« | »

2003.07.19

7/19(sat)堂島孝平

“2003初夏ツアー この気持ち45℃ Plus!?”
CLUB CITTA’(A194)神奈川県

CITTA’万歳!なんせ家から一番近いライブハウスだもの?。


この日は午前中は仕事。適当な時間に切り上げて川崎へ。ちょっとした買い物(巷はバーゲン;笑)をしつつCITTAへ。17時開場だと思って17時15分頃行ったらまだ開場してないし。チケットよく見ると17時30分オープンだった(爆)まってる間隣の人と話してるとどうやら彼女は広島からやってきたらしい?うーん、すごいぞ。
開場入ると、お約束通りセンターに花道がある。ホール真ん中よりちょい後ろくらいまで。なので後ろの人にも十分見られるんじゃないかな?一緒に並んでた人に「前に行きましょうよ?」と言われるが、前行くと花道で歌う時後ろ姿しか見られないからいいです…といって。花道センターステージの左側にて一人で開演を待つ。
長袖シャツで堂島くん、登場!1曲目「涙をとめろ」ハイプリの十八番。デタ!って思いながら聞いておりました。そして2曲目は「45℃」ミラーボールまわり早速花道つかってセンターステージに!!昨日不完全燃焼だったもので、なんだか自分の気持ちがハイテンションになっていく感じがわかる(爆)ヤバイよ、ヤバイ。「ハートのルージュ」チン☆パラに提供した曲のオリジナルバージョン「旅立つココロ」「7月」とこのあたりは本公演と変わらず。そしてメンバー紹介。
堂島くんは長袖失敗って事で、半そでに着替えに行く。その間はドラムの小松くんON STAGE。マイクもってセンターステージにやってくる。そして本当に汗ダグ。センターに歩いてる時に汗がポトポトしたたり落ちてる。そして今やっと自分が汗っかきであった事に気がついた。って言ってました(笑)テンション高いMCが笑いを誘う(笑ってたのは自分だけ?)その間に堂島くん半そでのシャツ着て戻ってきました。(リキッドと同じ、白に青の柄シャツ)その後、なおみち。俊ちゃんとメンバー紹介したあとに、八ツ橋さんを抜かそうとするのもおかしい。
そしてノリのある曲3連発って事で「夜間飛行」「カナシミブルー」「スカイドライバー」(順不同、あってるかも微妙;笑)カナシミ?ではこの日のゲストNONA REEVESの奥田健介さんがギターで登場!また登場の仕方がかっこよい。実は私バックバンドおっくん派だったのよね…久々に見るお姿に見惚れる。
でも1曲で去って行ったけど。そして堂島くんハンドマイク持って一人でセンターステージへ「TONE RIVER」多分ライブで聞くのは初めてです。この時ほど、自分がセンターステージ見える位置に陣取っていてよかったと思うのであった。TONE RIVERで後姿は悲しいよ?ってか多分後ろ姿しか見えなかった子は、センターステージで歌うなよーと思ったに違いない。しかし照明もブルーを基調としてキレイだったな?。
堂島くん一人ON STAGE。この日は電車に乗ってたらの話。前にいた子供が中吊りの広告に書いてあったとなりのトトロのめいちゃんを見つけて一緒に乗ってたお母さんに中吊りを指しながら「めいちゃん、めいちゃん」と言っていたらしいんです。で、その矛先は堂島くん及び一緒に座っていた人へ。まず堂島くんの右隣に座っていたおばちゃんに向かって、子供は「さつき、さつき」って指差して叫び出しだそうです。そして左隣にいた人に向かって(ちょっと小太りのおじさんだったらしい)には「トトロ!トトロ!」って呼んだらしいんですね。そして堂島くんの番です。まー普通なら「お父さん、お父さん」って呼ばれるだろうなーって思ってたらしいんですよね。でもその子供はそんな予想を裏切り堂島くんを指差し「ネコバス、ネコバス」って叫びだしたそうです。会場大爆笑。本人も「ネコバスじゃないし」って言ってました。オカシスギです。結論は子供の発想は面白いね。って事だったんだけど、でもネコバスだよ。ネコバス。堂島くん見るたびにネコバスを思い出してしまいそうです。
そして堂島くんギターで弾くのは昨日と同じ「永遠のBLOOD」でした。
そしてギターとマイクを持ってセンターステージに移動。ここで呼ぶのはもう一人ゲストのNONA REEVESの西寺郷太。SMAの堂島日記にも書いてあったように、2人で曲を作ってきてここだけの披露は「SPARKLING VACATION」ミディアムスローなナンバーは聞いてて気持ちいい。この日だけでは勿体ない。郷太さんは「トミナガさん(堂島くんのマネージャー)この曲どうしますかね?」と突然言い出すし。でもどこかでCDにしてくれたらうれしいな?しかし郷太さん出てきてからしゃべる、しゃべる(笑)舞台監督さんに、どのくらいしゃべっていいですかね?って聞くし。面白すぎです。
郷太さん去って、堂島くん一人でまたまたセンターステージ残る。そして演奏したのは「ピュア」ほとんどマイクに声を通さず、歌ってくれて、しかも結構近くにいたもので一人で感動してました。あーやっぱり堂島はいいな。と改めて思った次第。
ステージ戻り、多分ここで「高速の男」(このあたりは曲順は記憶になし)「チェブラーシカに口づけ」この曲はファンクラブ限定CDって事で私は知らないんだけど、かなり盛り上がる。なおみちはシンセベース。最後なおみちがシンセベースを弾くのをやめて、ステージを左右、そしてセンターステージまでテンション高高ダンス披露。しかしそのダンスの途中から堂島くんがシンセベースを弾き、なおみちの帰る場所がなくなり(笑)結局そのまま演奏終了!(爆)「25才」で堂島くんのギターの弦が切れたのは、リキッドだったか?(笑)失礼。「New Freedom」は個人的にすごく好き。もうFreedomとは全く別の曲として考えてるからかもしれないけど。イントロの部分で八ツ橋さんと堂島くんがJumpしてるんだけど、それにつられてジャンプしてると私まで汗だく。でもこの日で聞き納めかと思うと悲しい?
そしてもう1回、郷太さんと奥田くんを呼び込み、NONAの「I LOVE YOUR SOUL」(堂島くん曰くドライブで聞きたい曲NO.1)その勢いのまま「CHOCO ME BABY」えっと会場すでに45℃超えてます。ってくらいヒートアップ。そして郷太さんと、堂島くんがセンターステージを交互に移動する様はどこかのアイドルグループか?って感じでした(笑)なかなかオカシイし息ピッタリって感じでなかなか面白いものを見たような気がします。途中で堂島くんが奥田君を肩車してたかな?そして最後は「ルーザー」やっぱり大好きルーザーです。
アンコールは小松くん、これまたセンターステージ登場。俊ちゃんの出したリズムにあわせて踊りまくり。リンボーダンスまで披露してくれました。そしてこれまたいつも叩く電子ドラムを堂島くんが叩きだします(笑)なおみちに続き、小松くんも帰る場所なくなってしまってました(笑)もちろん、電子ドラム交代し、曲に入る前に何故か「めくれたオレン
ジ」を歌い出す堂島くん「スカパラに愛を込めて?」そして「加納さんにも愛を込めて?」「RIN JIN RIN JIN?」「タツさんにも愛を込めて?」とGGKRのメンバーに敬意を示す堂島くん。さらにこのツアーに関わってくれた全ての人に愛を込めて?と言う堂島くんは、なんだかとても輝いて見えた。そして♪思い出を?と「45℃ Extended Version」45℃はライブではこのExtended Versionの方が好きだなーちなみに堂島くん2番の歌詞間違えてましたけどね。まーあんまり気にしてないけど。
この日は45℃で一旦下がり、2回目のアンコール。スタッフを軽く紹介し、きょう見に来てくれた人にいい事がありますように、と「サンキューミュージック」
 ♪その手で指で髪で胸で 夢見させてくれてサンキュー
  思い出をくれてサンキュー
みんなで歌ってこの日のライブは終わった。

≪総評≫
私はやっぱりGGKRが好きです。でも今回のライブ見て最初の横浜の時はどうなるかなーって思ったのも1ヶ月まわってきた自信ってのかな?リキッドとチッタでは完全ではないけど堂島くんの今の荒々しさみたいなものを感じて最終的にはこのバンドでよかったのかも?って思うようになってきた。まー好き嫌いは最後まであったけど(笑)堂島孝平のライブとしては最終的には楽しめたし。改めて堂島くんの音楽を好きになったリキッドとチッタでもあった。
シングル出すって言ってたし、アルバム用の曲も作ってるって言ってたので、この夏?秋以降の堂島くんの動きもチェックしたいところです。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Getparty! All rights reserved.
Powered by WordPress