけ”が
いい一年になるように」と1本締めでライブ終了。

今年も沢山怒髪天のライブ見たいなぁ~と思える
新春公演だったのでした。

あ、客だしのBGMは「俺たちのロカビリーナイト」(笑)
タイトルやっぱりこれパクってるよね!?

やはりここでもチェブームだったのでした(笑)

【Setlist】

俺様バカ一代/ロクでナシ/宿六小唄/生きててイイですか?/N・C・T/
喰うために働いて生きるために唄え/オオカミに捧ぐ/俺たちは明日を撃つ/
俺流/旅路/ど真ん中節/ギターマガジンの歌/吠-HOERU-郎/GREAT NUBER/
NO MUSIC NO LIFE/オトナノススメ/ニッポンラブファイターズ/酒燃料爆進曲/
-en01-
祇園精舎~DO RORO DERODERO ON DO RORO(新曲)
-en02-
歩きつづけるかぎり


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">