« | »

2006.05.21

5/21(sun)ゆず

アリーナツアー2006「リボン」追加公演
横浜アリーナ(神奈川・横浜市)

1月にスタートしたツアー「リボン」ももう終盤戦。





私もこの1月のスタートした時に見て以来の2回目の参加。
全国で4ヶ月間、どのようなツアーをやってきたのか、
その集大成が、また横浜アリーナで見れるのははやり幸せかもしれません。

4ヶ月って、一言で言うと「あっという間」ですけど、
でもまだ埼玉ではコート着てた私の衣装も、すっかり半そで。夏仕様だったり。
季節は確実に移り変わっているわけで、
「あーこの4ヶ月長かったなー」とも思ったり。

でもとくに今回は、
自分の中でさいたま公演がすごく昔の事のように思えたんだよね。
それはライブの内容を、ほとんど覚えてなかったからであろう(爆)

ネタバレになるので、以下は続きにて…。



アリーナCブロックほぼ正面にて観戦してました。
トイレが激混みだったので、ラジオ体操の時に抜けて行ったんだけど、
通路に人入れすぎ!!
危うく自分の席に戻れないかと思いました。感で戻った通路が
当たってたからよかったけど…。

オープニング映像があって、ゆずが出てくる。
そうだった、二人はセリ上がってくるんだった!
同じ演出なのに、さいたまと同じ所で笑ってしまう自分。

アリーナCという、スタンドは別としてもゆずとの直線距離を
考えたら一番遠いのではないだろうか?の位置で見てても
全ての歌と音が「一つ」に聞こえない。
何だろう、この違和感…。どの音も主張しすぎてる。
PAが悪いのか、個人技がありすぎるのか…。

先日の埼玉から変更あったのは
2曲目が「真夏の太陽」→「命果てるまで」
本編ではこのくらいかな?
個人的には 真夏~の方が好きなんだけど。

昔の曲を聞くと、その当時のことをいろいろ思い出してしまう。
「ダスキング」しかり「桜木町」しかり。
ダスキングはもちろん「ユズモラス」ツアーの頃の事。
考えればあの時、ゆずのライブ15本も行ったんだよ。恐ろしい事に
3分の1くらいライブ見てるのよ。(といっても内関東公演が8公演
あった事も付け加えておこう)

「桜木町」は夢の地図の、プレ公演@ZeppTokyo。
この時はじめてこの曲を聞いて…。大好きになった1曲。
とくに、最後の
♪つないだその手を離したくはなかった~の岩沢ソロ。
そこで、プレ公演の時は、ギターから手を離して
手を前に出して、ぎゅっと拳を作って歌ってたの。
その姿が、さりげなくて、そして
すごーくかっこよくて(爆)今でも忘れられない一コマ。

あの時の「桜木町」を越える事はまだ自分の中でもない。
でもこの曲は本当に大好きだし、楽しみにしている1曲。
なのに、この日は大会場の一番後ろまで、届くはずの岩沢節が
あんまり響いてなかったように思え、残念だった。
(「呼吸」とか「飛べない鳥」とか、いつでも
後ろで聞いても鳥肌立つんだもん)
悪くはないけど、調子悪いのかなーと思った。


MCではゆずと10年を振り返る、ということで
北川家にあったゆず秘蔵写真で、振り返りました。
路上時代から、現在のゆず、さらには結成20年のゆずと
還暦のゆずまで、ちゃんとオチを用意している所がさすが。

その中で笑えたのが、まずは横浜スタジアムの時の写真。
リリーフカーに二人で乗ってるんだけど、その時の岩沢くんの髪型がどう見ても「カツラ」なのだよ。
七三分けで、大笑い。
そしてもう一つは、フランスでの一コマ。
岩沢くんが、北川くんの腕を組んでるように見える写真なんだけど
(本人はカバンを持ってる、と否定してましたが、
お客さんがエー、というと「あーもうそれでいいよ」って開き直ってた)
当時の北川くんは坊主姿。さらにそこにサングラスをかけて。
坊主のおっさんと岩沢くんが腕組んで、ピースサイン。
もう大爆笑。海外、しかもフランスでこの二人、ただの怪しい人だよ。


私は考えればゆずは99年から見てる事になるので、
もう既に7年の歴史が。ムー、長い。

今回のツアーの見所その①は「ヒーロー見参」
二人がそれぞれのアニメヒーローキャラにコスプレした映像。
北川くんの「セーラームーン」がエロイ。笑える。
ステージでは北川くんは専用DJブースにて。

「チェリートレイン」は、そういえば
ケン坊が、ショルダーキーボードだったような。
これって前からそうだったっけ?
一人かなりノリノリだもんなーーー。見ててこっちもうれしくなる。
そしてこの曲では
ゆずのライブではお約束になりつつある、お客さん参加型の演出を。
今回はクイズ形式?モニターに映った、3色の違う電車を見て
「拍手」やら「手を振る」やら。
3色目がいろいろ各地でご当地ネタだったらしいんだけど、
この日の横浜は過去にも一度あった(ハズ)の「イナバウワー」で。
1万3千人の方が北川くんの指示で「イナバウワー」をやってる
姿を上から見るのは、なかなか面白いものがあります(笑)

その後「3カウント」でも事あることに、
「イナバウワー」をしていた北川くんの後ろで一緒になって
「イナバウワー」していたケン坊があまりにも可愛くて、目が離せず。
そのたび爆笑していた私は、周りから変な目で見られました。
いいんです、慣れてます。オリオン時代から比べれば
おとなしくなったもんよ。ヘヘ。

「夏色」はいつから
♪ソイヤソイヤソイヤソイヤ~と祭り仕様に?
しかも途中でサンバまで入る始末。
「超特急」この曲の存在を忘れておりました(笑)
「カモン、横浜」はこの曲だったよね?確か。
岩沢くんがそんな事を口走るなんて…とお姉さんビックリしちゃったよ。
この曲くらいからやっと「岩沢節」が来ました。遅い(笑)

最後は「今のゆず」をそのまんまに「リアル」で本編終了。

アンコール?というか第2幕。
「ただいま準備しておりますのでもう少々お待ちください」という
アナウンスまで。
いやー思い切って休憩時間とアナウンスしてしまった方が
いいんじゃないか?と。

追加公演バージョンの「もうすぐ30才」ミュージカルのスタート。
いやー南ちゃん、いいね。
半年前に別れた彼女の声が、日高のり子なんだよね。
あー甘い(爆)タッチで泣いた世代がどのくらいいるのかが疑問ですが。
しかし別れて半年なのに、何故子供が(爆)
それって、悠ちゃんと二股かけてたことになるじゃん。
南ちゃんのイメージが…。

前にもどこかに書いた事があるのですが…
このミュージカルのイメージは、ミスチルの「雨のち晴れ」
北川くんのスーツ姿や、ソファーでテレビ見ながら歌う所とか…。
もちろん内容は全然違うけどさ。

この形がいいか悪いかは別にしても、
はやりゆずは「演技」をライブに絶対取り入れてる所がスゴイと思う。
出来そうにみえて、簡単には絶対出来ないと思うもん。

しかも北川くんは女装も出来る強みがあるからね(笑)
過去のVTRを振り返ってみても、本当、どれもこれもかなり強烈。
個人的には恋の歌謡日も、捨てがたいけど、やはり
「リホ」と「タカシ」でしょう。
ミレニアムドラマだっけ?お台場のあの場所を通ると、今でも思い出すよ…。

いちようダブルアンコール。
追加公演ということなので、1曲弾き語りで
「冷めたコーヒー」多分、この曲だよなーと思いながらも
タイトルが全く出てこなかった私…
春ということでこの曲を、と「友達の唄」
あれ?埼玉の時はここで何を歌ったんだっけ?と思ったら
「サヨナラバス」と教えてもらいました。そうだった、そうだった。


最後はもちろん「陽はまた昇る」
みんなタオルをもって振ったり、クルクルまわしたり。
しかもちゃんとみんなあってるしー。コエー…。
もちろんサビの4拍裏も噂通りバッチリ。
これほど後ろの上から見てて楽しいものはありません!
大爆笑です。
プロデューサーも満足でしょう。きっとねぇ・・・。


ゆずのライブは、やっぱり楽しいし、それなりのものを見せますね。

次は何をやってくるんだろうか?とまだ先の話ですが正直楽しみな所でもあります。


とりあえず、このツアー残りもう僅かですから。
行かれる方は燃焼してきてくださいね。

ファイナル、羨ましいなぁー。
何気にトビラからファイナルライブに参加してきた私であったりしますので。


ニンジン/命果てるまで/ダスキング/桜木町/栄光の架け橋/一っ端/
ダスティンホフマン/ヒーロー見参/チェリートレイン/少年/
3カウント/夕立ち/しんしん/青/嗚呼、青春の日々/夏色/
超特急/女神/リアル
-en1-
もうすぐ30歳
-en2-
冷めたコーヒー/友達の唄/陽はまた昇る


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">