« | »

2010.03.26

3/20 ロックの学園

IMG_1258_1
3/20(sat)
ロックの学園2010
TRICERATOPS 他
旧神奈川県立三崎高校




まずは1日目の目当ては
TRICERATOPS With 西寺郷太。

本当は授業も参加したかったんだけど
こちらは後ろに予定があったので
(予定があるのに三崎口まで行くかー?というのは
突っ込みどころです)
残念ながら不参加だったのですが、
ライブならいけるか、と思わずチケットをポチッっと してしまいました。



次の予定との時間を逆算し、
ギリギリ加藤ひさし先生(Fromコレクターズ)の
授業も受けられるか、ということで
11時ギリギリでしたけど
なんとか抽選にも間に合いました。

各教室を見てまわったり、腹ごしらえもしつつ
いざTRICERATOPSのライブ。

私の席は2列目の46番という、
絶対吉田さんは見えない席だろうな、と予想の元に
行ったのですが…
吉田さんが見えないどころか…


席 が な い。


結局招待席用でとっておいた席なのかな、
番号がない席に案内されたんだけども、
なんだかなーな気持ちでライブスタート。

でもこんな前でトライセラ見るの
はじめてかもーー。

【Setlist】
Silly Scandals/I GO WILD/Canとcan’tのパスポート/
シラフの月/陽炎(フジファブリック)/
Rock With You(with西寺郷太)/GROOVE WALK(With西寺郷太)/
彼女のシニヨン~キモちE/FUTURE FOLDER /Raspberry

和田くんの最初のMCからして
「みんな、おはよう!」だったよ。

わはははー(笑)

新曲は「CanとCan’tのパスポート」
これが、なんかガツンと来たなぁ~。
次のトライセラのアルバムもかなり楽しみになりましたよ。

フジファブリックの教室に貼ってあった
和田くんからのコメントにあったように
この日もフジファブリックの曲を1曲「陽炎」を。

CDJの時よりも納得して聞いてたつもりだったんだけども
歌う和田くんを見てたらやっぱり泣けてきて
仕方なかった。やっぱりダメみたいです、私。

郷太くんを呼び込んでやったのは
TRICERATOPSではおなじみの「ROCK WITH YOU」
郷太くんもTRICERATOPSのことを
「スーパーバンド」というように
本当この3人だと何でもキチンと音になってしまうのがすごいな~と
いつも思う。
ROCK WITH YOUのベースラインはかなりヤバイ(笑)

そして郷太くんもかなり楽しそうに歌っていたね~。
でも最初はあまり声が出てなかったように思ったけども。
後半は持ち直してたかな。

TRICERATOPSの曲をやろう、ということで
最初に郷太くんが選んだ曲という事で
彼がそのとき言った曲が
「Warpと”キャプテン・オブ・ザ・シップ”で」

というと和田くん大爆笑。

本人も「あーキャプテン・オブ・ザ・シップは
長渕剛の曲だ」とわかり
「THE CAPTAINやー」と言い直しましたけども、
和田くん笑いとまらず。

しかし郷太さんが最初選んだ曲としては
すごく意外でしたわ~本人曰く「リフ曲がいいかと思って」 との事で選んだそうですが。

やっぱり、違う曲ということで
「GROOVE WALK」でしたが
仲良く楽しそうに二人で交互に歌ってました。


後半は「校長も不在だから
みんな好きなように盛り上がってくれよ」と。

「あ、でも好きなようにといっても
迷惑かけちゃダメだよ。なんといっても
ここの校則は”愛しあってるかいっ”だからね」と。

和田くん、うまいな。


そして「彼女のシニヨン」から
清志郎さんの「キモちE」に。
うおーこう繋がるか、と。
TRICERATOPSが清志郎さんをコピーするとは
思わなかったので、こっちはビックリ。
でも盛り上がってたよー。
そんな様子はTRICERATOPSの
MySpaceで見れたりしますので、検索してみてくださいませ。
(早速アップされててビックリしました)

しかし最後の「Raspberry」はベースの音が出なくなり(涙)
多分返しのモニターの音は出てたので
その音が少し聞こえてて。
林くんもそんなには焦ってなかったんだけども。
明らかに出てない。
だって歌も終わる頃に急に ドンッと音が大きくなり。

特にスタッフもあわててなかったので
え?気がついてないの?と思ったけども。
なんだったんでしょう?
もしRaspberryの放送があったとしても
テレビでもきっと問題なく音は出てるかと思うんだけども。
一体何があったんでしょうか。
最後の最後に残念だったな。


TRICERATOPSのライブが終わり
Blogで加藤先生の授業の当選番号を確認。
私だけが当たり
一緒に行ってた友達はハズレ。
ウーン、やっぱり抽選だとこういう事になるんだよな~と。

気にしないでせっかくだから
行ってきなよー、のお言葉に甘えて
加藤先生の授業。

当初13時30分~という事だったのですが。
少し遅れるとのご案内。
うーん、私にとってはその遅れるのが致命傷なんですが。
ケツカッチンなんだよぉぉぉ(涙)

日直の素生くん(FromGOING UNDER GROUND)が
どうやら遅れてきたらしいです。

10分送れて授業スタート。
加藤先生の場合
「起立、礼」ではなく。
「起立、イナバウワー」なんだよね。
もうそこからいちいち加藤節。

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00821/v09239/v0923900000000535294/

そのあたりはここを見ていただけると
わかりやすいんじゃないだろうか。

あと続BSフジイを見ていただいた方には
よくわかりますよね。

この日のテーマは
「ロック天文学」

いちいちおかしいんだけど
話がアチコチに飛ぶので、レポというレポは
出来ずにすみません。


少し行くのが遅くなってしまったので床に座っての
受講でしたが、
いやー床を叩いて笑ってしまったよ…。

期待を裏切らない、尾崎のバイクやら
チーターもあり。
これぞ加藤先生の授業でしたね。

最終的には
中島みゆきの「地上の星」の買えうた
「非常に無理」というタイトルでのセッション
だったことを言っておきます。

本当に楽しい授業をありがとうございました。

しかし素生くんの遅刻は痛かった・・・
終わったのが14時30分。
私はこの時間には電車に乗ろうと思っていたのに。

待っていてくれた友達と合流し、
急いで駅に戻り赤坂へ向かったのでした。
(結局開場時間に間に合わないことがわかり、
品川からタクシー乗りましたよ・・・;涙)



Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">