« | »

2005.12.30

12/30(fri) COUNT DOWN JAPAN 05/06

img56_cdj01
幕張メッセ展示ホール(千葉県)

この日の私のタイムスケジュール
サンボマスター→前田博章【DJ】→(TEAM 紅卍【DJ】)→スネオヘアー→ハヤシヒロユキ【DJ】→(片平実DJ)→(キリンジ)→PENPALS


この日はのトップはサンボマスター@EARTH。EARTHは毎度おなじみ渋谷社長の挨拶が楽しみ。前日は幕張に泊まったため、早く幕張に来たはずなのに、ノンビリしすぎて結局社長の挨拶は途中からになってしまった(笑)ステージバックに「朝礼」「前説」って書いてあったのがかなり可笑しい。

「今日はなんだか」のSEで毎度サンボマスター登場。2005年の代表曲といってもおかしくないでしょう「歌声をおこれ」からライブはスタート。「青春協奏曲」「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」そして新曲の「全ての夜と全ての朝にタンバリンを鳴らすのだ」など「あー今年はまさしくサンボイヤーだったんだな、と思わせるセットリストが並ぶ。
(3月に新曲として発売されます)「手紙」を挟んで「そのぬくもりにようがある」そして最後は「月になる花のようになるの」でサンボの45分のライブは終了しました。
サンボは渋谷社長から「日本の未来のロック」を託されてるバンド。でも山口氏は「オレはブタ野郎」「オレはえらくなんかない」「オレは誰一人助けられなかった」というけど、でも今こうやってみんなが「山口の歌を聞きに来てる」「サンボマスターの音を求めてる」というのはすごい事だし、それだけで何かサンボから発せられるパワーをもらえてるような気がする。だから自分の趣味とは全く正反対のサンボのライブが好きなのかもしれない。そんな風に思った45分だった。
2006年の活躍が楽しみなバンドの一つです。

サンボとかぶってしまったポリシックスを見ていたMと合流。(ポリ見たかった!!)
早速二人揃ったらDJブース。もちろん目当ては前田さん。この回は、前半はハウス系をかけていたんだけど、後半はバンプで音を止めてしまうハプニングあり、大爆笑。
ここで、夏見て大爆笑した「ペッパー警部」を見てまたまた感動。もちろん私たちも踊りますって。

DJブースはここだけの話、前の方がすいてます!(笑)最後まで前田さんのDJを満喫してたら「TEAM紅卍」の河井さんが登場。今回は黄色の犬の着ぐるみきてます。全然見るつもりなかったんだけど、あまりにもバカバカしいので見入ってしまった。今回松尾さんはまずは「大仏」のお面をかぶって登場。ただし、スーツ姿で(笑)隣のMが「あれ、お面とったら絶対ヨン様だよ」って。首に巻いてるマフラーと大仏のお面から出てる茶髪を見てネタ読み。見事ビンゴ。ブームには乗り遅れてるけど、面白かったな。あとQUEENの「We Will ROCK YOU」のリズムにあわせて松尾さんと河井さんがアドリブで歌を歌ったり(松尾さんは♪住み慣れた我が家に?と歌って腹抱えて笑ってしまった)
「疲れた」との理由で松尾さんがゲストを呼び込む。その名も「妻子」全然知らなかったのだけど後から聞いたら松尾さんの本当の奥さんなんですね。その妻子さん、なんとNANAの格好(中島美嘉の格好なのか)をして登場。松尾さんとの絶妙なコンビネーションで、会場を沸かせたのか引かせたのか、微妙な所で私たちはスネオを見るために、ギャラクシーへ移動。

これまた問題のスネオヘアー。夏のリベンジとも言えるこのステージはお客さんも、そしてスネオ自身も何か違うオーラを放っていた。それでもまだ前半はよかった。「待ってたぜーレイクステージ」などと叫ぶのも、お約束って感じで。

セットリストも、アルバムが出たばっかりで新曲中心で構成されていた。先日のZeppが良かった分、どこかぎこちなく感じてきたのは後半のMCから。何故か自分のペースが保てなくなって、どんどん自虐的な道へ。どちらかというとスネオの空回り。それが見えてる分だけ、見てるのがつらくなってきた。
最後は「夏の出来事とは何も関係ありませんが」と「悲しみロックフェスティバル」歌詞が途中出てこない。あーやっちゃった…って。
ま、結果「本人の気負いすぎ」だったと思う。ちょいと残念なライブだったけど、でもまわりのお客さんは結構暖かい目で見てたんじゃないのかな。スネオはなんだかんだいいつつ、3年連続このCDJには出演してるんだよね。これからも出て欲しいアーティストです。

そしてこの日の一番のメイン?(←何か間違ってるって)お祭男の登場。ポリシックスハヤシDJです。DJブースはこれまた不法集会を楽しみにしてきたバカばっか(笑)いやーこの雰囲気最高だよね。
そしてハヤシ登場。1曲目は「帰ってきたウルトラマン」ですよ。もうハヤシのあの作り笑顔に、イントロで腕をクルクル回してる姿は、いやー笑える、笑える。
ルースターズの「恋をしようよ」THE BOOMの「風になりたい」などの定番はもちろん、新作?のスカパラの「ベトラーズ」そしてそのままSKAの定番曲「ONE STEP BEYOND」の流れはSKA好きにはたまらんのぉ。半ばくらいでフミちゃんも登場し、ヤハシはほぼステージ前にてパフォーマンス。だからそれ、DJじゃないからさ(笑)
そろそろ時間かな?と思ったところで「シーソーゲーム」そして「素晴らしい愛をもう一度」とこれまたお約束の締めでございました。もうハヤシ脱力。次の片平さんがポリシックスの「I MY ME MINE」をかけて、なんとかそのメロにのって退場しておりました。その後片平さんはペンパルズ、それから小沢健二「ラブリー」奥田民生の「イージューライダー」などなどかかる曲がツボすぎちゃって、ハヤシDJ終わったら「キリンジ」見に行く予定だったのに、すっかり踊ってしまいました。

Mとは今日はここでお別れ。私はギャラクシーへペンパルズラストライブへ。

ギャラクシーの入り口でAちゃんと待ち合わせしておりましたら、Aちゃん曰く「100sのまっちーがいた!」って。どうも小野ちゃんと一緒にいたらしくて…見たかったなぁ。

そんなこんなでキリンジの最後の方のステージ見てたら、ドラムが小松さん、そしてコーラスに真城さん、うわー、これまたやってしまった…(涙)もっとちゃんと見ればよかったよぉ。

ペンパルズ待ちの時に前を見るとエレキコミックの谷井さん発見。ヤツイさんがいる、って事は?って思ったら案の定、NONA REEVESのボーカルの郷太さんと、その弟発見。郷太さん、幕張がとても似合ってません。
(余談ですが、この日、カネトさんにも会いましたな。「何見に行くの?」と言われてスネオだ、ポリだ、とか言って某バンドの名前を出さなかったら「もういいぃ」って怒られてしまいました)

そしてこの日をもって休業するペンパルズ。結局ペンパルズはライブ3回くらいしか見られなかったけど、何故か知ってる曲も多く、好きな曲も多く、なんならちゃんと見ておくんだったな、とすごく後悔しま
した。
お客さんも、そしてステージも「ライブを楽しもう!」って。ヒシヒシ伝わる本当にいいライブだった。これで本当に終わってしまうのか?と思うくらい。タイトルなんてわからないけど、とにかく踊って、ジャンプして、ペンパルスが鳴らす音を最後に感じられてよかったと思う。ありがとう、ペンパルズ。そんな思いでした。

ペンパルズはもうワンマン並に長くて(笑)終わったのが去年のYO-KINGと並ぶくらい遅かった。それから急いでクローク行って、荷物出して、終電調べて、ギリギリ帰宅できるなーの時間だったのに、新木場から乗るりんかい線の電車が動かない!(涙)本当は地元の線で帰宅しようと思ったのに、結局はJR使って、深夜バス使用。モノレールやら、京急やら乗り換えてたらあやわ、終電乗り遅れてた可能性あったのでよかったけどね。

あーやはり幕張は遠いと思った2日目でありました。

Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Getparty! All rights reserved.
Powered by WordPress