« | »

2009.10.18

10/15(thu)ファンタスティック・アカデミー@UNIT

10/15(thu)
NONA REEVES・堂島孝平 他 
ファンタスティック・アカデミー
代官山UNIT



堂島くんに
「ここにいる人たちにとってのビック2の競演」って
言われましたけどもね~。





本当、ビック2なんだよな~
でも、ピークは過ぎているような気もするんだよな。


堂島くんは楽しそうにライブやってました。

多分「なんて悲しい歌聴いているんだろう」は
ライブではじめて聴いたかも。
この間WHITE AND BLUEを聞いていて、
聞きたいな、って思っていた
「新しい季節にウォーミングアップ」を聞けたのが
なんだかとてもうれしかったり。

HAVE A NICE WAY!のイントロの
サンバのリズムで
何故か堂島くんが「ウフォウフォ」と
ゴリラだかなんだかの物まねを一人。
そうすると後ろからも、そんな声。
その声の主は小松シゲル。

堂島くんが「あれ?」と後ろを見ると
小松くんが
「ウン?」って顔で堂島くんを見る。

その顔がズルイ小松シゲルなのでありました。

その後何故か堂島くんが
♪ガンバ、ガンバ~って
ガンバの大冒険フルコーラスには大うけ。

さらに
♪天国じゃなくても~
って風になりたい、だったのも大爆笑でした。


しかし相変わらず堂島くんのライブって45℃とかやらないと
盛り上がらないな~って言う印象。
堂島くんも45℃の前にダンスナンバーって叫ぶけどさ。

他の曲は本当みんなじっーーと聴いてるよね。
不思議な光景。



【セットリスト】(順不同)
Still/高速の男/新しい季節にウォーミングアップ/新曲/
なんて悲しい歌聴いているんだろう/HAVE A NICE WAY/
ナイトグライダー/45℃/LUCKY SAD





続いてのNONA REEVESは、転換中にビールを飲んでいたら
出遅れてしまって、1曲目はカウンターの前でテレビ観戦。


NONAも気がつけば去年のHiPPY以来見てない。
アルバム「GO」もそれほど聞き込んでいるわけでもなく。

ここ最近はNONAは4人体制(NONA3人+ベース)
一時期、そんな体制で見てたときに
「このライブはこれで限界だろう?」って思って見てたし
(奥田さんのピアノ弾く姿はまさしく王子だったけどさ)
やっぱり4人じゃなーって思い
敬遠してた部分があったのですが・・・

1曲目の「LOVE TOGETHER」から
もう「ゴメンナサイ」でした。

そんなこんなで我慢しきれずに
2曲目の時に
フロアーに降りたんだけど、前に行けずに
一番後ろで足止め。

まわりで荷物持ってる人もすごく多くて
ギューギューだったんだけども、
関係なく4人の音に踊ってきました。

中でも自分で恐ろしいくらい「これヤバイ」と思ったのは
「Do_It_Again」と「Hey,Everybody!」でした。
なんだよ、私結構「GO」が好きなんじゃないのか、って思ったよ。

あれだけ昔文句ばっかり言ってた「LOVE ALIVE」も
ライブでやるとやっぱりめちゃくちゃかっこよくて。
これを4人で出来るのは
ライブいいじゃん、NONA、って思えたよ。

もっともっと、いろんなところで
挑戦的にライブやってって欲しいな。せっかく
郷太くんの名前が違うところで知られて
興味もたれてる存在ならば。

ちなみにそっちの方は
「今年1年間は頑張る」って事に決めたようです。

デーブさんや小倉なんとかさんに任せておけないそうです。


ちなみに私のその本は今会社でグルグルまわってます(爆)
ついでにNONAのCDも付けとけばよかったか。






【Setlist】(順不同)
LOVE TOGETHER/透明ガール/A-ha/I WANT U BACK/
Do_It_Again/Hey,Everybody!/Clappin’(だったかな、自信なし)/
DJ!DJ!/LOVE ALIVE/NARCISSUS(strikes back!)/NEW SOUL




アンコールは、 今回のために作った堂島くんと郷太くんの
競作である「ファンタスティックアカデミー」を。
前回の競作でもある、
スパークリングバケーション的な感じを
想像してたので、いやいや全くもって
想像を裏切られた曲で楽しすぎました。
ここでもオッケンのギター炸裂でして
大満足。

あの後アンコールあったのかな?
次の予定があったのでさっさと会場を出てしまった私なのでした。

あ、しっかりとHiPPYのチケットは買ってきたよ。

この日のNONA4を見て、あーこの音に
パーカッションが入るのか、って思ったら
楽しみなのです。


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment