« | »

2003.05.25

5/25(sun)堂島孝平×大森はじめ ゲスト:會田茂一

“45℃ インストアライブ”
渋谷タワーレコード B1「STAGE ONE」(53番)



一言「この日を待ってました」


今年の1月に見て以来のこのコンビ。今か、今かと待ちわびていた間にもまわりの人の会話が気になる。「あのパーカッションは誰が叩くの?」「ゲストの人じゃない?」「知ってる?」「知らない」こんな会話が、アチラコチラで聞かれるわけですよ。いいんですか?そんな事言ってて…って感じでしたけどね。まー気にしない。
14時ちょっと過ぎに堂島くん一人で出てきました。
そして一人弾き語りで「ラブ・トークショー」この曲生で始めて聴いたかも?というか一人ライブの方がいろんな曲聞けるんじゃん、ってやっぱり思った私です。
そして大森さんを呼び込みます。「心強いし、またこの人と一緒になってしまうのかと…皆さん本当に覚悟しておいてください」「とにかくくだらない話が多いです。先に言っておく!」「そしてきょうは悪役レスラーみたいになってる」とのいない間に散々言って大森さんを呼び込む。出てきた大森さんは右目に黒い眼帯してまして。”悪役レスラーとはこういう事か?”と思ったと同時に”キャー”という歓声よりも”えーどうしたの?大森さん?”という疑問の声の方が多かったです。
大森さんが出てきて、またおしゃべり(笑)堂島くんが「会場からどうしたの?って声が聞こえてますけど」と話を振ると「え?この髪型?」と全然違う答えがかえってきます。このテンポのよさがたまらない。「いやいやそうじゃなくて」と堂島くんがまた話をふると、何故か女口調の大森はじめ「最近93になっちゃったの??」だって。あのねーもういいから(爆)そして会場から「モノモライ?」という質問が飛ぶと、真剣に「俺もいちよう東京スカパラダイスオーケストラやっててお金は稼いでるんだよ」「ものなんかもらってない!」と怒る大森さん。最初、この反応が意味わからなかった私はバカでしょうか?そう「モノモライ=物もらい」をかけたんですね?台本を用意しているのではなかろうか?の切り替え。とほめすぎ?(爆)そして「磨かれた朝に?」って歌いながら胸のジャケットにお金を入れる仕草をするサービスも。どうやら「上ハモ代」というのが出てるらしく、他のメンバーよりもらってるとの事(本当かどうかは定かではありません;爆)そんなこんなで一通り盛り上がったあとに「いやーお笑いじゃないんだからね。音楽でもやった方がいいんじゃない?」とフォローを入れる大森さん。いやーもう遅いと思う。ということでやった曲は「ロンサムパレード」いやー久々にこの曲も聴いたなーと。右目が痛々しいが、でもやっぱりコンガを叩く大森さんに見とれてしまう私でございます
そして「ニューシンゴー45℃」ということでオケ流れ、ステージに置かれた右と左の堂島くんのお立ち台が役に立ちます。大森さんはゴーヤのマラカスをふってました。(この間沖縄みやげでASにプレゼントしたものと同じものだと思う)そしてマイクをもって右のお立ち台に立つ堂島くん。そのマイクのコードをフォローするべく大森さんもスタッフと一緒に堂島くんのコードをなおしてます。芸細かすぎですーーー。そして堂島くんが左のお立ち台に立ったときに、大森さんも何故か右のお立ち台に立ち、左側の堂島くんがチラリ…とやってるのに対抗して、大森さんもチラリ…しようとしてまわりはすごい声援…誰も左の堂島くん見てない(笑)<大げさ?キャーキャー言われてるのに気をよくして、お立ち台で怪しい踊りしてたら、サビのコーラス忘れそうになってあわてて、自分の位置に戻りコーラスをする大森はじめ。いやー面白すぎです。45℃終わったあとの堂島くんはもう完全燃焼!って感じで帰ろうとするし(というか大森さんに半分嫉妬してたのかな?<堂島くん)大森さんは「ここの曲順表あるんですけど、21曲って書いてありますよ」って言うし。本当バラバラです(笑)
さて右側にマイク1本とギターがセットされてます。一緒にいた友達と「きょうゲストありですかね?どう考えてもギターの人ですよね?」「もしかしてアイゴン?」「アイゴンだったらどうする?」「右側へ移動する;爆」などの会話をしていた私たちでしたので、ここでゲスト「會田茂一」と言われた時は本当に発狂ものでしたよ。大森さんが出て来た時より本当暖かい声援でしたね。というかですね、この声援はなんだかわかってるの?GGKRでライブやらない事へのあてつけみたいなもんですよ(<多分)。分かってないだろうなーこのファン心理…しかしその声援に完全に嫉妬してるのは大森はじめ。「俺が出てきた時より声援大きいじゃないですか?」って。いや、大森さんは最初から出る事決まってたからね。アイゴンはまさか、まさかのゲストだったのですよ。
しかし大声援にアイゴンもまんざらではない様子。そしてアイゴン出てきてからも曲は始まらない、始まらない(笑)「スカラー波が出てる」とか言い出すし。すかさず堂島くんに「パナウェーブ禁止!」って怒られてましたけど。そして何を言い出すかと思えば「僕痩せたでしょ?」とお客さんに聞いてくる。しかし本当に痩せたような気がする…堂島くんが聞くと「お腹すいた時だけにご飯食べるようにしたら5?6キロ落ちたんだよね」あんたは何かい!、お腹すいてなくても食べてたんかいっ!そんなコメントもアイゴンならでわ(爆)とにかく笑いっぱなし。きっとGGKRを知らない人も、出てきたとたんにあの人怪しい人だなーなんて思ってた人もきっとアイゴンに笑わされていただろう…うーん、このイメージヤバイんじゃないか?とおも思うんだけど、まーいいか。楽しければよし。
そろそろ曲へ、ということで「夜間飛行」堂島くんがワントゥ?で曲に入ってるにもかかわらず、大森さんがどうやら眼帯の所が痒いらしく、目をいじってて…笑いを誘う。曲くらいやらしてくれよ、って堂島くんは言いたかったんじゃないかな?「夜間飛行」ですけどこの曲は大森さんのコンガがかっこよいのです…でもアイゴンが入った事により、今まではずっと左を見てたのに、右も見たいし、左も見たいし、私の目線は右へ左へ。あー忙しい(笑)
曲終わって堂島くんが「この3人いいよね?」との問いに会場も「いい!!」というとメンバー3人ともまんざらではない様子(笑)大森さん「営業できそうかなー?」と会場ももちろん「出来る!」というと大森さんのリップサービスが始まります。「ツアーまわりましょう。東京だけで」ときたもんだ。その話に堂島くんも「東京の田無とか」だって。地味!「大泉学園とか」これまた地味!(笑)そんな話からアイゴンが「いい曲作らないと帰って来れないみたいな」って話になり。何故か話が電波少年の話に。「電波少年で旅出て、1ヶ月く
らい風呂入らないと、俺に似るんだよね?」といって笑いを誘うアイゴン。「というかアイゴンが教祖なんだ」「スカラー波出して…」だから危ないっつーの!本当にアイゴンから”スカラー波出まくり”お客さんもアイゴンのスカラー波浴びまくりです。というか何しに来たんだか、ステージにいる3人もわけわからない状態(笑)
そしてお互いのライブの告知。堂島くんが7月19日のクラブチッタの話すると大森さん、またまたすぐ「出る出る」って(笑)もちろん堂島くんからは「大森さんヨーロッパツアーでいないじゃないですか」と突っ込みされてましたけど。そのMCで大森さんが「2年前もヨーロッパツアーやったんですけど」という風に言いたかったんだろうけど”ヨーロッパ”がいえなくて”ヨロコビ***”ってかんでしまったら、会場から総突っ込み。アイゴンには「喜び組」と聞こえたようで、すかさず高い声で「喜び組の話ですね」といいながらなにやら怪しい踊りをしてます。そしてまた残り二人から「踊らなくていいから。アイダさん喜び組入れてくれないでしょ」って突っ込みされててやっぱり爆笑。
ちょっと話が脱線してきたところでヤバイと思ったのか曲へ「サンキューミュージック」またこの3人のサンキューミュージックもとても素晴らしい。大森さんのハモも素敵なのです。そして何故か途中のコンガソロで堂島くんいない人の名前を叫ぶ。そう「欣ちゃん!」と。一瞬耳疑いましたよ。え?欣ちゃん??って(爆)何でだろう?もちろん曲終わったとたんに大森さんに「欣ちゃん呼ぶの辞めてくれますか?」と突っ込みされてましたけど。とやっぱりここでアイゴン。黙ってません。後ろで「欽ちゃん走り」してます。欣ちゃん違いです。
ここで堂島くんが今度のツアーを一緒にまわるバンド名を紹介「堂島孝平×ハイテンションプリーズ?」にしたいと。まだ決定ではないらしいんですけど。そのハイテンションプリーズ?のドラムの小松さんは大堂島くん曰く人の話を聞かないで、アセばっかりかいてるらしいと。え?そんな人ここにも1人いるじゃないか?と…そうこれまたアイゴン。堂島くんがアイゴンに「本当アセかきますよねー?」のと問うと、「いやー夏はACDC(エー・シー・ディー・シー)ですよ。ア(A)・セ(C)・ダ(D)・ク(C)」だそうです。一度ですね。私アイダさんの頭の中見てみたいです。もう爆笑させていただきました。
とにかくしゃべりすぎ、笑いすぎ。最後はもう3人も何がなんだかわからない状態。歌でもうたって絞めなければやばい状態。そんな最後は聞かせる「ピュア」でございました。なんとなく3人でやるんならもしかしてピュアかも?って思ってたのですごいうれしかったです。
演奏としゃべりがこんなにギャップある人たちも珍しいです。本当もし3人のライブが今後実現されたとしても曲数10曲で2時間30分は出来ますね(笑)だって、演奏曲たったの6曲なのに、この日のライブ1時間ですもの。特にアイダさん出てきてから40分くらいありましたし(爆)
ただこれだけ楽しくて、聞かせるライブをやってくれてしまうとですね、ハイテンションプリーズ?とのライブは本当にどうなるんだろう?ってさらに不安を抱えることになってしまった人多数だったのではないでしょうか?やっぱり楽しいのが一番いいです。ハイ。えっとレポしてるだけで思い出し笑いしそうになるので。これまで。

<setlist>
01.ラブトークショー(堂島弾き語り)/ 02.ロンサムパレード(堂島×大森)/ 03.45℃(オケ+大森)
04.夜間飛行 / 05.サンキューミュージック / 06.ピュア (4-6 堂島×大森×會田)


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment