« | »

2003.09.28

9/28(sun)岡村靖幸

フレッシュBOY TOUR”
ZEPP TOKYO(B-679)・東京都


RIJでは見られなかったので、友達に「行かない?」と言われ思わず二つ返事。


でも実はアルバムは1枚聞いた事あるかないか、だったのでちょっと前に「靖幸」と「家庭教師」をレンタルしてきたにも関わらずほとんど聞いてなかった。というのも今回の復活ツアー、絶対懐かしい曲なんてやらないんじゃないか?って思ってたからでもある。でもライブ行く前に家でちょこっと聞いて失敗って思った。いやーいいじゃんか?。ちゃんと聞いておきたかったよぉ。と思いZeppに出向く。
開場30分押し=開演30分押し。日曜なのに何故か19時スタート。ツアー初日だし、仕方ないかなぁ。などと思いつつ、開演を待つ間のSEはクラッシック。開演を待ちきれないファンは拍手で岡村ちゃんを促す。本当待ちきれない、と言った感じがあふれんばかりでした。
これから大阪、名古屋あるので曲など書かない方がいいかなぁ。でもね。私がよかった、と言ってるくらいだから知ってる曲も結構あったし…ここに岡村復活!って感じだった。顔は結構メイクでごまかしてる感じだったけど、体はねぇ。やっぱり大きかったよ。正面で見るより横で見るのがつらい感じだったなぁ?。某懐かしい曲で、後ろの男の人が本当大合唱で岡村ちゃんの声が聞こえなくなってしまったので、ブチ切れ。その様子を見た私の友達が言ってくれた。本当歌いたかったら前に行って欲しいよ。でもそんな大合唱も岡村ちゃんにとってはうれしかったんだろうけどねぇ?。
1時間くらいで一旦ステージ終了。いやー短いかと思ったけどここまで短いか?って思ったさ。でもその後アンコールで1時間30分くらいあって(笑)大満足。2ステージ見せてもらった、っていう言い方が正しいかな?途中でピアノの弾き語りがあったんだけど、この選曲がすごいよかった。うーん、半分泣きそうでしたねぇ。
本当に岡村ちゃんは岡村ちゃんの世界なんだけど(笑)でもあれらの曲を10年以上も前に出してたんだから随分時代を先取りしてたもんだ。ちなみに私が中学生の頃の話で、当時は実は嫌いな部類だったんだよね?こういう音楽。今でもDJ入ったものとかあんまり受け付けないんだけど、生楽器とDJの融合はこれまた岡村ちゃんの新しい挑戦なんだろうな?と思ったよ。
今回のツアーは休業してた岡村ちゃんの「リハビリ」ツアー(自分でも雑誌でそう言ってるし)これからまた新しい音楽を作って行く事になるだろう。その時にはまたどんな岡村ちゃんになるのか?21世紀の岡村靖幸はまだまだ始まったばかりなのである。そんな風にライブ見ながら思った。


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment