« | »

2007.10.26

10/25 ゆず@横浜アリーナ

10/25(thu)
ゆず
デビュー10周年感謝祭“ゆずのね”
~名前の由来は聞かないで~
横浜アリーナ(神奈川県)




以下ネタバレ。


私が到着した時は四時五分が、聞こえてたな。
席に着いたときには、遊園地演奏中。

今日の席は北スタンド1列目。座ってても全体見渡せる分、
火曜日より少々冷静に見てました。

ラジオ企画は、この日が本当にデビュー10年目でもあるので
「10年前何してた?」という話もあり。
質問の内容は少し変えていて、23日よりは面白く見れました。

中でも「直径5mm」の5mmは岩沢さんの泣きほくろの大きさですか?という質問があり
実際図って見ましょうーとリーダー。定規で検証。 大爆笑でした。
モニターは泣きほくろのドアップですよ。アリですか。

岩沢くんはこの質問の内容は知らなかったようで
少々戸惑ってましたが、リハの時から
ラジオブースに定規があって「何をするのか気になっていた」との
事だったのですが、まさかこんなことに使われるとは
思ってもいなかったようです(笑)

リクエストは「友達の唄」改めて聞くとやっぱりいい曲(歌詞)だなーと。

アゲイン2の後の日替わりコーナーはこの日は「ウソっぱち」から。
あーそう来るか。
「君は東京」は最初の手拍子だよなぁ。
あのアリーナ席の目の前で岩沢くん見た日が…ついこの間のようだ。
某Yさんの手拍子も、懐かしいし。
プロデューサーは何もしてなかったな。このあたりが
まだのれてないのかしら。

裏ベストのゆずのねは
カップリングからの曲ははずしたという衝撃事実。
そうだったのか。
しかし名曲たくさんありますので今日はその1曲を。と。
一体何が始まるかと・・・思ったら「ジャニス」だった。

久々に聞いたなー。
しばらくタイトル出てこなかったもん。この曲聴くと
スタジアムツアー思い出す。

まずここで一人のスペシャルゲストはSAX奏者の山本拓夫さん。
そのままの流れで「ダスキング」
やっぱり名曲。

モニターはユズモラス仕様の小型版になっていて、
歌詞がカタカナで出てきてましたー。懐かしいなーと。


ダンスコーナーはネタは変わらず。
「岩沢隊員」って言うところを普通に「岩沢くん」って
呼び間違えてたリーダー。

後半。
山本さんが出てきてたので「陽はまた昇る」だなーって思ってたら
その通りでした。
ただしどんな曲かは聴くまで忘れてました(ヒドイ)

この曲で寺岡さんずっとFブロックの方向いてて、
タオルあげるところで手をあげてあおってました。

そしてここでゲスト。
グランドピアノがおいてあるので、多分あの方、と思ったら
やはり松任谷正隆さんでした。

松任谷さんといえば・・・桜木町ですよね。
頭のピアノのイントロで皆さん自然と拍手が。
やっぱり名曲で好きだなー。この曲も。

松任谷さんいたままで「夏色」
松任谷さんに遠慮しながらも「もう1回」


もちろん最後の「栄光の架け橋」も松任谷さんいたままでの
演奏でございました。


アンコールは、この日は「ゆずの誕生日を祝う」って事で
HAPPY BIRTHDAY TO YUZU
でした。
その企画があるのは知っていたので、どうなるかと思ったけど
まー仕切ってた人もいたみたいだし。

こういう企画は毎度賛否両論だけども・・・
まー思いのほか、北川くんが喜んでいたのが意外だった。

(これでゆずが喜んでしまうから、また勘違いものが
生まれることも付け加えておこう)



やっぱり境界線は何度聞いてもいい。

岩沢くんの声が鼻声なのが少々気になるけど、
高音には今のところ支障なし。

最後「空模様」を歌い終わって
ステージに戻る二人に、事務所社長稲葉さんと、ディスクガレージ社長
黒木さんより花束贈呈あり。


この10周年ライブ、もう残り2本。
ちょっと勿体無いような気もする。
せっかく参加できるのだから、その喜びを十分に
味わう事を決意。




【セットリスト】
○すっぴん
雨と泪/贈る詩/四時五分/遊園地/
ところで/春風
○ラジオ企画
友達の唄
○ゆずバンド
アゲイン2/ウソっぱち/君は東京/
○ゆずバンド+山本拓夫
ジャニス/ダスキング
○ダンスコーナー
(書くのが面倒なので省略)少年
○ゆずバンド

○ゆずバンド+山本拓夫
陽はまた昇る
○ゆずバンド+山本拓夫+松任谷正隆
桜木町/夏色/栄光の架け橋
-en-
境界線/リアル~贈る詩
○すっぴん
空模様~蛍の光


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment