« | »

2003.09.10

9/10(wed)堂島孝平

俺ひとりライブ?STAR PINE’S CAFE presents Happy “6” Anniversary!!?
9月のビッグ・ウェンズデー”
吉祥寺STAR PINE’S CAFE(110番)・東京都


俺ひとりライブは2月以来。2度目。


2月のライブが楽しかったので今回も非常に楽しみにしていました。夏のイベントは何一つとして見れなかったので堂島ライブもすごい久々。はてはてどんなビックウェンズデーになるのか?
スターパインズは2度目。初めて行ったときは椅子あり、だったので今回も椅子あり…だと思ったらなかった…(涙)ひとりライブだからじっくり聴きたかったよ?と思ったのもつかの間。19時30分ジャストに堂島くん出てきて、リッケンバッカーを奏でて何を歌うかと思ったら♪思い出を?焦がしつけるように?とえ?45℃?サビ終わったあとにバックトラック流れ、そしてミラーボールが周りすでにダンスフロアー状態(笑)「ひとりだからってなめんじゃねーよ」と堂島くんのテンションも高い、高い。右へ左へ。お立ち台に上り、しまいにはお客さんにセンターに道を作れ合図、早速ステージ降りて踊る(笑)「モーゼみたいです」だとか(笑)←10戒を意識してる?ステージ降りながらも「歌わせろ!!」とか。本当笑わせてくれる堂島、最高っす。やっぱり楽しい。私のテンションも一気にあがる。やっぱり”45℃”好きだわ?ステージ戻って間髪いれずにギター弾き語り。そしてトラブルが起こってるとか…「あるハズの譜面台がないの」そしてゲルくん(ローディー)に「こらーーー」って言う堂島。なかなか見れないよ(笑)そして聞こえた曲は”ずっと僕達は”からメドレーで”?”ヤバイこの曲だけわかりませんでした…すみません。でも私がわからなかったという事は昔の曲なんでしょう…とにかく堂島くんのギターが鳴ってて、その歌とギターの勢いが半端じゃない。そしてすでに堂島くんも汗ビッショリ?私も暑い!
MCではスターパインズのステージをいつもよりあげてもらった、とのことでした(笑)私は左側の10列目くらいで見てたのですが、そのおかげかすごい見やすかった。センターでギター、上手にピアノだったので、両方ともバッチり見えて二重丸!そしてきょうのライブのことを先に暴露「冒険ライブ!」だとか「実験ライブ」だとか(笑)そして堂島くん自身もどうなるかわからないとの事?。でもそんな心意気と冒険心がやっぱりうれしいです。本当は黙って冒険心を出そうと思ったらしいんですが、結局言っちゃったと苦笑い。それも堂島くんならでは?
打ち込み使って、そしてハープをセットして久々にやる曲ですといって始まったのが”白百合”これまたトゥインクルからの選曲。人気の高い曲でもあるし、もちろん私も好きな曲。はじめてきけてやっぱりひとりライブならでは、と思いましたね。
そしてひとりライブならではのカバーも盛りだくさん。まずは杉真理さんの”Catch Your Way”(先日Disco☆Starとのライブでもやったらしいんですけどね)杉さんの曲なんだけどやっぱり堂島が歌うとカバーではなくて堂島の”モノ”になるところがすごい。そしてカバーが終わったあとが、今回のひとりライブの実験第一弾、ということで「カバーした曲のオリジナルバージョンをみんなで聞こう!」というものでした。堂島曰くは今日のライブは「DJイベントも含めてだから」と言っておりました。こういう心意気は先日の角野さんとのトークショーの時に培ったものかなぁ。って思ったりもして。あえてオリジナルをみんなで聞いたり、その曲にまつわる話を堂島くんがしてくれたり、ってのは個人的にはとてもアリだと思うし、聞いてて楽しい。ジャケットなども用意してたらしいんですが、この時はすっかり忘れてたみたいで、のちほど「あーさっきかけた曲のジャケット?」と見せてくれました(笑)
そして堂島ギターカッティングしながら「ここでゲスト?」と呼ばれたのは「ハイテンションプリーズ!」バンマスの八ツ橋さん。シャツにメガネ姿。どこかの予備校生みたい…「僕の町へようこそ?僕は吉祥寺に住んでるんですよ?」その間も堂島くん一生懸命ギターひいてるのに、「暑いですね?」とか言うもんだから堂島くんギターをとめ「いつまで弾けばいいんですか?八ツ橋さん!」と。そりゃ怒るわな(笑)そして仕切りなおし。「リズムなんていらないんだ?ドラムなんていらないんだ?お前たちがドラムなんだよ、小松茂くらい汗をかけ!」って言われちゃいました(笑)そして二人だけで”ハートのルージュ”堂島の高いテンションにお客さんがちょっとついていってないような気がしちゃいましたけど…勿体ない。のったもん勝ちなのに??。そして打ち込みにあわせて始まったのは”涙をとめろ”めちゃくちゃ聞き飽きてる曲だけど(笑)でも斬新な感じでとてもよかった。しかし、涙をとめろ、はいつもAメロの歌詞を堂島くん間違えるんだよね…私も覚えてないけど。この曲だけは「あ、間違えた」って思うんですよ?ちなみに二人のユニット名は堂島×八ツ橋で「ドンパチ」だそうです。「ドンゴンってのもあるんですけどね?」ってアイゴンの話になりました。「本当はアイダさんを呼ぼうと思ったんですけど」の言葉にちょっと反応。なんで出してくれないのよ?の答えは「暑いし、話長いし、うるさいし」との事です(笑)「出てきたら大変だよ」って言う言葉に妙に納得。でもドンゴンも期待してただけに、ちょっとドンパチは期待ハズレ?←かなり失礼。そして吉祥寺ということで井の頭公園の話とか…ジョージはいつもきれい好きの「ジョージ」の話とか。そのたびにみんな「へぇ?」とトリビア状態(笑)わかってらっしゃるお客さん(笑)そんな話を八ツ橋さんがしている間に堂島くんピアノに移動。火星の話になる。なぜか「マーズ」と英語発音。45℃は「ビーナス」金星をモチーフにした曲だけど、今回は「火星」をモチーフにして歌うとの事で、八ツ橋さんと堂島くんのピアノだけで”45℃メロウバージョン”45℃はこんなのもありか?って改めての発見。星の話をしてたけど、なんか通常の45℃よりもなんか宇宙的なものを感じてました。しかし、2フレーズ目の♪この気持ち気づいてサンキューゴッド 空をめぐるマーズ♪で終わってしまいました(笑)これまたかなり斬新。へ?終わりかよ?って(爆)
八ツ橋さん去って、また打ち込みのリズムが流れて堂島くんのピアノで”うらら”「トゥインクル」からの選曲多すぎです。でも多分もうこれらの曲が聞けるのは滅多になさそうなので、貴重な時間。堂島くんの奏でるピアノがとても心躍る1曲でした。ピアノを弾きながらリズムマシーンを止める堂島くん。ひとりライブならでは、ですね。
そしてもう1曲ピアノでやったのは佐野元春さんの”I’m In Blue”アルバムSOMEDAYに入ってる曲で私でも知ってる曲でちょっと安心。しかし本当に堂島くんは元春さんが好きなんだよね?そういう堂島くんを見てるとちょっと安


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment