« | »

2008.02.25

2/22 堂島孝平@渋谷AX

2/22(fri)
DOJIMA KOHEI UNIRVANA ORCHESTRA
堂島孝平222バースデーライヴ“THE UNIRVANA SHOW”
Shibuya AX


堂島孝平、32歳の誕生日に、渋谷AXでライブ。
過去に彼の誕生日ライブって何度か行った記憶があるんだけど、
どうやら1回だけだったようです。何でそんな記憶になったんでしょう??
自分でも不思議です。

ちなみにその時は弾き語りで江古田マーキーだったんだけど、
その時も「何で自分の誕生日に人を喜ばせることしなくちゃいけないんだー」って言ってたわけで、今回もこのライブに向けてそのようなことを言ってたんですが(笑)

私自身、リキッドで少々体調不良を起こしたり、そしてまだこのライブがアルバムを聞く前だったということもあって、
アルバム発売されて、ライブで聴く「UNIRVANA」の世界はどのように変わるんだろう?と楽しみでもありました。


15分ほど押して、メンバー登場。まずは1部。
リクエスト上位曲を演奏しつつ通常ライブでした。

先日リキッドでも1曲目だった「Pretty little Dino」がまさか聞けると思わなかったのでうれしかったなぁ。そして久々にじっくり小松さんのドラムプレーが見れるのよ。うひょーーー。ビバ2階席!

「25才」も久々だったけど、ひゃーかなり久々に聞く「白百合」が来て「あーこの曲はリクエスト上位だろうな」って思ったらやはり3位だったということでした。
堂島くん曰く「この曲は21歳の時の曲ですが、この曲がいまだに人気があるということは、32歳の僕は21歳の僕を超えられてない」との事でしたが。
いや、今の堂島はこの頃を超えてるハズよ。

そしてこの日誕生日なのに、ハイプリメンバーからは誰からも「お誕生日おめでとう」って言ってもらえてない、と暴露。わはははー、ハイプリらしい。
しかしここでtatsuさんが自発的にMC「サプライズだよ」って堂島くんに伝えると堂島くんも納得したように「そうか」と(笑)その姿に焦るtatsuさん「いや、何も考えてないけど」そんなやり取りもハイプリらしい。

コーラスに真城さんを呼び込んで始まった曲は「フライハイ」
この曲は絶対聴けると思った!大好きな1曲です。

「スマイリンブギ」では、恒例となりつつあるtatsuさん以外のメンバーのダンス。堂島くんがドラムを叩き、小松さんが前に出てきて踊る場面。いやー久々に彼のタコダンスが拝めて、ラッキーです(笑)もうあのダンスというか何というか。彼のこの時間は何か違う神が降りてきてますね。笑いが止まりませんというか天然というか反則というか。

1部最後は「ルーザー」でした。
ハイ、ちなみに私が一番聞きたかったのは「ルーザー」だったのです。
リクエスト第一位!
やっぱり名曲。この曲聴くとグッと気持ちが引き締まる。


ま、ちなみに私がリクエストした曲の中でやってくれたのは「ルーザー」だけでしたが・・・1部のセット並べてみると若干不満点も(苦笑)もうちょっと意外な曲も演奏して欲しかった・・・。ま、でも今回1部はオマケみたいなものだから仕方ないか・・・。


AXのステージの幕が閉じての15分休憩の後、この日、メインの
「UNIRVANA SHOW」がスタート。ここからは座ってみてたんだけども、
全員正装。男性人は、全員シルクハットかぶって、黒のスーツ姿。
ひゃーー、小松氏のラフなスーツ姿にやられる私。

CDの再現、そして堂島孝平本人のMC一切なし。曲間は物語ナレーションあり。しかしその声、ミドリカワみたい、と思わずつぶやいたよ。

しかしこのCD再現ライブはなんだかすごいもの見ちゃった感がありまして。総勢ステージには10人。その集中力。
自分の中で聞いていくうちに味ある、そして何度も聞きたくなるアルバムになっていった「UNIRVANA」がまたさらに進化して、その様を自分は今見てることに、こっちもすごい集中力で見ないと、置いてかれるようなそんな気分になりました。


少し残念だったのが「モーニングスターシャイニングスター」これだけメンバーいるんだから、最初の頭の音も生音にして欲しかったなぁ・・・と思ったことくらいかな。
最近大好きな1曲でもある「君と出逢えた奇跡」
それまで被っていたシルクハット脱ぎ、頭をクシャクシャと。そんな仕草がヤバイ。そしてその脱いだシルクハットを胸において歌う堂島くん。そんな演出と歌が、見事にマッチ。涙が止まらなくなってしまいました。

アンコール、全員で出てきて豪華メンバーで「LACKY SAD」
こんなにキーになる1曲になるとは始めて聞いたときは思わなかったなぁ。

メンバー紹介。
とにかくヒックスヴィルの3人は存在感がありまくりです。木暮さんの姿を久々に見たんですが、もう相変わらずのくしゃくしゃ具合がもう最高で(笑)というか彼がメインで使っていたギターの形があまりにも不思議すぎました。遠くからだったからキチンと見れなかったけども。

そしてtatsuさんの紹介になると、「Cでお願いします」と一言。そして皆さんでHappyBirthday~を演奏。10人の演奏で歌うはお客さん。
前の時もそうだったんだけど、この時Dearで迷うんだよねぇ。孝平?堂島?どんちゃん??(←古っ)

堂島くんには「堂平」と聞こえたようです。
うまい具合に、略されていいのかもしれません(笑)

最後は「サンキューミュージック」素晴らしい名曲はリクエスト第二位とのこと。 最後は全員前に出てきて整列。中森さんは足を怪我されていて、ずっと座っての演奏だったのが気になっていたのですが、最後の最後に堂島くん「中森さんは、先日の雪の前日の雨の日に滑って骨折しました」とのこと。
雪じゃなくて雨でですか。滑って骨折最近多いのは気のせいですか?(笑)その中森さんは、スタッフが松葉杖を持ってきてくれるものの思うように松葉杖を操れず、水野くんが中森さんをおんぶしてまして。いやーその姿が、中森さんおじいじゃんですよ!はははー。仲良くていいよね。最後の最後まで微笑ましいのでありました。


今回はレコーディングライブだったので、
これが音源化されるのかなーと思うと楽しみでもあります。


【SETLIST】
○1部
Pretty little Dino/25才/白百合/フライハイ/
銀色クリアデイズ/45℃/スマイリングブギ/ルーザー

○2部
渦巻都市/ユニルヴァーナ海岸/Flower Universe/
PLAY THE MUSIC/CLUB CAVE/旅人のうた/The Midnight/
いとしのフリージア/モーニングスターシャイニングスター/
君と出逢えた奇跡/Halo Glow

-en-
LUCKY SAD/サンキューミュージック


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment