« | »

2008.04.02

3/31 スカパラ@赤坂ブリッツ

3/31(mon)
東京スカパラダイスオーケストラ
TOUR2008″PerfectFutureTour”
赤坂ブリッツ



5年ぶりの赤坂ブリッツ!待ちに待ったライブハウスの再オープンです。
赤坂ブリッツの再オープンが、この時期に決まったときから
スカパラさんのスケジュールの中に「赤坂ブリッツ」の名前が入るとは思っていたけども
ギリギリオープニングスケジュールの中に入ってくるとは。

必然的にテンションもあがります。

そして何と言っても、新木場にいけなかったので
この日が私的初日です。
ま、各所で新木場も、滋賀のネタバレを見ていたのではありますがね。
でもやっぱり実際見るのと違うもんね。百聞は一見にしかず。

始まる前は久々にドキドキしてました。
それはもちろん、うれしい気持ち。
やっぱりライブはこういう感覚だよね。

ということで以下ネタバレ。


新木場にいけなかったので、私的初日は、新生赤坂ブリッツ。

ロッカーの数が少ないと聞いていたので、早めに入場。
箱の中に入ると、やっぱりまだ新しい「匂い」がする。

そして全体を見ると、旧ブリッツより狭いかな?という印象。
旧ブリッツは、AXよりも大きかった印象があるんだけども。
今回の赤坂ブリッツは、もしかしたら横浜ブリッツよりも狭いかもしれません。
下手すると横浜よりもこじんまりしてるかも?

右側にて開演を待っていると見慣れた顔が続々と。


今回のステージセットは、上手に大森さんのパーカッションセット。
上手から大森さん、沖さん、センターに川上さん。下手方向に、
欣ちゃん、そして加藤くんと、5人は半円描いた感じの位置。

新木場に行った友達から聞いてはいたんだけど、
やっぱり実際見てみると、新鮮。
でもちょっと心中複雑(笑)


いつも通りのSE「スゥエーデンの城」が流れてライブがスタート。
いつもよりSE長いなぁ。と思っていたんだけど、
ちょっとトラブっていたのかもしれないなぁ。


アルバムと同じく「Perfect Future」からスタート。

新しい曲から始まると、FACTORYの時にも思ったけども
やっぱりみんなの反応が若干おとなしめ。

ですが、やはり2曲目の「All or Nothing」のイントロが流れれば
そりゃもう、フロアーぐちゃぐちゃだ。
そのままの流れで「TONGEUS OF FIRE」なんだ?コレ。
しょっぱなから加藤祭りですな。

谷中さんのMCはいつも通りな感じで、大変失礼な話全く覚えてません。

「A Song For Athletes」がこんなに前半なのに驚いた。
ハッピーソング的並びかな「Call From Rio」
何気に久々に聞くなぁ~。


しかし一転しての「Warrior Chant」
アルバム聞いた時からかっこいいなぁ~と思っていた1曲なので
ライブで聴くのを楽しみにしていたんだけども、
こういう渋い曲は照明が本当キレイで、臨場感アップです!


さらに違う意味での臨場感をかもし出すのはやはりGAMOさん。
「Punch’n’ Sway」
「Punch♪」「Sway♪」で、GAMOさんにあわせて、みんなで踊ります。
GAMOさんも右へ行ったり、左へ行ったりね。

「NATTY PARADE」や「SOUL GROW」で今まで繰り広げられてた
GAMOさんショーでしたが、
これはまた、今までとは一味違うような、でもGAMO WORLD全開な、1曲で。
新しいショーの幕開けを感じました。

NARGOさんがピアニカ持って「SKA ME CRAZY」
前半は左側で後半は右側で歌ってたのを確認しましたが(←誰の確認?笑)
気にせず踊る、踊る。

欣ちゃんのMC
「赤坂ブリッツ大好きな箱が復活してうれしい」というような話だったような。


そして「女神の願い」
演奏もうたも日本武道館の時より全然よかったよ。
谷中さんが「さよなら」してましたけども。


そしてここで、聞きなれたイントロ~。
キターよぉー
「花ふぶき ~愛だろ, 愛っ。~」
この桜満開のこの時期に聞きたかった1曲です。
新木場でやらなかったので「この時期にやらないで、いつやるよ」って
思っていたんだけども~。
昨年はフリーライブ以来。あの時は桜が咲いてなかったので
リベンジと言ってもいいかもしれませんね。
手拍子は大森先生をお手本に宜しくお願いします。
(会場全体見事にバラバラだった)

花ふぶきが終わると、
まわりにいた友達が「来るよ」「来るよ」って顔をしながら
ニコニコしております。
冷牟田祭りの「964スピードスター」
加藤くんとのギターバトル大会です。

そしてうまい具合にシンセイントロへ。
「太陽にお願い」
そして「オラに力を」と、何故か皆さんドラゴンボールですけども(笑)
面白い。

GAMOさんMCで「この曲で踊ってくれたらうれしいです」と
「Last Temptation」
一旦あがった空気を、落ち着かせます。

ですが、やはりこの人のバリトン聞いちゃったら、踊らずにはいられねぇ~の
「Latin Scorcher」へ続きますよ。

しかし、この日、谷中さんの最初のバリトンの音があまり出てなかったような気がするのです。
個人的にはそれがすごく残念で。私の気のせいかなぁ。
そのせいで、
いまいちテンションあがらなかったんだよ。好きな曲なのにな。

「ルパン三世」は中央で、ビブラを叩く川上さんが素敵すぎる(笑)

ルパンが終り、ホーン隊が下がるのですが、
谷中さんがセンターに陣取っていて笑ってしまいました・・・ヘヘ。
あわてて下がっていきましたが。


聞こえてくるのは耳慣れないDubのメロディ。
川上さんがノリノリでベース弾いてますよ。
あー気持ちいいなぁ~と酔いしれる たのは「You Are A Miracle~ナイスなオマエ」
今どうしてこの時期にコレ?をこのアレンジで?という、なんとも
意表を突かれたわけですが。
大好きな1曲なので、この選曲にはとてもうれしかったです。

すみません、全く「All About My Monster」の記憶がないわけで・・・。


そして1曲目にも演奏したのに、ここでまた改めて演奏した「Perfect Future」
コンガの音に酔いしれる私。
やっぱり私は大森さんは動物の皮(笑)を叩いているときが
一番好きなんだよ。

そして楽曲の勢いが明らかに1曲目に演奏したときと違うのね。
もう鳥肌が立つほどのいい演奏で。
ヤバイ、改めて好きかもーって思えた瞬間でした。
そして途中で大森さんのソロと欣ちゃんのソロもあり。
この1曲に全て持っていかれた気がします。

ここで終わってもよかった、と言ったら間違いなく加藤ファン怒りますよね。
でももうここまできちゃうと後は個人的には「おまけ」みたいなもんで。

「WhiteLight」と「Pride Of Lions」
「Pride Of Lions」は、始まる前に明らかに「KEMURI」Tシャツを着て待ってる方を
沢山見たので、期待していた方多かったと思います。
いや、私も期待しておりましたもの。

滋賀のネタバレにて、誰が歌うのかは知っていたものの、
ギターの人が歌いだしたときには一瞬私たちの近くにいた皆さん
沈みましたよ。ガックリなのか、爆笑なのか。いや、両方ですね、きっと。
イヤー落胆ぶりもあまりにもおかしくて、期待を裏切りませんよ、皆さん(笑)

しかし気持ちよさそうに歌い、自分のギターソロやって。
どんだけ祭りなんだ!と。


アンコール。新木場でも披露していたという冷牟田さんの二の腕。
(素肌にベスト、数年前よくこの格好をしておりました)
冷牟田さんの姿を確認出来た途端に何故、うちら的万歳三唱。ヘヘ。面白すぎ。


アンコール、1曲目は「ゴッドファーザー~愛のテーマ~」
特に、ふったわけではないのですが
MCではほぼ全員がMCします。

加藤くん「また東京戻ってきます。NHKで会いましょう」

欣ちゃんは、谷中さんがしゃべって~と催促するも、お話せず。
それを受けて谷中さんの紹介が
「絶対、失神しないドラマー、茂木欣一」と紹介し始める。
それって…。(爆)
そして欣ちゃんはドラムの上で失神する真似を。
大爆笑です。

川上さんは「今回センターですが、全体的によく見えてゴールキーパーみたい」と。
周りにいる4人で4バック。
「特に隣の二人は協力なディフェンスとのこと」
確かにね。ウマイ。

沖さん
「来てくれてありがとう」というご挨拶。

大森さん
物販紹介。抱き枕、やっぱり可愛いね。
手がキレイだなぁ。と見てたのは私だけでしょう(笑)

NARGOさん
「赤坂カサス?」「赤坂サカス?」「青坂カサス?」「黄坂カサス?」早口言葉を永遠と。
私は一体いつ終わるのか心配になってしまいました(爆)
しかも、終わらないまま谷中さんにマイクを渡すNARGOさん。
谷中さんがそのまま受け取る事を本気で拒否してました。
いやーあのNARGOさんのテンションなんだったんでしょう。

「さらにテンションの高い男」と紹介されていた北原さん。

そして冷牟田さんの紹介は、何故かみんな盛大な拍手です。
そして一言は
「まだ先の話になりますが、秋からの個人活動でもPerfectFutureを目指していくんで」と。
いやーまだツアー終わってないし。早い、早すぎる。
でも個人活動は楽しみでもあります。


GAMOさん
「明日は晴れだね」で終わってしまいまして、
お客さんも、メンバーもブーイング。ワハハハ。
そして「久々にサングラスが曇ってしまった」と告白。

いやー本当10人それぞれ期待を裏切らないメンバーでうれしいです。


最後は「ComeOn!」
フロアーもみんな笑顔で。はじけまくり。
最近はお客さんがステージをおいていってるような気がするのよねぇ・・・(笑)


終わってみて、
いやーツアー始まりましたね!って改めて思いました。
個人的には久々のワンマンで、調子のつかめない部分もありましたけども
でも新しいアルバムをこういう形でライブで見せてくれて
ものすごく楽しかったです。

でももうちょっと聞き込んでからきちんと見たいのと
一度ホールで見てからまたライブハウスで見たいなぁ。とおもったので
今後のスケジュールを見直そうかと思ったぐらい。
いけない、いけないっ(笑)
次は横浜ブリッツ。

また赤坂とは違った新しい「未来」が楽しみでなりません。


【セットリスト】順不同
Perfect Future/(We know it’s)All or Nothing/TONGEUS OF FIRE/
A Song For Athletes/Call From Rio/Warrior Chant/Punch’n’ Sway/
SKA ME CRAZY/女神の願い/花ふぶき ~愛だろ, 愛っ。~/
964スピードスター/太陽にお願い/Last Temptation/
Latin Scorcher/ルパン三世’78/You Are A Miracle”ナイスなオマエ”/
All About My Monster/Perfect Future/White Light/Pride Of Lions
-en-
ゴッドファーザー~愛のテーマ~/Come On!


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">