« | »

2008.01.24

1/20 GoldenCircle Vol.11@sibuya AX

01/20(sun)
yohito teraoka Presents “GOLDEN CIRCLE VOL.11”

寺岡呼人
ゲスト:JUN SKY WALKER(S)/阿部義晴/広沢タダシ
スペシャルゲスト:仲井戸”CHABO”麗市
ShibuyaAX


GOLDEN CIRCLEも気がつけばもう12回目。
当初より、ペースは落ちたものの、でもこんなに続くイベントになるとは
思わなかったなぁ。

しかも、そのイベントにジュンスカ。
考えたら和弥さんも、純太さんも過去のGCには出てるんだけど
でもやっぱりこのイベントでジュンスカが見れるなんて思ってもみなかった。


この日はPA横の一段高いところで見てました。
GCというイベントと、改めて始まったジュンスカというバンドを
後ろから少し落ち着いて見たかったから。
でも一人だったんで、始まるまではちょーヒマでしてね(苦笑)
場所を選ばないのであれば、ゆっくり行ったと思う(笑)


私にとっては慣れたGCというイベントだけども
今日のラインナップから行くと、
寺岡呼人が主催のくせに、寺岡呼人がアウエイな感じにも
なりかねないんじゃないか、と心配な気持ちもありました(笑)

前半はやや静か目ムード。
一人目のゲストは「広沢タダシ」さん。
寺岡さんとの弾き語りで3曲。

寺岡さんと、彼のギターと2本の音だったんだけど
その音がすごくキレイで、いいな、と思った。
寺岡さん、やっぱりギター上手になってる(←誰だ)
歌も、前に比べたら声出てるしね。

もちろん好き嫌いもあるだろうし、
多分初GCを体験した人には「何で最初からこんなに寺岡呼人が
一緒に出てるんだ?」って不思議に思ったに違いない。
(今日ばかりは私もすごく不思議だったが(爆)全体を通して
ずっと出ずっぱりだったもんな)

そして寺岡呼人としてバンドで2曲。
新井田耕造さんのドラムがまたシンプルなんだけど
すごくしっかりした音を鳴らしてて、新鮮だった。

久々にベースはカネトさん。ギターはGケン(FromBe.)
Gケンのギターがまた素晴らしいくらいいい音なんだよねぇ。
彼は本当ギター上手だと思います。

呼人さんが「ジュンスカモードになってきます」と一度
袖に下がると、後ろにいたお客さんがいっせいに前に行った。
すげーー(笑)

隣にいたお客さんが「出てきたら泣くかも?」と友達と話してて
「気持ちはよくわかるよ」と思いながらも
個人的には名古屋の時よりも
「これがスタートだ」という気持ちが強くて。
とりあえず、始まる前は冷静でした。

OPENING Themeが流れて、AXにかかっていた「GoldenCircle」の
タペストリーが「J(S)W」に。

ここまでするか!とちょっと思ったけども(笑)
でも出てきたメンバー笑顔だし、
お客さん最高潮だし、まぁいいか。

「BAD」のイントロから「歩いていこう」
会場は大興奮。大きい会場でもお客さんがたくさん、ジュンスカの音に反応してくれてよかった、と素直に思った。
今でも十分古くない、和弥の声とジュンスカのメロディ。
だからもっと丁寧に演奏して欲しいと、思うんだよなぁ・・・。

Let’s Goヒバリヒルズの時に、トラブルでギターの音が出なくなる。
その後のBAD MORNINGのチューニングはボロボロだし・・・(涙)

突然会場から何故か「小林」コールが起こり、可笑しかったな。
そのコバちゃん、黒のスーツでかっこよかった。

「全部このままで」までほぼノンストップ。
最後のMCはちょっと長めでした。

和弥のMCはまるで寺岡呼人の選挙演説のようなMCで(笑)
寺岡呼人、ほめまくり。
反対に、小林くんの紹介は「時給1200円」でアルバイトで
叩いてます、って(笑)

最後にシークレットゲストで浅野忠信さんが出てきて
(和弥が最初”HaySay JUMP”と紹介して会場ドン引きして
一人大爆笑)
周りの皆さん「かっこいいぃーー」を連発してましたけども
そうですか。かっこいいのか?

そんな彼と一緒に「MY GENERATION」を歌ってましたが
大学の学園祭並みの歌唱力にがっくり。
だったら和弥の歌もっと聞きたいじゃん。って思う私はオカシイですか。

最後は「すてきな夜空」

40分くらいのライブでしたが、
最後に20周年ライブ今年始まる事。
改めてみんながいたからこそ、今の僕たちがいる。
だからこそ、ツアーもみんなと作って行きたいと、
心意気を語っておりました。

そんなMCを聞きながら
「改めてジュンスカが始まったんだな」と。

個人的にもやはりフレーズフレーズでグッっとくる場面は変わらずで。
春のツアーがすごく楽しみです。

今日は落ち着いて見てしまったけど、
ワンマンは前行くよぉーーー(頑張る、多分)


一呼吸おいて阿部ちゃん。
「袖から見ててどう?」と寺岡さんからジュンスカの感想を
求められる阿部ちゃんは「すごい盛り上ってたねぇ」と。
そして寺岡さん
「あなたたちもどう?」と(爆)

そこで聞きますかぁーー。

お客さんと寺岡さんで「生放送」と合いの手を打って盛り上げますが
阿部さん「手島が忙しいから」って。
ちょっとシーンとなってしまったよ。
まーいいんですけどもね。

しかし阿部ちゃんと寺岡さんのトークは相変わらず楽しいな。

1曲目は「開店休業」
やはり名曲だなぁ。
先日もどこかで聞いたな、と思ったらフジファブリックだったな。
もちろん二人の行き先は「そうね渋谷にでも~」でした。

あ、でも昔「宮B」ってのもあって(寺田に対抗して)
和弥さんが「開店休業」歌ったなぁ~なんて事を
フト思い出したり。

2曲目はハウスバンドの皆さんも出てきての「セイリング」
そして阿部ちゃんが一度下がってメンバー紹介。
Gケンが紹介されると例のイントロ。
やっぱりそう来るか、と「エルビス阿部」の登場。
今日もきょうとて、ステージ降りて熱唱しておりました。

民生の部分は和弥さんが出てきて、歌ってました。


最後はスペシャルゲストのCHABOさん。
そうか、Vol.00の時、1日目のゲストがCHABOさんだったんだよね。
あの狭いラママ。
「ガルシアの風」と「ティーン・エイジャー」を聞きながら
いろいろ思い出がグルグルと。

しかし、CHABOさんのステージ、寺岡さん出ずっぱりですか。
予想としては寺岡さんは「弾き語りして欲しい」という
希望を出しているとは思うのですが、
「せっかくだから一緒にやろうよ」と言ってくれてるのは
大先輩の方なのかもな、とも思います。

「遠い叫び」のGケンと、CHABOさんのギターソロに痺れた。
CHABOさんも「佐藤、佐藤」とGケンをヒューチャーしてたのが
うれしかった。
最後のセッションはジュンスカの皆さんも出てきての「ギブソン」を。

アンコールは、
CHABOさんが、呼人の部屋でカバーしたらしい(この頃には
もう部屋のライブに行ってないので知らなかったんだけど)
「START」をジュンスカのメンバーと一緒に。
しかし仕方ないとはいえ、真ん中でベース弾いてる
寺岡さんに若干違和感あり(笑)

阿部ちゃんと広沢くんも出てきての「チャンスは今夜」は
大盛り上がり~。

「CheckCheckCheckTonight」のところでは
阿部ちゃんと和弥さんがボード持ってお客さんに歌わせたりして。
そんな姿は「ホタテのロックンロール」を思い出す・・・(ネタ古)

最後はCHABOさんのギターから「雨あがりの夜空に」
本家本元のギターだからね!!

この曲もUNICORNとジュンスカとでセッションしたりとか。
私が始めて「RCサクセション」というバンドを認識したのも
中学3年のときにこの曲を聴いたのがきっかけでしたしね。


アンコールは、本当ステージにいるみんなが楽しそうでね。
きっとお客さんもそんな姿を見て笑ってると思う。

やっぱり音楽はこうでないといけないよね。
GoldenCircleはこういうイベントなんだ、って
いつもは始まる前は不安なくせに、やっぱり終わると
私も笑ってたりするんだな。
寺岡呼人の不思議な魅力の一つなのでした。


ざっと家帰ってきて生放送されてたライブを早送りしながら
ふりかえってみました。

やっぱりGCは楽しいなぁ。
ジュンスカの演奏と、この楽しさ、テレビ見てる人に
うまく伝わったかな。

ジュンスカだけを言えば、まだ東京公演が発表されてませんが、
でも、出来ればこのチャンスにたくさんの人に見てもらいたいと。
メンバーも楽しそうにやってるし。
改めてそんな気持ちを強くしたのでありました。



○広沢タダシ
夢の中で君が泣いてた/パーフェクト/サフランの花火
○寺岡呼人
スーパースター/大人
○JUN SKY WALKER(S)
BAD/歩いていこう/いつもここにいるよ/JACK&BETTY/
Let’sGoヒバリヒルズ/BAD MORNING/声がなくなるまで/
明日が来なくても/全部このままで/MY GENERATION/すてきな夜空
○阿部義晴
開店休業/セイリング/人生は上々だ
○仲井戸”CHABO”麗市
ガルシアの風/ティーン・エイジャー/遠い叫び/
飲んだくれジョニーを探して/ギブソン
-en-
START/チャンスは今夜/雨あがりの夜空に


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment