« | »

2004.12.30

12/30(wed) COUNT DOWN JAPAN 04-05

幕張メッセ展示ホール(千葉県)

この日の私のタイムスケジュール
The Collectors→ポラリス(途中まで)→(途中から)オリマコト&古市コーターローDJ→スネオヘアー→100s→YO-KING


ライブアクトを見るには一番充実してたのはこの日だった。13時前になんとかEARTHステージに到着。3日間で1回でも渋谷さんの挨拶(校長先生の挨拶みたいなもんかな?)が聞きたかったので、この日は聞けて満足です。

渋谷さんの挨拶を聞いた後に、会場をウロウロしてたら、本人とすれ違いました。夏も冬も結構行ってるけど、渋谷さんを見たのは始めてでした。声かけようかなぁ。と思ったけどやめました。所詮小心者なんで(笑)

ピーズが終わってAちゃんと合流。私にとってこの日一バンド目になるコレクターズ。この日は全員スーツで決めてました。そして1曲目から「僕はコレクター」でビックリしたぁ。「さっき舞台袖から見てて、人が全然いなくて、せっかく朝早く来たのに、帰ってやろうかと思いました」と加藤さん。でもギャラクシーは沢山の人がいましたよ。まー裏ZAZENでしたし、いろいろトピックス満載ですからね。仕方ないのかなーと思ってたんだけど。
1月に出るアルバムからも2曲披露したり、また昔の曲やったりと。そして最後は「世界を止めて」だった。こういうフェスでコレクターズ見るの始めてだったけど、やっぱり極上の甘いポップス歌わせたら日本一だなーって改めて思ったのでした。
バインを見に行く、Aちゃんとは一旦お別れ。私はポラリス見たくてギャラクシーに残る。が・・・見てるうちにだんだん頭が痛くなってきた。昨日念のためにと思って購入した薬も忘れてきて・・・ガマン出来ないと思いなおし、救護室へ駆け込みました。といってもヴァファリン2錠もらっただけなのですが・・・。薬くらい持って行かなくては、と心に誓う出来事でした。薬飲んでギャラクシー戻るも、ポラリスは終わる直前で、悲しかったかな。

プラリス終わりで、向かうはDJブース。コレクターズのオリさんとコータローさんのDJ見たくて。オリさんはよく某クラブでお会いすることがあるのですが、まわしてるのを見るのは始めて。どんな曲かけるんだろう?って思って興味深々だったのですが、意外と邦楽が多くて(それでも知らない曲ばっかりだったけど)ビックリしました。最後に「紅白には1日早いけど・・・」といって「マツケンサンバ」をかけてくれてビックリー。今年はマツケンサンバフィーバーだったからな?個人的に(笑)発売前からチェック済みだったからね?。まさかこんなことになるとは思ってもみなかったよ。

次に向かうはギャラクシー。スネオヘアーのライブです。キーボードどっかで見たことある人だなぁ、って思ったら宇田さんでした。某Sさんは堂島くん@大阪。スネオファンのMから「Sさん、あんまり好きじゃない」発言。まさみんの嫌いな人だよね?と言われて思いっきり頷く私。スネオファンからも嫌われてるぞー。しかもだいたい嫌われてる理由が一緒(笑)ま、そんな話で盛り上がりつつスネオ登場。1曲目は「CCC Dream」1曲目からこれですか?と。かっこいいじゃないですか。
個人的にはアルバム「フォーク」がすごく好きなので、その中の選曲がすごくよかったし、かっこよかったです。「てのひら」「ストライク」最高です。でもライブとしては声の安定性がないのがちょっと残念かな?今度はワンマンも行くから楽しみだなぁーとは思ったけどね。
MCも相変わらずですなぁ。スネオ盤芸能ニュースだったっけ?「まーちゃんポンコツ亭主でごめん」ってスペ中ネタだったっけ?なんかこの一言をスネオが発したのが妙に印象に残っております(笑)

スネオを見終わってからご飯。この時食べたのは延楽の「しょうが焼き丼」キャベツ切れで、結構味が濃かった・・・でもおいしかったっす。エレカシ終わりでイースタンユースを見に行くAちゃんとちょこっと会ったりしながら休憩タイムでした。

そして待ちに待った100sデス。100s名義になってから初ライブだったので、この日を楽しみにしてた人多かったんじゃないかな?中村くんとしても昨年の夏フェス以来だもんね。

オズの魔法使いの「Over The Rainbow」のSEが流れて、メンバー登場。うん、今度はメンバー全員名前も顔も一致してるぞ!1曲目は「A(エース)」中村くんの高音ボイス炸裂です。が、演奏はめちゃくちゃ硬かったなぁ。みんなの緊張がすごく伝わってきた音だった。
さてセットリスト的に「昔の曲はやるのかなぁ」とか「新曲はどのくらいやるんだろう?」って思ってたんだけど、やっぱり新しいものが中心だったけど、個人的には満足だったかな?昔の曲というと「1・2・3」くらいだったかな?新曲は「いきるもの」また中村くんの「すごく大切な曲です」と言ってはじまった「扉の向こうに」の2曲。扉?の方は先行試聴した時から好きな1曲だったから、聞けてうれしかった。
演奏が落ち着いてきたのは中盤の「セブンスター」あたりからだったかな?。「セブンスター」も聞きたかった1曲なので、すごくよかった。そして最後はもうJAPANのイベントでははずせないでしょう?の「キャノンボール」もうみんな大好きな1曲だもんね。DJブースで何回聞いたかわからないだろうこの曲。やっと生演奏で聞ける喜びはみんな最高潮だったと思う。もちろん私もね。私はこの曲がなければ中村くんに出会ってないので、この曲はやっぱり大切な曲なのです。

このメンバーで過去にツアーをやったときに、中村くんは自分の名前を言わずに「100sです!」と紹介し続けてきた。でもそれはやっぱり中村一義名義のライブだったりしたわけですよ。でも今回から本当に「100sなんだなー」って思った一つの出来事があった。それは中村くんが一切ギターを持ってなかったこと。ボーカルに徹してたことであった。なんとなくそんなことから100sになったんだなーと改めて思った私なのでした。100sとしての初ライブ、見届けられてよかったかな?どういう風にツアーやるのかわからないけど、2005年はちゃんとワンマンライブが見たい!とそんな風に思いました。

100s終わりで、Mは帰宅。私とAちゃんはギャラクシーへYO-KINGを見に行きます。タイムテーブル的にはもう始まるくらい?の時間でしたがギャラクシーは押しに押してYO-KINGが始まったのは21時過ぎてた。終わるの何時だろう?ってすごく心配だったけど。

まずは本日YO?KINGのバックを務めるサンボマスターの入場。山口氏からYO-KINGが紹介され、登場するKINGこと、倉持くん。1曲目から「人間はもう終わりだ!」うわーこの曲から始まってしまう?って感じで。会場もだんだん人があふれてくる。
サンボマスターとYO-KINGとの息はバッチリのような気がした。サン
ボ山口氏との初コラボになったのかな?「審美銃」も夏も聞いたけどやっぱりかっこいいなぁ。って思ったし。あと一緒に見てたAちゃん曰く「真心の頃の曲が多かったよ」って言ってたんだけど、これは山口氏からのリクエストなのかなぁ。なんて思ってしまったり。
MCも最高でしたね。山口氏が「明日のカウントダウンゲスト来て下さい」って散々誘ったらしいんですけど「俺には幸せな家庭があるから」とのろけるKING氏。そこで嫁さんのYUKIさんの話もチラッっと出てて、照れてたKINGが可愛かった(笑)
山口氏はまーもちろん緊張してたのもあるんでしょうけど「あなたは何でそんな天才なんですか?」とKINGに話をふるも「生まれつき!」と言う姿がうわーこれぞ倉持陽一って思ってしまいました。
山口氏のギターにあわせて歌われた「素晴らしきこの世界」はギャラクシーにいた全員を歌に入りこませてた。川村さんの歌とはメロがほど遠かった「遠い君と近くの星」歌詞は同じだったけど。でもKINGバージョンも好きだなと思いました。
何かの曲で、山口氏がKINGにギターを渡していた行動も不審すぎてかなり笑えたり(笑)
後半2曲は「Hey!みんな元気かい?」前日のマエさんのDJを見てしまっていたので、この曲ではベースはマエカワさんのあのステップがないのがすごーく寂しく感じてしまいました。そして最後は「空に舞い上がれ」で終了。いやいや踊った、踊った。本当本編1時間ですごく楽しかった?。

アンコールが始まったときには22時過ぎてたって。な感じだったけど1曲「ドリーム イズ オーバー」をやって2日目は終了した。

YO-KING氏は実はワンマンライブには行った事がなくて、でもフェスではすっかりおなじみな感じに自分でも笑えてしまうんだけど。そんな彼は、私にとって夏もベストアクトの1つに入っていたんだけど、この冬も間違いなく、ベストアクトのうちの一つに入る素晴らしいライブを見せてくれた事に感謝したい、と思った。

残るは泣いても笑っても1日!


Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment